キース・ヘルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キース・ヘルナンデス
Keith Hernandez
Keith Hernandez 2010.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1953年10月20日(60歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1971年 ドラフト42巡目(全体776位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 1974年8月30日
最終出場 1990年7月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

キース・バーロウ・ヘルナンデスKeith Barlow Hernandez , 1953年10月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の元プロ野球選手一塁手)。左投左打。

人物・来歴[編集]

1971年メジャードラフト会議セントルイス・カージナルスから42巡目(全米776位)と、後の実績を思えば非常に低い評価で指名され、入団。 1974年8月30日にメジャーデビューを果たし、3年目の1976年には持ち前の巧打と好守備で一塁のレギュラーを獲得。

1979年には161試合に出場して打率.344で首位打者を獲得。11本塁打、105打点の成績を残し、この年のナ・リーグMVPに選出された(ピッツバーグ・パイレーツウィリー・スタージェルと同点で、2人受賞)。 1982年にはチームがワールドシリーズに出場し、ミルウォーキー・ブルワーズ(現在はナ・リーグ所属だが、1997年まではア・リーグ所属だった)と戦う。第6戦で本塁打を放ち、チームをワールドシリーズ制覇に導いた。

1983年6月15日に、2選手との交換でニューヨーク・メッツトレードされた。カージナルスの監督ホワイティ・ハーゾグが、年齢的な衰えを懸念して放出したものであったが、メッツにとっては成功したトレードの一つとなった。

1985年ピッツバーグ薬物裁判に関連して、パイレーツの当時の本拠地スリー・リバース・スタジアムでの麻薬(コカイン)の密買・使用に関与した発覚し、「100時間の奉仕活動と麻薬の抜き打ち検査を受ける」ことを条件に出場停止処分を逃れるが、チーム及びファンから熱烈な支持を受けてその後も活躍。 1986年には打率.310、13本塁打、83打点の活躍でチームのワールドシリーズ制覇に貢献した。

1987年からはチームの初代キャプテンに任命され、この年も打率.290、18本塁打89打点の活躍を見せるが、1988年以後は衰えが目立ち、1989年限りでメッツを去り、クリーブランド・インディアンスに移籍。 1990年も43試合の出場にとどまり、この年限りで現役を引退した。

守備力にも優れ、ゴールドグラブ賞1978年から1988年にかけて11年連続で受賞している。 ヘルナンデスの一塁守備が優れているため、1980年代半ばのシカゴ・カブスの監督ジム・フライ1984年にカブスを地区優勝に導く)は、「ランナーが二塁でフォースアウトになって、ピッチャーがランナーになるよりはまし」として、メッツとの試合では、投手にあまり送りバントをさせなかったという。

選球眼に優れ、通算でも三振 (1,012) よりも四球 (1,070) の方が多い。1977年から1986年まで10年連続して三振よりも四球の方が多かった。

1980年から1988年の間にメジャーで公式記録だった勝利打点もその間に129記録しており、これはメジャー最多。1985年の24はシーズン記録である。

1987年に打撃不振に陥った時に、テレビで見ていた父からアドバイスを貰って立ち直った。その父は、第二次世界大戦で海軍に従軍し、野球殿堂入りの強打者スタン・ミュージアルと海軍の野球チームのチームメイトであった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 STL 14 41 34 3 10 1 2 0 140 2 0 0 15 0 7 0 0 8 1 .294 .415 .441 .856
1975 64 207 188 20 47 8 2 3 68 20 0 1 0 2 17 2 0 26 5 .250 .309 .362 .671
1976 129 428 374 54 108 21 5 7 160 46 4 2 2 0 49 5 3 53 8 .289 .376 .428 .804
1977 161 645 560 90 163 41 4 15 257 91 7 7 3 2 79 11 1 88 17 .291 .379 .459 .838
1978 159 633 542 90 138 32 4 11 211 64 13 5 1 6 82 11 2 68 12 .255 .351 .389 .740
1979 161 698 610 116 210 48 11 11 313 105 11 6 0 7 80 5 1 78 9 .344 .417 .513 .930
1980 159 690 595 111 191 39 8 16 294 99 14 8 1 4 86 4 4 73 14 .321 .408 .494 .902
1981 103 444 376 65 115 27 4 8 174 48 12 5 0 5 61 6 2 45 9 .306 .401 .463 .864
1982 160 694 579 79 173 33 6 7 239 94 19 11 1 12 100 19 2 67 10 .299 .397 .413 .810
1983 55 244 218 34 62 15 4 3 94 26 1 1 0 2 24 5 0 30 2 .284 .352 .431 .783
NYM 95 389 320 43 98 8 3 9 139 37 8 4 2 1 64 9 2 42 5 .306 .424 .434 .858
'83計 150 633 538 77 160 23 7 12 233 63 9 5 2 3 88 14 2 72 7 .297 .396 .433 .829
1984 154 657 550 83 171 31 0 15 247 94 2 3 0 9 97 12 1 89 9 .311 .409 .449 .858
1985 158 682 593 87 183 34 4 10 255 91 3 3 0 10 77 15 2 59 14 .309 .384 .430 .814
1986 149 652 551 94 171 34 1 13 246 83 2 1 0 3 94 9 4 69 14 .310 .413 .446 .859
1987 154 676 587 87 170 28 2 18 256 89 0 2 0 4 81 8 4 104 15 .290 .377 .436 .813
1988 95 384 348 43 96 16 0 11 145 55 2 1 0 4 31 3 1 57 11 .276 .333 .417 .750
1989 75 244 215 18 50 8 0 4 70 19 0 3 0 0 27 3 2 39 4 .233 .324 .326 .650
1990 CLE 43 145 130 7 26 2 0 1 31 8 0 0 0 0 14 3 1 17 2 .200 .283 .238 .521
通算:17年 2088 8553 7370 1124 2182 426 60 162 3214 1071 98 63 10 71 1070 130 32 1012 161 .296 .384 .436 .820
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

ヘルナンデスにとってのヒーローミッキー・マントルの「7」がついた背番号を望む。 カージナルスでのデビュー当時は「18」で、1975年までつけたが、76年には「37」に変更。 83年途中に移籍したメッツでは37が初代監督ケーシー・ステンゲル永久欠番のため、「17」をつけた。 メッツ時代のチームメイトのうち、ロン・ダーリングボブ・オヘーダロジャー・マクダウエルはいずれも移籍後、ヘルナンデスに敬意を払って背番号「17」をつけた。

外部リンク[編集]