アレクセイ・ラミレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクセイ・ラミレス
Alexei Ramírez
シカゴ・ホワイトソックス #10
00063398 Alexei Ramírez.jpg
2009年4月22日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国へ亡命)
出身地 キューバの旗 キューバ
ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ
生年月日 1981年9月22日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてシカゴ・ホワイトソックスと契約
初出場 2008年3月31日 クリーブランド・インディアンス
年俸 $7,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 2004年
WBC 2006年
オリンピック
男子野球
2004 野球

アレクセイ・フェルナンド・ラミレス・ロドリゲスAlexei Fernando Ramírez Rodriguez , 1981年9月22日 - )は、キューバピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBシカゴ・ホワイトソックスに所属。愛称"Cuban Missile"キューバン・ミサイル)。

経歴[編集]

キューバでの活躍と亡命[編集]

キューバでは国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオに所属。2000-2001シーズンから2006-2007シーズンまでの7シーズンで521試合に出場。打率.332・73本塁打・328打点という通算成績を残し、最終シーズンには本塁打王のタイトルを獲得した。

キューバ代表としても実績を残し、2004年アテネオリンピック野球キューバ代表や2006年の第1回WBCキューバ代表にも選ばれた。アテネでは金メダルを獲得、第1回WBCでは9番打者として16打数6安打・打率.375を記録し、キューバ準優勝の一翼を担った。

私生活では、ドミニカ共和国から医学を勉強しにキューバへ留学していた女性と結婚。2007年9月、「妻に会いに行く」として査証を取得したうえでドミニカ共和国へ入国し[2]、そのまま亡命した。キューバでは亡命を防ぐために選手の出国が厳しく制限されており、これまで他国に亡命した選手の中には、いかだで密入国しパスポートを不正に入手したユニエスキー・ベタンコートのように法を犯してまで逃亡する選手もいた[3]。しかしそんな中でラミレスは査証を受給し堂々と、しかもアテネオリンピックで手に入れた金メダルなどの私物を持ってくるほど余裕を持って出国し[4]、亡命を果たした。WBCに出場したのを機にMLBでのプレイを決意したというラミレスに複数の球団が興味を示し[2]、交渉の末、シカゴ・ホワイトソックスと4年475万ドルで契約を結び、入団したことが2008年1月22日に発表された。

シカゴ・ホワイトソックス[編集]

オジー・ギーエン監督によってキューバン・ミサイルと命名され、スプリングトレーニングではフアン・ウリーベ二塁手のレギュラーを争うが、開幕戦には6番・中堅手として先発出場。3・4月は中堅を中心に14試合に出場し、月間打率.121と苦しんだ。さらに5月には、アテネオリンピックの金メダルが盗まれるハプニングに見舞われる[5]。しかし同月中旬からは二塁手に定着し、月間打率も同月は.295、6月は.355と上昇していく。ポジションを維持したままレギュラーシーズンを過ごし、最終的に打率.290・21本塁打・OPS.792まで到達した。満塁の場面で特に勝負強さを発揮し、打率.471・4本塁打を記録。シーズン終了後には、新人王投票でエバン・ロンゴリアに次ぐ2位となった[6]

チームはシーズン終了後、翌2009年の正遊撃手としてラミレスを二塁手からコンバートする意向を早々と決め[7]、2008年にホワイトソックスで正遊撃手を務めたオーランド・カブレラフリーエージェント(FA)となっても引き留めなかった。2年目のシーズンは開幕戦に8番・遊撃手として先発。主に下位打線や2番打者などを担い、長打こそ減ったものの出塁率を前年より上げた。

MLB3年目のシーズンとなる2010年は自己最多の156試合に出場。2009年と同じく遊撃手として出場。打撃面では打率.282・18本塁打・70打点・13盗塁を記録し、自身初のシルバースラッガー賞を受賞。本塁打は15、盗塁は13以上の数字を3年連続でマークした。一方、守備面ではゴールドグラブ賞の有力候補とされていたが、失策数でラミレスを下回るニューヨーク・ヤンキースデレク・ジーターが受賞した[8]。このジーターの受賞に対しては多くのアナリストが疑問を呈した[8]

2011年2月3日に4年総額3250万ドルで契約を延長した[9]。2011年は出場158試合中100試合で2番打者を担った。

2012年は盗塁数こそ自己最多の20を記録したものの、打撃成績は打率.265・9本塁打・OPS.651とMLBデビュー以降では最低の成績に終わった。

2014年は、自身2度目となるオールスターゲームに選出された。また、4年振り2度目となるシルバースラッガー賞を遊撃手部門で受賞した。

プレースタイル[編集]

打撃は早いカウントから積極的に打っていく典型的なフリースインガーであり、ストライクゾーン外の球に対するスイング率では、2008年にブラディミール・ゲレーロに次いで両リーグ2位の42.7%を記録している。その後の3年は32.3%・35.4%・35.5%と低くなっていったが、2012年に5位の41.5%を記録している[10]

遊撃手としてはMLB全体でもトップクラスの守備範囲を誇り、強肩も兼ね備えている。2008年から2012年までの5年間の守備防御点は全遊撃手でユネル・エスコバーに次いで2位の+41、UZRではJ・J・ハーディジミー・ロリンズに次いで3位の+31.4を記録している[11]

