スコット・ローレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ローレン
Scott Rolen
フリーエージェント(FA)
Scott Rolen on June 25, 2011.jpg
レッズ時代(2011年6月25日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 インディアナ州ジャスパー
生年月日 1975年4月4日(39歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1993年 MLBドラフト2巡目(全体46位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 1996年8月1日 セントルイス・カージナルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スコット・ブルース・ローレン(Scott Bruce Rolen, 1975年4月4日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州ジャスパー出身の野球選手内野手三塁手)、右投右打。

経歴[編集]

フィリーズ[編集]

高校時代はバスケットボールでも活躍。いくつかの大学から奨学生として入学を打診されたが[1]1993年ドラフト2巡目でフィラデルフィア・フィリーズに入団。1996年はAA級レディングで開幕を迎え、5月に打率.352・7本塁打・19打点を記録し、月間MVPを受賞した[2]6月12日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ昇格し45試合に出場したのを経て、8月1日にメジャーデビューを果たした[2]。メジャー初本塁打8月21日ドジャース戦で野茂英雄から。しかも1試合2本塁打を記録した[2][3]9月7日シカゴ・カブス戦で死球を受け骨折してしまったが、新人王受賞資格は野手の場合、前年まで通算130打数以下でローレンは130打数だったため来シーズンも新人資格を持ったままシーズンを終えた[2]

1997年は156試合に出場し、打率.283・21本塁打・92打点はリーグ新人選手として最多、新人王の投票では満票(ナリーグ史上7人目)で選出された[4]。守備では三塁手としてリーグ最多の459回の守備機会を記録している[4]

1998年も打率.290・31本塁打・110打点を記録し、球団史上最年少(1900年以降)で100打点を記録した[5]。一方、守備ではリーグ最多の468回の守備機会と135刺殺を記録し、三塁手として史上3番目の若さで、球団史上マイク・シュミット1986年に受賞して以来12年ぶりにゴールドグラブ賞を獲得した[5]

1999年オールスター開催までに19本塁打を記録したが、シーズン終盤、故障のため欠場した。2000年も5月24日から6月8日にかけて故障者リスト入りとなったが、2年ぶりにゴールドグラブ賞を受賞し、本塁打は球団史上2番目の若さで100を超えた[6]。しかし、2001年に就任したラリー・ボーワ監督との確執があったため[要出典]2002年7月29日にカージナルスへトレードで移籍した。

カージナルス[編集]

カージナルス移籍後の2002年9月に2003年から8年総額9,000万ドルの契約に合意[7]

2004年は9月に左ふくらはぎを痛め、2週間以上欠場したが[8]、開幕から2か月で53打点をマークするなど、いずれも自己最高の打率.314・34本塁打・124打点を記録。ジム・エドモンズアルバート・プホルスとともに "3割・30本塁打・110打点トリオ" を形成。リーグチャンピオンシップ・シリーズ第7戦では逆転の2ランを放つなどチームをリーグ制覇に導いたが、レッドソックスとのワールドシリーズでは15打数0安打と絶不調、チームも1勝も挙げられずに終わっている。

2005年は左肩などを痛め2度の手術を経験し[9]オールスターも辞退するなど56試合出場に留まった。しかし2006年は開幕戦でマーク・マグワイア(1998年)以来球団史上2人目となる満塁本塁打を放ち[10]、チーム最多の48本の二塁打を記録するなどの活躍でカムバック賞にノミネートされた[1]ワールドシリーズでは、19打数8安打と活躍。2004年の雪辱を果たし、自身初の世界一の美酒を味わった。タイガースのジム・リーランド監督は「歴代でも最高の三塁手をカーディナルスは抱えている」と絶賛した[1]

2007年は古傷の左肩の痛みに悩まされ、8月28日の出場を最後にシーズンを終えた[11]

ブルージェイズ[編集]

球団、トニー・ラルーサとの確執が原因で[12]2008年1月14日、同じ三塁手のトロイ・グロースとの交換トレードでトロント・ブルージェイズへ移籍した。2008年はスプリング・トレーニングで14試合の出場で打率.345を記録していたが、守備の練習中に右手中指を骨折し[13]。開幕を故障者リスト入りで迎え、シーズン初出場は4月25日カンザスシティ・ロイヤルズ戦となった。8月には左肩を痛め、シーズン2回目の故障者リスト入りとなった[14]

2009年はシーズン途中から4番に定着し、打率.320を記録。

レッズ[編集]

「故郷の近くでプレーしたい」と自らトレードを志願し[15]、2009年7月31日エドウィン・エンカーナシオンジョシュ・レニキーザック・スチュワートとの交換でシンシナティ・レッズに移籍[16]。シーズン終了後の12月19日に2年1,300万ドルで契約延長し、1,100万ドルだった2010年の年俸を600万ドルとし、残りの500万ドルを契約金として支払うことになった[17]。レッズ移籍後のローレンは、40試合に出場して打率.270・3本塁打・24打点という成績だった。

2010年は、オールスターゲームまでに79試合に出場して打率.290・17本塁打・57打点と活躍した。しかし、シーズン通算では打率.285・20本塁打・83打点という数字に留まった。しかし、20本塁打を記録したのは4年ぶりの事であり、同じく打点が80を超えたのも4年ぶりであった。守備面では、自身8度目となるゴールドグラブ賞を獲得した。また、フィリーズやカーディナルス在籍時に監督との不仲に陥った事のあるローレンだったが[18]、レッズではベイカー監督との関係が良好であり、シンガーソングライターのライアン・パーカーがその関係を歌にした[18]

