ミゲル・テハダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・テハダ
Miguel Tejada
マイアミ・マーリンズ(マイナー)
NCA 3894 Miguel Tejada.jpg
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ペラビア州バニ
生年月日 1974年5月25日(40歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1993年 ドラフト外
初出場 1997年8月27日
年俸 $1,100,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2006年2009年2013年

ミゲル・オダリス・テハダ(Miguel Odalis Tejada, 1974年5月25日 - )は、ドミニカ共和国ペラビア州バニ出身のプロ野球選手遊撃手三塁手)。右投右打。MLBマイアミ・マーリンズ傘下所属。

11人兄弟の末っ子で、ハリケーン難民からメジャーリーガーへと成り上がった。

経歴[編集]

アスレチックス時代[編集]

1993年7月17日、オークランド・アスレチックスと契約金2,000ドルで入団する[2]

1997年8月27日、メジャーデビュー。26試合に出場して打率.202、2本塁打、10打点を記録した。

1998年5月30日にメジャー昇格後105試合に出場して打率.233、11本塁打45打点を記録した。

1999年はチーム最多の159試合に出場して[3]、打率.251、21本塁打、84打点を記録。7月11日には遊撃手として史上10人目の1試合3本塁打を記録[4]

2000年、メジャーの遊撃手としてはアレックス・ロドリゲスに次ぐ30本塁打、115打点を記録し、遊撃手としての球団記録を更新[5]。チームは8年ぶりの地区優勝でポストシーズンへ進出したがヤンキースに2勝3敗で敗退。

2001年は初めて全162試合に出場した。31本塁打を放ち、前年に続き遊撃手としての球団シーズン本塁打記録を更新。4月14日のレンジャーズ戦でケニー・ロジャースから球団通算10,000本塁打となる本塁打を放っている[6]。9月29日にマリナーズ戦でサイクル安打を達成[4]。前年に続きワイルドカードでポストシーズンへ進出したがヤンキースに2勝3敗で敗退。

2002年、打率.308と初めて3割を超え、球団史上1938年のウォーリー・モーゼス以来となるシーズン200本安打を達成した[7]。34本塁打・131打点と自身が持つ遊撃手としての球団記録をさらに更新し、7月24日にはエディ・ジューストの遊撃手としての球団通算本塁打記録を更新[4]。7月9日に行われたオールスターに初めて選出されると、2004年からは3年連続で選出されるようになった。ルイス・カスティーヨの35試合に次いでシーズン2位となる24試合連続安打をオールスター終了後の7月11日から8月6日にかけて記録した[4]。シーズン終盤、チーム20連勝・逆転でのポストシーズン進出の原動力となり57本塁打・142打点でリーグ2冠のアレックス・ロドリゲスを抑え、MVPを獲得している[8]

2003年5月10日まで打率が1割台で推移したが、最終的に打率は.278で27本塁打106打点を記録した。連続試合出場を594まで伸ばし、球団記録となった。シーズン終了後の10月27日にFAとなり、デトロイト・タイガースシアトル・マリナーズが獲得に動いた。

オリオールズ時代[編集]

2003年12月18日に総額7,200万ドルの6年契約でボルチモア・オリオールズと契約した[2]

2004年は1922年にケン・ウィリアムズが記録した155打点に次ぐ150打点をたたき出し[9]、打点王とシルバースラッガー賞を受賞した。

2005年7月12日のオールスタージョン・スモルツブレーブス)から本塁打を放ちMVPを獲得した。打率.304、26本塁打、98打点と打撃3部門は前年より悪化したが、5月9日のツインズ戦で遊撃手として史上5人目となる通算200本塁打を達成した[10]。45二塁打を記録した松井秀喜らを抑えリーグ1位の50二塁打を記録した[11]。2004年、2005年テハダはシルバースラッガー賞を2年連続獲得するなどチームの中心選手として活躍したがチームは低迷。

2006年シーズン開幕前には球団を批判し、トレード志願をした[12]。テハダはこの年打率が自己ベストの.330を記録し、1954年以降ではカル・リプケンを上回り球団史上最多の214本安打を記録した[13]

