ビニー・カスティーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビニー・カスティーヤ
Vinny Castilla
Vinny Castilla.jpg
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 オアハカ州オアハカ
生年月日 1967年7月4日(47歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
初出場 1991年9月1日 フィリーズ
最終出場 2006年9月28日 ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Mexico.svg メキシコ
WBC 2006年

ビニー・カスティーヤVinicio Castilla Soria1967年7月4日 - )はメキシコオアハカ州オアハカ出身の元メジャーリーグ選手。ポジションは三塁手。最終所属はコロラド・ロッキーズ。移籍が多い選手で、コロラド・ロッキーズに3度とアトランタ・ブレーブスに2度在籍している。

略歴[編集]

1987年から1989年にかけてはメキシカン・リーグに所属し、1990年アトランタ・ブレーブスに入団。1991年9月1日に、メジャーデビューを果たす。 1992年シーズンオフ、拡張ドラフトで新生コロラド・ロッキーズの指名を受け、ロッキーズに移籍。1995年にはレギュラーに定着し、35本塁打を記録してチームの球団創設3年目にして初のワイルドカードでのディビジョンシリーズ進出に貢献。翌1996年には40本塁打・113打点を記録。チームメイトのアンドレス・ガララーガエリス・バークスも40本塁打を記録し、メジャー史上2チーム目の「同一シーズンに40本塁打3人」を記録。さらにダンテ・ビシェットも含めて4人が100打点を記録し、こちらはメジャー史上3チーム目であった。1998年には全162試合に出場し、いずれも自己最多となる46本塁打、144打点を記録。

その後、1999年オフに2選手との交換トレードタンパベイ・デビルレイズに移籍するが、以後は不振や故障も相まって移籍を繰り返す。2001年途中にヒューストン・アストロズに移籍。2002年にはブレーブスに復帰し、2003年まで所属すると2004年にはロッキーズに復帰。かつての打棒を取り戻し、同年7月7日に、ホルヘ・オータが保持していたメキシコ人のメジャー安打記録(1620)を更新。この年には35本塁打・131打点を記録し、36歳で初の打撃タイトルである打点王を獲得するも、翌2005年にはワシントン・ナショナルズに移籍。

2006年にはワールド・ベースボール・クラシックメキシコ代表のチームキャプテンを務めた。

2006年シーズンはサンディエゴ・パドレスで始めたが、途中で現役引退を表明、自分の野球人生の中で一番いい思い出を持っているロッキーズで引退したいという意思を明かした。それで、シーズン途中にロッキーズにトレードされ、同年9月28日に本拠地クアーズ・フィールドでの試合に代打で登場してタイムリーヒットを放ったのが最後の打席となった。シーズン終了後、願い通りロッキーズの一員として引退した。 チームの打線を支えた功労者として、フランチャイズ・プレイヤー並みの扱いを受けた。そして、引退後は球団からアドバイザーの役職が用意された。

母国メキシコでは英雄的存在で、2008年にはリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ(メキシコで行われるウィンターリーグ)のナランヘロス・デ・エルモシージョ(Naranjeros de Hermosillo、HER)で監督兼任選手を務める。2009年に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは メキシコ代表監督を務めた。

特徴[編集]

サード以外に、ショートファーストとしてのプレー経験がある。

強打が持ち味だが、特にロッキーズでの活躍が目立つ選手であった。それはロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドが典型的な打者有利な球場であり、その特性を十分に利用したバッティングをしていたからと見られる。実際、他球団ではロッキーズで上げた成績ほどは上げられずに終わっている。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 ATL 12 6 5 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
1992 9 18 16 1 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 1 1 1 4 0 .250 .333 .313 .646
1993 COL 105 357 337 36 86 9 7 9 136 30 2 5 0 5 13 4 2 45 10 .255 .283 .404 .687
1994 52 141 130 16 43 11 1 3 65 18 2 1 1 3 7 1 0 23 3 .331 .357 .500 .857
1995 139 571 527 82 163 34 2 32 297 90 2 8 4 6 30 2 4 87 15 .309 .347 .564 .911
1996 160 673 629 97 191 34 0 40 345 113 7 2 0 4 35 7 5 88 20 .304 .343 .548 .891
1997 159 668 612 94 186 25 2 40 335 113 2 4 0 4 44 9 8 108 17 .304 .356 .547 .903
1998 162 697 645 108 206 28 4 46 380 144 5 9 0 6 40 7 6 89 24 .319 .362 .589 .951
1999 158 674 615 83 169 24 1 33 294 102 2 3 0 5 53 7 1 75 15 .275 .331 .478 .809
2000 TB 85 354 331 22 73 9 1 6 102 42 1 2 0 6 14 3 3 41 9 .221 .254 .308 .562
2001 24 97 93 7 20 6 0 2 32 9 0 0 0 0 3 0 1 22 3 .215 .247 .344 .591
HOU 122 484 445 62 120 28 1 23 219 82 1 4 0 4 32 3 3 86 19 .270 .320 .492 .812
'01計 146 581 538 69 140 34 1 25 251 91 1 4 0 4 35 3 4 108 22 .260 .308 .467 .775
2002 ATL 143 578 543 56 126 23 2 12 189 61 4 1 0 6 22 4 7 69 22 .232 .268 .348 .616
2003 147 578 542 65 150 28 3 22 250 76 1 2 1 6 26 3 3 86 22 .277 .310 .461 .771
2004 COL 148 648 583 93 158 43 3 35 312 131 0 0 0 8 51 6 6 113 22 .271 .332 .535 .867
2005 WSH 142 549 494 53 125 36 1 12 199 66 4 2 1 4 43 7 7 82 16 .253 .319 .403 .722
2006 SD 72 269 254 24 59 10 0 4 81 23 0 0 0 4 9 0 2 46 5 .232 .260 .319 .579
COL 15 22 21 2 4 0 0 1 7 4 0 0 0 0 0 0 1 3 2 .190 .227 .333 .560
'06計 87 291 275 26 63 10 0 5 88 27 0 0 0 4 9 0 3 49 7 .229 .258 .320 .578
通算:16年 1854 7384 6822 902 1884 349 28 320 3249 1105 33 43 8 71 423 64 60 1069 224 .276 .321 .476 .797
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

外部リンク[編集]