ビリー・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ウィリアムズ
Billy Williams
Billy Williams 2009.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州ウィスラー
生年月日 1938年6月15日(76歳)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1956年
初出場 1959年8月6日
最終出場 1976年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • シカゴ・カブス(1993 - 2001)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1957年
得票率 85.71%
選出方法 BBWAA[1]選出

ビリー・ウィリアムズBilly Leo Williams , 1938年6月15日 - )は、MLBで活躍したアメリカ合衆国アラバマ州ウィスラー出身の元野球選手。ポジションは、外野手(主に左翼手)。右投左打。

1959年から1976年にかけてシカゴ・カブスオークランド・アスレチックスでプレイし、通算打率.290、本塁打426本を記録し、アメリカ野球殿堂入りを果たした強打者。

人物・来歴[編集]

1959年8月6日シカゴ・カブスでメジャーデビュー。初のフルシーズンとなった1961年に146試合に出場し、打率.278、本塁打25、打点86の活躍でナ・リーグ新人王に選ばれた。1962年には初のオールスター出場を果たし、打率.298、22本塁打、91打点と活躍。1961年から1973年まで13年連続して20本塁打、80打点以上をマーク。うち5年は30本塁打以上、100打点以上は3回、90打点以上も10回を記録した。そして、1962年から1971年にかけて当時のナ・リーグ記録となる1,117試合連続出場を記録[1]

当時のカブスは「Mr. Cub(ミスター・カブ)」ことアーニー・バンクスをはじめ、ファーガソン・ジェンキンスロン・サントらスター選手が名を連ねたが、1945年以来(現在でも)ワールドシリーズから遠ざかっていた。1970年にはいずれもキャリア最高となる42本塁打、129打点で、本塁打打点の二冠でリーグ2位につけた(1位はジョニー・ベンチの45本塁打、148打点)。得点137、安打205、塁打373の三部門ではリーグ1位を記録。またMVP投票でもリーグ2位につけた(1位はジョニー・ベンチ)。そして、33歳で迎えた1972年のシーズンには打率は自己最高の.333をあげ、首位打者を獲得。37本塁打、122打点をあげたが、MVP投票では、またしてもベンチに敗れ、2位に終わった。1969年に東西2地区制が導入されたが、カブス在籍時には地区優勝すらできなかった。1974年に16本塁打、68打点に終わると、二塁手マニー・トリーヨと投手2人との交換トレードで、当時ワールドシリーズ3連覇中のオークランド・アスレチックスに移籍。1975年は主に指名打者(DH)として起用され、23本塁打、81打点をマークしてチームの地区優勝に貢献。しかし、ア・リーグチャンピオンシップシリーズボストン・レッドソックスに敗れ、念願のワールドシリーズ進出はならなかった。翌1976年限りで現役を引退。

引退後、1987年に全米野球記者協会による投票で85.71%の得票を獲得し、アメリカ野球殿堂入りを果たした。同年8月13日、カブス時代の背番号26」は永久欠番となった。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 CHC 18 34 33 0 5 0 1 0 7 2 0 0 0 0 1 0 0 7 2 .152 .176 .212 .389
1960 12 52 47 4 13 0 2 2 23 7 0 0 0 0 5 0 0 12 1 .277 .346 .489 .836
1961 146 584 529 75 147 20 7 25 256 86 6 0 1 4 45 11 5 70 11 .278 .338 .484 .822
1962 159 699 618 94 184 22 8 22 288 91 9 9 0 7 70 3 4 72 11 .298 .369 .466 .835
1963 161 687 612 87 175 36 9 25 304 95 7 6 2 3 68 9 2 78 12 .286 .358 .497 .854
1964 162 709 645 100 201 39 2 33 343 98 10 7 0 3 59 8 2 84 11 .312 .370 .532 .901
1965 164 719 645 115 203 39 6 34 356 108 10 1 1 5 65 7 3 76 20 .315 .377 .552 .929
1966 162 727 648 100 179 23 5 29 299 91 6 3 0 6 69 16 4 61 12 .276 .347 .461 .808
1967 162 712 634 92 176 21 12 28 305 84 6 3 2 6 68 8 2 67 13 .278 .346 .481 .828
1968 163 699 642 91 185 30 8 30 321 98 4 1 0 7 48 10 2 53 13 .288 .336 .500 .836
1969 163 708 642 103 188 33 10 21 304 95 3 2 0 3 59 15 4 70 15 .293 .355 .474 .828
1970 161 714 636 137 205 34 4 42 373 129 7 1 0 4 72 9 2 65 13 .322 .391 .586 .977
1971 157 677 594 86 179 27 5 28 300 93 7 5 0 3 77 18 3 44 17 .301 .383 .505 .888
1972 150 650 574 95 191 34 6 37 348 122 3 1 0 8 62 20 6 59 14 .333 .398 .606 1.005
1973 156 659 576 72 166 22 2 20 252 86 4 3 0 6 76 14 1 72 13 .288 .369 .438 .806
1974 117 474 404 55 113 22 0 16 183 68 4 5 0 2 67 12 1 44 9 .280 .382 .453 .835
1975 OAK 155 602 520 68 127 20 1 23 218 81 0 0 1 3 76 7 2 68 9 .244 .341 .419 .760
1976 120 413 351 36 74 12 0 11 119 41 4 2 1 3 58 15 0 44 4 .211 .320 .339 .659
通算:18年 2488 10519 9350 1410 2711 434 88 426 4599 1475 90 49 8 73 1045 182 43 1046 200 .290 .361 .492 .853
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 1,117試合連続出場は2013年現在でも大リーグ歴代6位、ナ・リーグ歴代2位である。なお、現時点でのナ・リーグ記録はスティーブ・ガービードジャースパドレスにまたがって記録)の1,207試合連続出場である。