デトロイト・ウルバリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デトロイト・ウルバリンズDetroit Wolverines)は、1881年から1888年まで、ミシガン州デトロイトを本拠地とし、メジャーリーグベースボールナショナルリーグに所属していたプロ野球チーム。

1888年

球団史[編集]

球団は1881年に、当時のデトロイト市長ウィリアム.G.トンプソンの提案により創立された。トンプソンは1879年にデトロイトに本格的な野球場となるレクリエーション・パークを建設、その後1880年に規則違反によりナショナルリーグを除名されたシンシナティ・レッズ(※現在の球団とは異なる)のフランチャイズ権を取得し、デトロイトを本拠地とするプロの野球チームを結成して同年ナショナルリーグに参加した。

最初の2年はデトロイト市が球団を所有していた。勝率5割前後を維持していたが、1882年オフに市長が球団をビジネスマンのジョセフ・マーシュに売却すると成績は低迷し、1884年シーズンには深刻な得点力不足に悩まされ、チームは28勝84敗と散々な成績に終わってしまう。

1885年に新たに球団のオーナーとなったフレデリック・ステアーンズは、ウルバリンズの一大補強に乗り出した。彼はこの年の8月にバッファロー・バイソンズのフランチャイズ権を買収し、バイソンズに所属していたスター選手達を次々とウルバリンズに送り込んだ。特にダン・ブローザース、ジャック・ロウ、ハーディ・リチャードソン、ディーコン・ホワイトの4選手は、当時『ビッグ・フォー』と呼ばれた。スター軍団に生まれ変わったウルバリンズは、1886年シーズンに7割以上の勝率を残し、投手レディ・ボールドウィンはチーム勝利数の半分近い42勝をあげてリーグの最多勝利投手となった。翌1887年、ウルバリンズはついにナショナルリーグを制覇する。この時のメンバーには、上記の4人のほかに名二塁手だったフレッド・ダンラップや、チームの生え抜き選手として成長していたサム・トンプソン、のちに名監督となるネッド・ハンロンなどが名を連ねていた。

しかし球団はこれら高給な選手を長く抱えられるわけでもなく、翌1888年シーズンの優勝争いから脱落すると、抱えていた選手を放出し、チームもナショナルリーグから脱退した。球団はその後1889年から1890年にマイナーリーグで活動し、1890年に所属リーグが消滅した際共にチームも解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1881年 NL 84 41 43 .488 4位 フランク・バンクロフト Recreation Park
1882年 86 42 41 .506 5位 フランク・バンクロフト
1883年 101 40 58 .408 7位 ジャック・チャップマン
1884年 114 28 84 .250 8位 ジャック・チャップマン
1885年 108 41 67 .380 6位 チャーリー・モートン
ビル・ワトキンス
1886年 126 87 36 .707 2位 ビル・ワトキンス
1887年 126 79 45 .637 1位 ビル・ワトキンス
1888年 134 68 63 .519 5位 ビル・ワトキンス
ボブ・リードリー

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

球団戦績
  • リーグ優勝:1回(1887年)、年間王者決定戦優勝1回(1887年)
通算記録
  • 通算安打数:879(ネッド・ハンロン)
  • 通算得点数:623(ネッド・ハンロン)
  • 通算盗塁数:157(ネッド・ハンロン)
  • 通算本塁打:37(チャーリー・ベネット)
  • 通算打点数:353(チャーリー・ベネット)
  • 通算勝利数:95(プレッツェルズ・ゲッツァイン)
  • 通算奪三振:726(プレッツェルズ・ゲッツァイン)
  • 通算防御率:3.09(プレッツェルズ・ゲッツァイン)

出典・外部リンク[編集]