2000年6月から試合に出場し続け、2007年4月24日にはMLB史上7人目の1100試合連続出場を達成。しかし、6月20日のパドレス戦で左手首に死球を受け、22日に15日間の故障者リスト入り。これにより連続試合出場記録は1152試合(MLB史上5位)で途切れた[14]。8月に自己最多となる月間10本塁打を記録したが[14]、シーズンを通しては18本塁打と9年ぶりに20の大台を下回った。

アストロズ時代[編集]

2007年12月12日にルーク・スコットマット・アルバースマイク・コスタンゾトロイ・パットンデニス・サファテとの交換トレードでヒューストン・アストロズに移籍。

2008年は4月終了時点の打率.345はチーム1位と好調なスタート。5月2日のブルワーズ戦の試合前には始球式に参加する筋ジストロフィーの少年に本塁打を約束[15]。6回に約束通りに本塁打を記録。オールスターにも2年ぶりに選出されたが、後半戦は打率.295、3本塁打、22打点、OPS.714と前半戦の半分以下の数字となった[16]

2009年は打率.329、7本塁打、OPS.830と好調で前半戦を折り返す。最終的に自身2度目の199安打を放ち、打率.313、14本塁打、86打点、OPS.795、リーグトップの46二塁打を放つ活躍を見せた。オフの11月6日にFAとなった。

オリオールズ復帰、バドレス時代 [編集]

2010年1月26日にボルチモア・オリオールズと1年契約を結んだ[17]。オリオールズでは97試合の出場で打率.269、9本塁打、39打点、OPS.679とやや低調な成績を残していたが、7月29日にウィン・ペルツァーとのトレードで、優勝争いを繰り広げていたサンディエゴ・パドレスへ移籍[18]。オリオールズ所属時と比べて約40試合ほど出場試合数が少ない中、59試合に出場し、打率.268、8本塁打、32打点、OPS.730と移籍前を上回る成績を残した。11月1日にFAとなった。

ジャイアンツ時代[編集]

2010年12月2日にサンフランシスコ・ジャイアンツと1年契約を結んだ[19]

2011年は開幕ロースター入りしたが、7月19日に下腹部の故障で、15日間の故障者リスト入りした。8月16日に復帰したが、91試合の出場で打率.239、4本塁打、OPS.596と低迷。8月31日にDFAとなり[20]、9月8日に解雇された[21]

三度目のオリオールズ復帰[編集]

2012年5月8日に古巣のオリオールズとマイナー契約を結んだ[22]。AAA級ノーフォーク・タイズで36試合に出場していたが、6月25日に自身の要望で退団した[23]

ロイヤルズ時代[編集]

2012年12月31日にカンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結んだ[24]。1年契約でメジャー復帰を果たせば年俸110万ドル(約9500万円)で、さらに40万ドル(約3400万円)の出来高払いが含まれる。

2013年3月31日にロイヤルズとメジャー契約を結び[25]、開幕ロースター入りした。開幕後は53試合に出場し、3本塁打20打点1盗塁、打率.288と結果を残していたが、8月11日に右ふくらはぎの故障で、15日間の故障者リスト入りした。8月14日に60日間の故障者リストへ異動した[26]。8月17日には薬物違反で105試合の出場停止処分を命じられた[27]。10月31日にFAとなった。

マーリンズ時代[編集]

2014年5月19日にマイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[28]

選手としての特徴[編集]

打撃ではリストの強さを持ち味とし、広角に打球を放つ[29]。スイングが大きいため、打席から一塁までのスピードは4.2秒と平均的 [29]

守備では短い腕の振りから送球できる強肩を誇り、特に内野と外野との間に上がったフライに対する反応が速い[29]

年齢詐称[編集]

1976年にドミニカ共和国バニで生まれたとされていたが、実際には1974年生まれであると2008年4月17日に告白した。だますつもりは無かったが、契約を得るための唯一の手段だったと語った[30][31]。また、ESPNの「E:60」において彼の本名はテハダではなくテヘダであると報じられている。 [32]

薬物問題[編集]