選手としての特徴[編集]

三塁手として8度のゴールドグラブ賞を誇る。ローレンより三塁手としての受賞回数が多いブルックス・ロビンソン(16回)とマイク・シュミット(10回)は「我々よりもローレンの方が上だ」と言っている[1]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1996 PHI 37 146 130 10 33 7 0 4 52 18 0 2 0 2 13 0 1 27 4 .254 .322 .400 .722
1997 156 657 561 93 159 35 3 21 263 92 16 6 0 7 76 4 13 138 6 .283 .377 .469 .846
1998 160 711 601 120 174 45 4 31 320 110 14 7 0 6 93 6 11 141 10 .290 .391 .532 .923
1999 112 497 421 74 113 28 1 26 221 77 12 2 0 6 67 2 3 114 8 .268 .368 .525 .893
2000 128 541 483 88 144 32 6 26 266 89 8 1 0 2 51 9 5 99 4 .298 .370 .551 .920
2001 151 653 554 96 160 39 1 25 276 107 16 5 0 12 74 6 13 127 6 .289 .378 .498 .876
2002 100 438 375 52 97 21 4 17 177 66 5 2 0 3 52 2 8 68 12 .259 .358 .472 .830
STL 55 229 205 37 57 8 4 14 115 44 3 2 0 0 20 2 4 34 10 .278 .354 .561 .915
'02計 155 667 580 89 154 29 8 31 292 110 8 4 0 3 72 4 12 102 22 .266 .357 .503 .860
2003 154 657 559 98 160 49 1 28 295 104 13 3 0 7 82 5 9 104 19 .286 .382 .528 .910
2004 142 593 500 109 157 32 4 34 299 124 4 3 1 7 72 5 13 92 8 .314 .409 .598 1.007
2005 56 223 196 28 46 12 1 5 75 28 1 2 0 1 25 1 1 28 3 .235 .323 .383 .706
2006 142 594 521 94 154 48 1 22 270 95 7 4 0 8 56 7 9 69 10 .296 .369 .518 .887
2007 112 441 392 55 104 24 2 8 156 58 5 3 0 7 37 2 5 56 13 .265 .331 .398 .729
2008 TOR 115 467 408 58 107 30 3 11 176 50 5 0 0 3 46 2 10 71 12 .262 .349 .431 .780
2009 88 373 338 52 108 29 0 8 161 43 4 2 0 5 26 1 4 42 2 .320 .370 .476 .846
CIN 40 162 137 24 37 7 1 3 55 24 1 2 0 3 19 0 3 20 2 .270 .364 .401 .766
'09計 128 535 475 76 145 36 1 11 216 67 5 4 0 8 45 1 7 62 4 .305 .368 .455 .823
2010 133 537 471 66 134 34 3 20 234 83 1 2 0 8 50 3 8 82 12 .285 .358 .497 .854
2011 65 269 252 31 61 20 2 5 100 36 1 0 0 3 10 0 4 36 4 .242 .279 .397 .676
2012 92 330 294 26 72 17 2 8 117 39 2 1 0 3 30 0 3 62 5 .245 .318 .398 .716
通算:17年 2038 8518 7398 1211 2077 517 43 316 3628 1287 118 49 1 93 899 57 127 1410 150 .281 .364 .490 .855
  • 2012年度シーズン終了時

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、320頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  2. ^ a b c d Player Profile: Scott Rolen (1996 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月13日閲覧。
  3. ^ August 21, 1996 Philadelphia Phillies at Los Angeles Dodgers Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年2月13日閲覧。
  4. ^ a b Scott Rolen 1997 Career Highlights” (英語). 2008年5月3日閲覧。
  5. ^ a b Player Profile: Scott Rolen (1998 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月13日閲覧。
  6. ^ Scott Rolen 2000 Career Highlights” (英語). 2008年5月3日閲覧。
  7. ^ Giants Move Closer To Clinching Wild Card” (英語). The New York Times (2002年9月28日). 2010年1月4日閲覧。
  8. ^ Leach, Matthew (2004年9月28日). “Cards' bats quiet against Astros” (英語). MLB.com. 2010年1月4日閲覧。
  9. ^ Leach, Matthew (2005年8月29日). “Notes: Rolen undergoes surgery” (英語). MLB.com. 2010年1月4日閲覧。
  10. ^ Scott Rolen 2006 Career Highlights” (英語). 2008年5月3日閲覧。
  11. ^ Leach, Matthew (2007年9月1日). “No news is bad news for Rolen” (英語). MLB.com. 2010年1月4日閲覧。
  12. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、78頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  13. ^ Bastian, Jordan (2008年3月27日). “Rolen possibly sidelined until May” (英語). MLB.com. 2010年1月4日閲覧。
  14. ^ Singh, David (2008年8月10日). “Soreness sends Rolen to DL” (英語). MLB.com. 2010年1月4日閲覧。
  15. ^ Reds acquire Rolen for Encarnacion. ESPN(英語). 2011年6月17日閲覧
  16. ^ Reds beat clock with two Deadline trades Rolen the big catch in deal with Jays; Hairston sent to Yanks”. reds.com (2009年7月31日). 2009年8月5日閲覧。
  17. ^ Associated Press (2009年12月19日). “Source: Rolen's new deal adds 2 years” (英語). ESPN.com. 2009年1月4日閲覧。
  18. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、頁。ISBN 978-4-331-51518-1

外部リンク[編集]