ルイス・アヤラ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・アヤラ
Luis Ayala
フリーエージェント
Luis Ayala on April 24, 2012.jpg
オリオールズ時代(2012年4月29日)
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 シナロア州ロスモチス
生年月日 1978年1月12日(36歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 2003年3月31日
年俸 $1,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2006年2009年

ルイス・イグナシオ・アヤラ(Luis Ignacio Ayala, 1978年1月12日)は、メキシコ合衆国シナロア州ロスモチス出身の投手。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

メキシコ夏季リーグ「リーガ・メヒカーナ・デ・ベイスボル」でプレー。

ロッキーズ傘下時代[編集]

1999年10月14日にコロラド・ロッキーズと契約。

2001年5月15日にメキシカンリーグへ復帰。

エクスポズ時代[編集]

2002年8月13日にモントリオール・エクスポズと契約。オフの10月15日にFAとなり、10月23日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約。その2ヶ月後にルール・ファイブ・ドラフトで古巣・エクスポズから指名され復帰。

2003年3月31日の対ブレーブス戦でメジャーデビューする。1年目から65試合に登板、19ホールド防御率2.92の好成績を残し、エクスポズのリリーフ陣を支えた。MLB公式ページでは「エクスポズにおいて最も頼りになる重要な選手の1人」[2]と表記されている。この年から2005年までの3シーズンで214試合・232.1投球回に登板し62ホールド・防御率2.75を記録する。

2006年のMLBシーズン開幕前に開催されたワールド・ベースボール・クラシックでは、メキシコ代表として3試合に登板。しかしここで右肘を故障し、3月30日に手術を受けたためMLBのシーズンは棒に振った。

リハビリを経て2007年6月22日のインディアンス戦で復帰し、44試合に登板している。

2008年は8月16日まで62試合に登板したが、防御率5.77と不振に。

2008年8月17日にトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。トレード理由について、アヤラ本人は「私生活で離婚などの問題を抱えたので気分転換に自分で要求した」と説明しているが、リリーフ陣が手薄なチームにおいて抑え投手の役割が自分にまわってこなかったことに不満を持ったため、ともみられている[3]。10月31日にFAとなった。

ツインズ・マーリンズ時代[編集]

2009年2月18日、ミネソタ・ツインズと1年契約。7月2日に放出され、7月3日にフロリダ・マーリンズと契約。9月5日にFAとなった。

ドジャース傘下時代[編集]

2009年12月16日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。

2010年5月18日に放出された。

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2010年5月20日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだが、7月15日に放出された。

ロッキーズ傘下時代[編集]

2010年8月27日にコロラド・ロッキーズと契約。11月6日にFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

2011年2月9日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ[4]。2年ぶりにメジャーに復帰し、52試合に登板して防御率2.09と活躍した。10月31日にFAとなった。

ヤンキース時代 (2011年)

オリオールズ・ブレーブス時代[編集]

2012年2月10日、ボルチモア・オリオールズと1年契約を結んだ[5]

2013年4月10日、クリス・ジョーンズとのトレードでアトランタ・ブレーブスに移籍[6]。10月31日にFAとなった。

ナショナルズ復帰[編集]

2014年2月7日に古巣・ナショナルズとマイナー契約を結んだ[7]が、3月19日に放出された。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 MON
WSH
65 0 0 0 0 10 3 5 19 .769 288 71.0 65 8 13 3 5 46 1 0 27 23 2.92 1.10
2004 81 0 0 0 0 6 12 2 21 .333 367 90.1 92 6 15 2 5 63 3 1 30 27 2.69 1.18
2005 68 0 0 0 0 8 7 1 22 .533 293 71.0 75 7 14 4 6 40 0 0 23 21 2.66 1.25
2007 44 0 0 0 0 2 2 1 6 .500 181 42.1 43 5 12 0 1 28 1 0 16 15 3.19 1.30
2008 62 0 0 0 0 1 8 0 19 .111 257 57.2 63 6 22 4 4 36 1 0 41 37 5.77 1.47
NYM 19 0 0 0 0 1 2 9 0 .333 78 18.0 23 3 2 0 0 14 0 0 12 11 5.50 1.39
'08計 81 0 0 0 0 2 10 9 19 .167 335 75.2 86 9 24 4 4 50 1 0 53 48 5.71 1.45
2009 MIN 28 0 0 0 0 1 2 0 1 .333 138 32.1 38 4 8 0 3 21 0 0 18 15 4.18 1.42
FLA 10 0 0 0 0 0 3 0 2 .000 42 7.2 12 1 6 3 1 7 0 0 10 10 11.74 2.35
'09計 38 0 0 0 0 1 5 0 3 .167 180 40.0 50 5 14 3 4 28 0 0 28 25 5.62 1.60
2011 NYY 52 0 0 0 0 2 2 0 4 .500 233 56.0 51 5 20 3 6 39 2 1 17 13 2.09 1.27
2012 BAL 66 0 0 0 0 5 5 1 11 .500 320 75.0 81 7 14 3 4 51 2 0 27 22 2.64 1.27
2013 2 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 10 2.0 4 1 0 0 0 2 0 0 2 2 9.00 2.00
ATL 37 0 0 0 0 1 1 0 10 .500 133 31.0 34 1 13 2 0 20 1 0 10 10 2.90 1.52
'13計 39 0 0 0 0 2 1 0 10 .667 141 33.0 38 2 13 2 0 22 1 0 12 12 3.27 1.55
通算:9年 534 0 0 0 0 38 47 19 115 .447 2340 554.1 581 54 139 24 35 367 11 2 233 206 3.34 1.30
  • 2013年度シーズン終了時
  • MON(モントリオール・エクスポズ)は、2005年にWSH(ワシントン・ナショナルズ)に球団名を変更

脚注[編集]

  1. ^ Luis Ayala Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年12月12日閲覧。
  2. ^ "2003 Career Highlights," The Official Site of The Washington Nationals. 2008年5月1日閲覧。
  3. ^ Bill Ladson / MLB.com, "Nationals trade pitcher Ayala to Mets / Relief pitcher requested trade; club gets player to be named," MLB.com, August 17, 2008. 2008年8月21日閲覧。
  4. ^ Yankees sign RHPs Luis Ayala, Bartolo Colon, Freddy Garcia and Warner Madrigal and INFs Ronnie Belliard adn Eric Chavez to Minor League Contracts”. MLB.com Yankees Press Release (2011年2月11日). 2014年2月8日閲覧。
  5. ^ Orioles sign free agent RHP Luis Ayala”. MLB.com Orioles Press Release (2012年2月10日). 2014年2月8日閲覧。
  6. ^ Braves and Orioles Complete Two-Player Trade”. MLB.com Braves Press Release (2013年4月10日). 2014年2月8日閲覧。
  7. ^ Bill Ladson (2014年2月7日). “Nats agree to Minor League deal with Ayala”. MLB.com. 2014年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]