スコット・ヘアストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ヘアストン
Scott Hairston
ワシントン・ナショナルズ #7
Scott Hairston 2011.jpg
メッツ時代(2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
二重国籍[要出典]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州フォートワース
生年月日 1980年5月5日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2001年 MLBドラフト3巡目
初出場 2004年5月7日
年俸 $2,500,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2009年

スコット・アレクサンダー・ヘアストン(Scott Alexander Hairston, 1980年5月5日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBワシントン・ナショナルズ所属。

略歴[編集]

プロ入り前[編集]

1999年6月2日にドラフト18巡目(全体549位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名を受けたが、選手契約は結ばなかった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2001年6月5日にドラフト3巡目(全体98位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名を受け、6月15日に選手契約を結んだ。ルーキー級ミズーラ・オスプレイで74試合に出場し、打率.347、14本塁打、65打点OPS1.010を記録。ドラフト3巡目入団選手の実力を存分に見せ付けた。

2002年はA級サウスベンド・シルバーホークスとA+級ランカスター・ジェットホークスで計127試合に出場し、打率.345、22本塁打、98打点という成績を記録。相変わらず、他の追随を許さない打力を見せ付けた。

2003年はAA級エルパソ・ディアブロスに昇格し、88試合に出場。2002年までと比べると、多少成績は落ちたものの、打率.276、10本塁打、47打点を記録。シーズン終盤にはAAA級ツーソン・サイドワインダーズでも1試合に出場し、打点1を記録した。

2004年5月4日にメジャー初昇格を果たし、5月7日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。この年は101試合に出場。打率こそ.248と低かったものの、13本塁打、29打点という成績を記録し、持ち前のパワーを存分に見せつけた。

しかし、2005年2006年はメジャーでの出場機会に恵まれず、2年間での出場試合数はわずか24試合に留まった。それに伴い、打撃成績も2年間で打率.229、0本塁打、2打点という寂しいものだった。しかし、マイナーリーグでは相変わらずのパワーを発揮。2005年と2006年のいずれもAAA級ツーソンに所属し、2年間で計156試合に出場。打率.318、42本塁打、121打点という素晴らしい成績を残していた。

2007年3月7日にダイヤモンドバックスと1年契約に合意。この年は76試合に出場し、3本塁打16打点2盗塁、打率.222だった。

パドレス時代[編集]

2007年7月27日に、マイナーリーガーのレオ・ロセールズとのトレードでサンディエゴ・パドレスに移籍した。すると、そのトレードが起爆剤となったかのように、ヘアストンの打棒が爆発。移籍後は31試合の出場で、打率こそ.287と平凡だったものの、8本塁打、20打点、長打率.644という数字を記録した。

2008年3月3日にパドレスと1年契約に合意した。8月29日に親指を負傷し、残りの試合を欠場した。この年は112試合に出場し、17本塁打31打点3盗塁、打率.248だった。オフには、第2回WBCメキシコ代表に選ばれた。

2009年は56試合に出場し、10本塁打29打点8盗塁、打率.299だった。

アスレチックス時代[編集]

2009年7月5日にクレイグ・イタリアーノライアン・ウェブとのトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍。アスレチックスでは60試合に出場し、7本塁打35打点3盗塁、打率.236だった。

パドレス復帰[編集]

2010年1月16日にケビン・クーズマノフエリック・ソガードとのトレードでアーロン・カニンガムと共に古巣・パドレスへ移籍[2]。2月2日にパドレスと1年契約に合意した。この年は104試合に出場し、10本塁打36打点6盗塁、打率.210だった。12月2日にFAとなった。

メッツ時代[編集]

2011年1月20日にニューヨーク・メッツと1年契約で合意した[3]。8月26日に左斜筋を痛め、15日間の故障者リスト入りした。9月29日にリストから外れた。この年は79試合に出場し、7本塁打24打点1盗塁、打率.235だった。10月30日にFAとなった。

2012年1月11日にメッツと1年110万ドルで再契約した[4]。この年は自己最多の134試合に出場し、20本塁打57打点8盗塁、打率.263だった。10月29日にFAとなった。

カブス時代[編集]

2013年2月10日にシカゴ・カブスと2年総額500万ドルで契約[5]。52試合に出場し、8本塁打19打点2盗塁、打率.172だった。

ナショナルズ時代[編集]

2013年7月8日にトレードでワシントン・ナショナルズへ移籍した[6]。ナショナルズでは33試合に出場し、2本塁打7打点、打率.224だった。

選手としての特徴[編集]

打撃面での最大の特長はパワー。特にマイナーリーグ時代は、19.42打数に1本という比較的早い割合でホームランを放っていた。また、マイナー時代は打率も高かったが、メジャーではそれほどの高打率を残していない。守備面でのレベルは低い。元々は二塁手だったが、2004年に85試合で11失策を犯すなど、守備面ではレベルが低かった為、外野にコンバートされた。

ヘアストン一家は、メジャー史上でも屈指の野球一家。父のジェリー・ヘアストン・シニアは、ホワイトソックスなどで14年間プレイし、兄のジェリー・ヘアストン・ジュニアは、ボルチモア・オリオールズでセカンドのレギュラーを務めた事もある現役選手。祖父のサミー・ヘアストンも、1951年だけだがホワイトソックスでプレイし、叔父のジョニー・ヘアストンも、1969年シカゴ・カブスでプレイしている。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 ARI 101 364 339 39 84 15 6 13 150 29 3 3 2 1 21 0 1 88 4 .248 .293 .442 .735
2005 15 20 20 0 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1 .100 .100 .150 .250
2006 9 16 15 2 6 2 0 0 8 2 0 0 0 0 1 0 0 5 1 .400 .438 .533 .971
2007 76 199 176 21 39 13 1 3 63 16 2 0 3 0 19 0 1 37 4 .222 .301 .358 .659
SD 31 95 87 16 25 5 1 8 56 20 0 0 0 1 7 0 0 18 0 .287 .337 .644 .981
'07計 107 294 263 37 64 18 2 11 119 36 2 0 3 1 26 0 1 55 4 .243 .313 .452 .765
2008 112 362 326 42 81 18 3 17 156 31 3 1 3 2 28 2 3 84 2 .248 .312 .479 .791
2009 56 216 197 26 59 14 1 10 105 29 8 1 1 0 17 0 1 45 4 .299 .358 .533 .891
OAK 60 248 233 24 55 13 1 7 91 35 3 2 0 5 8 0 2 38 5 .236 .262 .391 .653
'09計 116 464 430 50 114 27 2 17 196 64 11 3 1 5 25 0 3 83 9 .265 .307 .456 .763
2010 SD 104 336 295 34 62 10 0 10 102 36 6 1 0 4 31 1 6 69 3 .210 .295 .346 .640
2011 NYM 79 145 132 20 31 8 1 7 62 24 1 1 0 0 11 2 2 34 2 .235 .303 .470 .773
2012 134 398 377 52 99 25 3 20 190 57 8 2 0 1 19 0 1 83 10 .263 .299 .504 .803
2013 CHC 52 112 99 13 17 2 0 8 43 19 2 0 0 4 7 0 2 25 3 .172 .232 .434 .666
WSH 33 62 58 5 13 3 0 2 22 7 0 0 1 1 2 0 0 19 0 .224 .246 .379 .625
'13計 85 174 157 18 30 5 0 10 65 26 2 0 1 5 9 0 2 44 3 .191 .237 .414 .651
通算:10年 862 2573 2354 294 573 129 17 105 1051 305 36 11 10 19 171 5 19 551 39 .243 .298 .446 .744
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]