マリオ・バレンズエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・バレンズエラ
Mario Valenzuela
メキシコシティ・レッドデビルズ #27
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ゲレーロ州サン・マルコス
生年月日 1977年3月10日(37歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1996年 アマチュアFA
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マリオ・バレンズエラ・オスナMario Valenzuela Osuna, 1977年3月10日- )はメキシコ出身の野球選手。 ポジションは外野手。右投右打。現在はメキシカンリーグメキシコシティ・レッドデビルズに所属している。巧打力に長打力を兼ね備えたメキシカンリーグ屈指のスラッガー。

経歴[編集]

ホワイトソックス傘下時代[編集]

1996年シカゴ・ホワイトソックスと契約し、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ホワイトソックスで21試合に出場。1本塁打8打点、打率.260だった。

1997年メキシカンリーグサルティーヨ・サラペメーカーズでプレー。

1998年はルーキー級ブリストル・ホワイトソックスでプレー。

1999年はA級バーリントン・ビーズでプレー。

2000年はA+級ウィンストン・セイラム・ワートホッグスでプレー。

2001年はAA級バーミンガム・バロンズ、AAA級シャーロット・ナイツでプレー。

2002年は怪我で全休した。

2003年はAAA級シャーロット、ルーキー級グレートフォールズ・ホワイトソックスでプレー。

2004年はAAA級シャーロットでプレー。119試合に出場し、25本塁打66打点3盗塁、打率.263だった。

メキシカンリーグ時代[編集]

2006年第1回WBCメキシコ代表に選出された。2次リーグの対アメリカ戦でロジャー・クレメンスから放った打球がライトポールに直撃したが、責任審判ボブ・デービッドソンにより二塁打と判定された。これは本来なら本塁打として扱われるべきであるとして、デービッドソンの誤審疑惑のひとつとなった。同年からメキシカンリーグのサルティーヨに復帰。

2009年にも第2回WBCのメキシコ代表に選出された。同年メキシコシティ・レッドデビルズへ移籍。

外部リンク[編集]