ディーコン・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーコン・ホワイト
Deacon White
Deacon White.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ケイトン
生年月日 1847年12月7日
没年月日 1939年7月7日(満91歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手捕手
初出場 1871年5月4日
最終出場 1890年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2013年
得票率 87.5%
選出方法 ベテランズ委員会選出

ディーコン・ホワイト(James Laurie "Deacon" White、 1847年12月7日 - 1939年7月7日)は、1870~1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは内野手捕手ニューヨーク州ケイトン生まれ。右投げ左打ち。アメリカのプロ野球リーグ誕生から20年間選手として活躍、ナショナル・アソシエーション時代を含め首位打者2回、最多打点を3回獲得した。

球歴[編集]

ホワイトは1868年にクリーブランドのフォレストシティ・ベースボール・クラブにプロの選手として所属し、主に捕手を務めていた。所属するフォレストシティ・クラブは、1871年にナショナル・アソシエーションが創設された際1年目からリーグに参加し、ホワイトは1871年と1872年にそれぞれ3割を超える打率を残したが、チームは成績が芳しくなく2年でリーグを脱退し破綻する。翌1873年にはハリー・ライトの誘いでボストン・レッドストッキングス(現アトランタ・ブレーブス)に参加、3年目にリーグ最多の77打点と.390の打率を記録、また1875年にはリーグ最高打率となる.367を記録するなど、ボストンのリーグ連覇を牽引する役割を担った。

1876年ナショナルリーグが設立された年には、1年間シカゴ・ホワイトストッキングス(現カブス)に参加、アルバート・スポルディングキャップ・アンソンロス・バーンズらとともにナショナルリーグ初代優勝の立役者の一人となる。この年ホワイトはリーグ最多の60打点を上げ、ナショナルリーグの初代「打点王」にもなった。[1]翌1877年はボストンに復帰し、同年打率(.387)、安打数(103)、打点(49)、三塁打数(11)の4つの部門でリーグトップとなる成績を残し、ここでもボストンをリーグ優勝に導いた。

その後はシンシナティに3年間、バッファローに5年間在籍し、1885年オフにバッファローが解散した際7,000ドルの金銭と引き換えにダン・ブローザースら4選手(当時「ビッグ・フォー」と呼ばれていた)とともにデトロイト・ウルバリンズに移籍した。大幅に補強されたウルバリンズは1887年にナショナルリーグ優勝を飾ったが、翌1888年に年俸高騰などの理由から、球団はホワイトら選手の所有権を一方的にピッツバーグ(現パイレーツ)に売り渡すなどした。ホワイトはこれに異議を唱えて長い間法廷で争ったが、結局は翌1889年のピッツバーグ(現パイレーツ)でのプレーを強要されることになった。1890年に42歳でプレイヤーズ・リーグに参加、122試合に出場し、この年を最後に選手を引退した。1939年にイリノイ州で91歳で他界。

ホワイトの活躍は長く歴史に埋もれていたが、2008年にアメリカ野球殿堂のベテランズ委員会による、殿堂入り投票の候補者の一人としてその名前が挙がった。

2013年ベテランズ委員会の選考により、アメリカ野球殿堂入りを果たした。

人物[編集]

ホワイトは信心深く、いつも聖書を持ち歩き教会通いを欠かさなかった。また顔は面長でいつも物憂げな表情を見せ、「セイウチのような」口髭を蓄えた風貌は、とてもプロの野球選手には見えなかったという(Baseball Libraryより)。いつも節度のある態度で振る舞い、煙草は吸わなかった。年俸や移籍の自由がなかった当時の野球選手たちの権利を訴え、1880年代にジョン・モンゴメリ・ウォードの呼びかけによる野球選手組合の設立にも積極的に関わっていた。当時の著名な選手達の多くと同じチームでプレーし、またその長い現役生活とあいまって、多くの選手達からも尊敬されていたという。

またリー・アレンの著書(The National League Story,1961)によれば、ホワイトは最後まで地球は平らだと信じていた一人だったそうである。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
1560 6623 2066 270 98 23 1140 988 49* 221 307 41* - .312 .346 .393

獲得タイトル・記録[編集]

  • 首位打者:2回(1875,1877年)
  • 最多打点:3回(1873,1876,1877年)
  • 最多安打:1回(1877年)

投手記録[編集]

  • 通算:2試合、0勝0敗、投球回10.0、奪三振3、被安打19、被本塁打0、防御率7.20

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1872年 CLF NA 2 0 2 .000 7位 8月17日~、選手兼任
1879年 CIN NL 18 9 9 .500 5位 開幕~6月7日、選手兼任
通算 20 9 11 .450

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時はまだ打点のタイトルはなく、打点数は後年計算された結果によるものである。

出典・外部リンク[編集]