2005年8月の下院公聴会においてヒト成長ホルモン(HGH)を購入した事を認めたが、使用は否定した。この証言が偽証だったとして2009年2月10日に起訴され、翌11日には虚偽の証言をした事を認めた。自身の有罪を認めた数時間後にヒューストン・アストロズ本拠地球場であるミニッツ・メイド・パークで記者会見を行い、目に涙を浮かべて謝罪した[33]。3月26日に1年間の保護観察処分と5000ドル(約50万円)の罰金と100時間の社会奉仕活動が科された[34]

2013年8月17日にMLB機構はドーピング検査で今季2度に渡ってアンフェタミンに陽性反応を示したとしてテハダを105試合の出場停止処分に科した事を発表した。テハダはロイヤルズの組織とファンに対して謝罪を表明し、「私は薬による治療が必要な疾患を持っている。治療目的使用のために適用再申請中に薬を使用したが、機構と選手会が共同で行っている薬物禁止プログラムの下では、これは過ちだった」と述べた[35]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 OAK 26 104 99 10 20 3 2 2 33 10 2 0 0 0 2 0 3 22 3 .202 .240 .333 .574
1998 105 407 365 53 85 20 1 11 140 45 5 6 4 3 28 0 7 86 8 .233 .298 .384 .681
1999 159 674 593 93 149 33 4 21 253 84 8 7 9 5 57 3 10 94 11 .251 .325 .427 .751
2000 160 681 607 105 167 32 1 30 291 115 6 0 2 2 66 6 4 102 15 .275 .349 .479 .828
2001 162 683 622 107 166 31 3 31 296 113 11 5 1 4 43 5 13 89 14 .267 .326 .476 .801
2002 162 715 662 108 204 30 0 34 336 131 7 2 0 4 38 3 11 84 21 .308 .354 .508 .861
2003 162 703 636 98 177 42 0 27 300 106 10 0 0 8 53 7 6 65 12 .278 .336 .472 .807
2004 BAL 162 725 653 107 203 40 2 34 349 150 4 1 0 14 48 6 10 73 24 .311 .360 .534 .894
2005 162 704 654 89 199 50 5 26 337 98 5 1 0 3 40 8 7 83 26 .304 .349 .515 .865
2006 162 709 648 99 214 37 0 24 323 100 6 2 0 6 46 10 9 79 28 .330 .379 .498 .878
2007 133 568 514 72 152 19 1 18 227 81 2 1 0 3 41 9 10 55 22 .296 .357 .442 .799
2008 HOU 158 666 632 92 179 38 3 13 262 66 7 7 1 3 24 4 6 72 32 .283 .314 .415 .729
2009 158 673 635 83 199 46 1 14 289 86 5 2 0 8 19 2 11 48 29 .313 .340 .455 .795
2010 BAL 97 428 401 40 108 16 0 7 145 39 0 0 0 3 15 3 9 39 13 .269 .308 .362 .670
SD 59 253 235 31 63 10 0 8 97 32 2 0 1 0 15 0 2 28 3 .268 .317 .413 .730
'10計 156 681 636 71 171 26 0 15 242 71 2 0 1 3 30 3 11 67 16 .269 .312 .381 .692
2011 SF 91 343 322 28 77 16 0 4 105 26 4 4 2 4 12 5 3 35 10 .239 .270 .326 .596
2013 KC 53 167 156 15 45 5 0 3 59 20 1 0 3 1 6 1 1 25 6 .288 .317 .378 .695
通算:16年 2171 9205 8434 1230 2407 468 23 307 3842 1302 85 38 23 71 553 73 122 1079 277 .285 .336 .456 .791
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Miguel Tejada Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月30日閲覧。
  2. ^ a b Miguel Tejada's biography” (英語). JockBio.com. 2008年1月19日閲覧。
  3. ^ 1999 Oakland Athletics Statistics and Roster - Baseball-Reference.com 2008年1月19日閲覧.
  4. ^ a b c d Miguel Tejada from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年12月9日閲覧。
  5. ^ The Ballplayers - Miguel Tejada” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年12月9日閲覧。
  6. ^ Miguel Tejada 2001 Career Highlights” (英語). 2008年4月8日閲覧。
  7. ^ Miguel Tejada 2002 Career Highlights” (英語). 2008年4月8日閲覧。
  8. ^ Baseball Awards Voting for 2002 - Baseball-Reference.com 2008年1月19日閲覧.
  9. ^ Baltimore Orioles Batting Leaders - Baseball-Reference.com 2008年1月19日閲覧.
  10. ^ Miguel Tejada 2005 Career Highlights” (英語). 2008年4月8日閲覧。
