スティーブ・ガービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・ガービー
Steve Garvey
Steve Garvey 2010.JPG
2010年6月、ドジャースタジアムにて
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 1948年12月22日(65歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
192 lb =約87.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1968年 MLBドラフト1巡目
初出場 1969年9月1日
最終出場 1987年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブン・パトリック・ガービーSteven Patrick Garvey , 1948年12月22日 - )ことスティーブ・ガービーは、アメリカ合衆国フロリダ州タンパ出身の元野球選手内野手)。

178cmとメジャーリーガーの中では小柄ながら、巧守巧打の一塁手として活躍した。

現在は南カリフォルニアで実業家として活躍中。

来歴・人物[編集]

スティーブ・ガービーのバッティング

1968年MLBドラフト1巡目(全体の13番目)でロサンゼルス・ドジャースに指名され契約。1969年9月1日の対ニューヨーク・メッツ戦で、7回裏にレイ・ラムへの代打として出場してMLBデビューを果たすが、ジャック・ディラウロの前に三振を喫した。同年9月10日の対ヒューストン・アストロズ戦の8回表にアラン・フォスターへの代打として出場し、デニー・レマスターからMLB初安打をマークした。

1974年には打率.312、21本塁打、111打点の活躍でチームのワールドシリーズ進出に貢献し、ナ・リーグMVPに選ばれた。この年から1977年まで4年連続してゴールドグラブ賞を受賞。遠征には複数のミットを持ち、乾燥した地域ではこのミット、小雨の試合ではこのミットというように使い分けていた。二塁手デービー・ロープス三塁手ロン・セイ遊撃手ビル・ラッセルと共に、8年間不動の内野陣を築く。

1978年MLBオールスターゲームでMVPを獲得。同年のナ・リーグチャンピオンシップシリーズで4本塁打(史上最多タイ)を打ち、このシリーズのMVPに選ばれる。人間的にも優れ、ボランティアや奉仕活動に貢献した選手に贈られるロベルト・クレメンテ賞1981年に受賞している。この年にはキャリア唯一のワールドシリーズ優勝に輝いた。

1983年サンディエゴ・パドレスに移籍。1984年にはチームが地区優勝を果たし、シカゴ・カブスとのチャンピオンシップシリーズに出場(当時は5回戦制)。1勝2敗と後のない状態で迎えた第4戦で、リー・スミスからサヨナラ2ランホームランを打ち、2勝2敗のタイに戻す。パドレスは翌日の第5戦にも勝ってチーム史上初のワールドシリーズに進出。ガービーは自己2度目のリーグチャンピオンシップシリーズMVPに選ばれた。ワールドシリーズはデトロイト・タイガースに敗れたが、この年にはルー・ゲーリッグ賞にも選ばれた

次第に忍び寄る衰えには勝てず、1986年には打率.255に終わり、ジョン・クルックの成長もあって1987年5月23日の出場を最後に現役を引退。不振のガービーをラインナップから外す際に、当時監督のラリー・ボーワは「私の野球人生でもっとも辛い決断」とコメントした。

ドジャース時代の1975年9月3日からパドレス時代の1983年7月29日にかけて、1207試合連続出場を果たす。これは、当時メジャー史上第3位であった(2010年現在では第4位)。

背番号はドジャース、パドレスを通じて『6』をつけており、最後のシーズンを迎えたパドレスで永久欠番に指定された。この欠番はパドレス初の永久欠番であった。

引退後は「ガービー・コミュニケーションズ」という情報コマーシャル会社を設立。

2011年のMLBドラフトで、息子のライアンがフィラデルフィア・フィリーズから15巡目で指名された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 LAD 3 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1970 34 100 93 8 25 5 0 1 33 6 1 1 0 1 6 0 0 17 3 .269 .310 .355 .665
1971 81 249 225 27 51 12 1 7 86 26 1 2 1 2 21 2 0 33 6 .227 .290 .382 .673
1972 96 317 294 36 79 14 2 9 124 30 4 2 0 3 19 3 1 36 8 .269 .312 .422 .734
1973 114 366 349 37 106 17 3 8 153 50 0 2 0 3 11 4 3 42 8 .304 .328 .438 .766
1974 156 685 642 95 200 32 3 21 301 111 5 4 1 8 31 4 3 66 8 .312 .342 .469 .811
1975 160 704 659 85 210 38 6 18 314 95 11 2 3 6 33 6 3 66 19 .319 .351 .476 .827
1976 162 696 631 85 200 37 4 13 284 80 19 8 5 9 50 11 1 69 20 .317 .363 .450 .813
1977 162 696 646 91 192 25 3 33 322 115 9 6 7 4 38 10 1 90 15 .297 .335 .498 .834
1978 162 689 639 89 202 36 9 21 319 113 10 5 1 8 40 9 1 70 17 .316 .353 .499 .852
1979 162 697 648 92 204 32 1 28 322 110 3 6 4 6 37 16 2 59 25 .315 .351 .497 .848
1980 163 704 658 78 200 27 1 26 307 106 6 11 3 4 36 6 3 67 17 .304 .341 .467 .808
1981 110 461 431 63 122 23 1 10 177 64 3 5 1 3 25 6 1 49 8 .283 .322 .411 .732
1982 162 660 625 66 176 35 1 16 261 86 5 3 5 9 20 10 1 86 10 .282 .301 .418 .718
1983 SD 100 425 388 76 114 22 0 14 178 59 4 1 0 5 29 11 3 39 16 .294 .344 .459 .802
1984 161 653 617 72 175 27 2 8 230 86 1 2 1 10 24 3 1 64 25 .284 .307 .373 .680
1985 162 699 654 80 184 34 6 17 281 81 0 0 1 6 35 7 3 67 25 .281 .318 .430 .748
1986 155 584 557 58 142 22 0 21 227 81 1 2 0 3 23 5 1 72 18 .255 .284 .408 .692
1987 27 78 76 5 16 2 0 1 21 9 0 0 0 0 1 0 1 10 3 .211 .231 .276 .507
通算:19年 2332 9466 8835 1143 2599 440 43 272 3941 1308 83 62 33 90 479 113 29 1003 251 .294 .329 .446 .775
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録[編集]

外部リンク[編集]