フィル・キャバレッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル・キャバレッタ
Phil Cavarretta
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 1916年7月19日
没年月日 2010年12月17日(満94歳没)
身長
体重
5' 11.5" =約181.6 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
初出場 1934年9月16日
最終出場 1955年5月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

フィル・キャバレッタ(Phil Cavarretta)ことフィリップ・ジョセフ・キャバレッタ(Philip Joseph Cavarretta 、1916年7月19日 - 2010年12月17日)は、主に1940~1950年代に活躍したアメリカ合衆国のプロ野球選手。主なポジションは一塁手。左投げ左打ち。ニックネームは"Phillabuck"(フィラバック)。第二次世界大戦前後にカブスで20年間現役で活躍した一塁手。1945年のナショナルリーグ最優秀選手。

来歴・人物[編集]

イリノイ州シカゴ生まれ。シカゴの高校卒業前にカブスとプロ契約を結び、マイナーからカブスに昇格した時は18歳の誕生日から2か月足らずだったが、デビュー戦で本塁打を放った。2年目から一塁手として定着し、股関節や足首の故障を抱えた1937年から1941年にかけてのシーズン以外は、一塁のレギュラーとして長く活躍した。

聴覚の異常がもとで徴兵を免除されたキャバレッタは、1944年シーズンにリーグ最多の197安打と.321の打率を残す。さらに翌1945年には打率.355でリーグ首位打者となりカブスをリーグ優勝へ導き、自身もシーズン最優秀選手に選ばれた。この年のワールドシリーズでは7試合で11安打5打点、打率.423と活躍した。

1951年からはカブスの選手兼任監督を務めるようになり、1953年までカブスを率いた。その後1954年から2年間同じシカゴのホワイトソックスに在籍し、1955年を最後に選手を引退した。1961年から3年間タイガースのコーチ、また1975年から4年間ニューヨーク・メッツのコーチを務めている。

1979年に、イタリア系アメリカ人スポーツ選手の殿堂入り表彰を受けた。

2010年12月17日白血病などにより死去[1]。94歳没。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
2030 7701 1977 347 99 95 990 920 65 598 820 37 89 .293 .372 .416

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀選手:1945年
  • ナショナルリーグ首位打者:1回(1945年)
  • 最多安打:1回(1944年)
  • ワールドシリーズ出場:3回(1935,1938,1945年)
  • オールスターゲーム選出:4回(1944-1947年)
  • シーズン打率.355(1945年)は、カブス左打者の歴代最高打率である(2014年現在)。

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1951年 CHC NL 74 27 47 .365 8位 7月22日~
1952年 155 77 77 .500 5位
1953年 155 65 89 .422 7位
通算 384 169 213 .442

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]