  11. ^ 2005 American League Expanded Leaderboards - Baseball-Reference.com 2008年1月19日閲覧.
  12. ^ 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 89項. ISBN 978-4-331-51213-5
  13. ^ Miguel Tejada 2006 Career Highlights” (英語). 2008年4月8日閲覧。
  14. ^ a b Miguel Tejada 2007 Career Highlights” (英語). 2008年4月8日閲覧。
  15. ^ 石山修二 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 ヒューストン・アストロズ/HOU 少年との約束通り、テハダが予告ホームラン」『スラッガー』2008年7月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-7、84項
  16. ^ Miguel Tejada 2008 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年12月9日閲覧。
  17. ^ Miguel Tejada rejoins Orioles”. MLB.com Orioles Press Release (2010年1月26日). 2014年5月20日閲覧。
  18. ^ Padres acquire INF Miguel Tejada along with cash considerations from Baltimore in exchange for RHP Wynn Pelzer”. MLB.com Padres Press Release (2010年7月29日). 2014年5月20日閲覧。
  19. ^ Giants sign infielder Tejada to one-year contract”. MLB.com Giants Press Release (2010年12月2日). 2014年5月20日閲覧。
  20. ^ Giants reinstate Pat Burrell from DL; Purchase contract of Brett Pill from Fresno”. MLB.com Giants Press Release (2011年8月31日). 2014年5月20日閲覧。
  21. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/6945206/giants-release-aaron-rowand-miguel-tejada-dfa Giants release pair of veterans
  22. ^ Brittany Ghiroli, Greg Luca (2012年5月8日). “Orioles option Berken, activate lefty Phillips”. MLB.com. 2014年5月20日閲覧。
  23. ^ Adam Berry (2012年6月25日). “Tejada asks for, gets release from Orioles”. MLB.com. 2014年5月20日閲覧。
  24. ^ http://kansascity.royals.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121231&content_id=40814956&vkey=news_kc&c_id=kc Royals sign Tejada, Endy to Minor League deals
  25. ^ Dick Kaegel (2013年3月31日). “Tejada officially added to roster, Duffy to DL”. MLB.com. 2014年5月20日閲覧。
  26. ^ Royals acquire infielder/outfielder Emilio Bonifacio from Toronto”. MLB.com Royals Press Release (2013年8月14日). 2014年5月20日閲覧。
  27. ^ Kansas city's Tejada suspended”. MLB.com Press Release (2013年8月17日). 2014年5月20日閲覧。
  28. ^ Joey Nowak (2014年5月19日). “Marlins ink veteran Tejada to Minor League deal”. MLB.com. 2014年5月20日閲覧。
  29. ^ a b c スカウティング・レポート『月刊スラッガー』2003年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、26-29頁。
  30. ^ Astros star Tejada reveals he's two years older than listed” (英語). CBSSports.com (2008年4月17日). 2008年4月18日閲覧。
  31. ^ Tejada acknowledges age discrepancy Shortstop is actually two years older than previously believed” (英語). The Official Site of The Houston Astros. 2008年4月18日閲覧。
  32. ^ Why questions about age, name could pose problems for Tejada” (英語). ESPN.com (2008年4月22日). 2014年4月27日閲覧。
  33. ^ MLB star Tejada pleads guilty to lying about steroids” (英語). Taipei Times. 2013年9月23日閲覧。
  34. ^ テハダ、保護観察1年”. 日刊スポーツ. 2013年10月8日閲覧。
  35. ^ Royals’ Miguel Tejada suspended 105 games by MLB for amphetamines”. The Kansas City Star. 2013年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]