人物[編集]

元々は遊撃手であるものの[7]、キューバ国内リーグ最後の2シーズンは中堅手として出場することが多かった。キューバ代表として出場した国際大会ではスーパーサブのような役割が多かったが、2007年のパンアメリカン競技大会ではそれまで二塁を守っていたユリエスキ・グリエル三塁手にコンバートされ、空いている二塁にラミレスが回った。キューバ国内リーグではさほど盗塁数は多くなく成功率も低かったが、アテネオリンピック前に行われた日本代表との壮行試合第2戦では、三浦大輔から四球を選んで出塁し次打者の初球に盗塁を決めてみせる活躍をした[12]

MLBの公式プロフィールで身長6フィート2インチ(約188cm)・体重180ポンド(約81.6kg)となっているように痩身で、MLB1年目のスプリングトレーニングを取材したFOXスポーツ記者のケン・ローゼンタールは「ホワイトソックスの選手としてはマイケル・ジョーダン以来のひょろひょろだ」と表現している[13]。ホワイトソックスに初めて合流した際に、球団のトレーナーやコーチはラミレスの肉体を見て「アルフォンソ・ソリアーノのようだ」と感想を漏らしたという[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

[14]

















































O
P
S
2000-2001 PRI 17 20 19 4 8 1 1 0 11 1 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .421 .450 .579 1.029
2001-2002 64 298 263 60 90 13 5 5 128 40 2 2 5 2 28 1 0 36 6 .342 .403 .487 .889
2002-2003 89 426 385 75 131 25 5 12 202 63 9 8 2 2 32 0 5 51 9 .340 .396 .525 .921
2003-2004 89 411 367 67 113 20 5 11 176 52 7 4 4 4 30 2 6 48 7 .308 .366 .480 .846
2004-2005 84 379 337 56 115 15 2 13 173 50 8 4 1 3 32 9 6 31 7 .341 .405 .513 .918
2005-2006 89 395 337 54 109 18 1 12 165 54 4 5 1 2 48 9 7 23 12 .323 .416 .490 .906
2006-2007 89 403 340 65 114 13 4 20 195 68 6 3 0 1 48 17 14 37 10 .335 .437 .574 1.010
2008 CWS 136 509 480 65 139 22 2 21 228 77 13 9 4 4 18 3 3 61 14 .290 .317 .475 .792
2009 148 606 542 71 150 14 1 15 211 68 14 5 6 8 49 3 1 66 15 .277 .333 .389 .723
2010 156 626 585 83 165 29 2 18 252 70 13 8 7 5 27 2 2 82 12 .282 .313 .431 .744
2011 158 684 614 81 165 31 2 15 245 70 7 5 8 5 51 1 6 84 19 .269 .328 .399 .727
2012 158 621 593 59 157 24 4 9 216 73 20 7 4 4 16 2 4 77 15 .265 .287 .364 .651
2013 158 674 637 68 181 39 2 6 242 48 30 9 4 4 26 2 3 68 17 .284 .313 .380 .693
CNS:7年 521 2332 2048 381 680 105 23 73 1050 328 36 26 13 14 219 38 38 227 52 .332 .404 .513 .917
MLB:6年 914 3720 3251 427 957 159 13 84 1394 406 97 43 33 30 187 13 19 438 92 .277 .315 .404 .719
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

獲得タイトル・表彰[編集]

CNS
MLB

背番号[編集]

  • 10 (2008年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Alexei Ramirez Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年11月8日閲覧。
  2. ^ a b Ramírez agrees to four-year, $8M deal with White Sox” (英語). ESPN.com. 2013年4月4日閲覧。
  3. ^ Identities of smuggled Cubans revealed for first time” (英語). ESPN.com. 2013年4月3日閲覧。
  4. ^ 鉄矢多美子「Field of Dreams」第196幕 亡命キューバ選手の北京五輪”. 日刊スポーツ. 2013年4月3日閲覧。
  5. ^ 鉄矢多美子「Field of Dreams」第206幕 新たな世界一への入口に立ったラミレス”. 日刊スポーツ. 2013年4月3日閲覧。
  6. ^ a b Ramirez finishes second in ROY voting / White Sox second baseman proved slow start no obstacle” (英語). The Official Site of The Chicago White Sox. 2013年4月3日閲覧。
  7. ^ a b Ramirez's big league dream draws near / Cuban eager to show his natural talent at shortstop” (英語). MLB.com. 2013年4月3日閲覧。
  8. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  9. ^ Alexei, White Sox secure four-year extension” (英語). The Official Site of The Chicago White Sox. 2013年4月3日閲覧。
  10. ^ Alexei Ramirez » Statistics » Batting”. Fangraphs Baseball. 2013年4月5日閲覧。
  11. ^ Major League Leaderboards » 2012 » Shortstops » Fielding Statistics” (英語). Fangraphs Basebal. 2013年4月5日閲覧。
  12. ^ アテネ五輪野球日本代表壮行試合 『ENEOS WORLD CHALLENGE』”. 『スポーツナビ』. 2013年4月3日閲覧。
  13. ^ Alexei Ramirez remains man of mystery for ChiSox”. FOX Sports. 2013年4月3日閲覧。
  14. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]