ヤディエル・ペドロソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤディエル・ペドロソ
Yadier Pedroso
Yadier Pedroso 2010 (1).jpg
2010年の世界大学選手権
基本情報
国籍 キューバの旗 キューバ
出身地 ハバナ州グアナハイ
生年月日 1986年6月9日
没年月日 2013年3月16日(満26歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 2008年
WBC 2006年2013年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

ヤディエル・ペドロソ・ゴンザレスYadier Pedroso Gonzalez , 1986年6月9日 - 2013年3月16日)は、キューバ共和国ハバナ州(現:アルテミサ州グアナハイ出身の野球選手投手)。右投げ右打ち。愛称"Pedrosito"ペドロシト)。

父はキューバリーグで通算101勝を挙げた名投手のホセ・マルエル・ペドロソ

経歴[編集]

2004-2005シーズンから2012-2013シーズンまでキューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"に所属していた。

国内リーグにデビューした最初のシーズンに新人王に輝いた。2004年9月に台湾で開催された第21回AAA世界野球選手権大会決勝戦ダルビッシュ有と投げ合って日本の高校選抜を1被安打に抑え、完封して名を上げた。僅か19歳で2006年3月の第1回WBCキューバ代表に選ばれ、日本との決勝戦にも登板した。

2007-2008シーズンは105.1を投げて106奪三振を記録、被安打率を下げ、防御率も2.73にまで改善した。2008-2009シーズンは防御率1.91を記録し、最優秀防御率のタイトルを獲得した。

2008年8月の北京オリンピック野球キューバ代表に選ばれて対オランダ戦に唯一登板し、3回を投げて6被安打・2失点。2009年の第2回WBCの代表選考からは漏れた。

2010年10月の第17回インターコンチネンタルカップリリーフ投手として5.0回・9奪三振・防御率1.80の成績を残し、リリーフ投手のベストナインに輝いた[1]2011年11月の第39回ワールドカップでも10.2回・防御率1.69の活躍でリリーフ投手のベストナインに輝いた[2]

2011-2012シーズンにそれまで所属していたバケーロス・デ・ラ・アバナが消滅し、新チームのカサドレス・デ・アルテミサへ移籍。このシーズンは129.1回・128奪三振を記録し、最多奪三振のタイトルを獲得した。

2012年11月に行われた侍ジャパンマッチ2012の第1戦で先発投手として登板し、3.1回・1失点で敗戦投手となった。この頃から右肩の故障に苦しみ、復帰後も国内リーグで不安定な投球が続いた。

2013年3月の第3回WBCキューバ代表としてリリーフで2試合に登板したものの、第2ラウンド初戦の対オランダ戦でジョナサン・スコープに3点本塁打を打たれるなど、大会防御率5.40と結果を残せなかった。キューバはこの試合に続いて次のオランダ戦にも敗れ、2大会連続で準決勝進出を逃した。大会から帰国後の同月16日午後10時半頃、アルテミサ州の道路で乗っていた車が大型トラックと正面衝突する交通事故を起こし、同乗者2人とともに事故死した[3][4]。26歳没。

プレースタイル[編集]

平均89mph(約143km/h)の速球と落差の大きいフォークボールのコンビネーションで投球回以上の奪三振数を記録する、キューバ国内では数少ない本格派投手だった。デビュー当初は好投している試合でも突如崩れるなど、安定感が課題であったものの、2007-2008シーズン以降は安定度が増し、国内屈指の若手右腕となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

[5]





















































W
H
I
P
2004-2005 HAB 17 17 2 1 -- 11 4 0 -- .733 481 113.0 93 2 50 4 10 90 10 1 35 31 2.47 1.27
2005-2006 18 18 3 1 -- 8 5 0 -- .615 503 116.2 109 9 42 4 4 90 5 0 60 47 3.63 1.29
2006-2007 18 18 0 0 -- 7 7 0 -- .500 439 100.0 104 3 35 5 10 88 4 1 53 41 3.69 1.39
2007-2008 17 16 1 0 -- 8 3 0 -- .727 433 105.1 81 8 35 3 11 106 4 0 37 32 2.73 1.10
2008-2009 16 16 3 1 -- 9 3 0 -- .750 461 113.0 89 4 33 4 3 114 6 0 34 24 1.91 1.08
2009-2010 13 12 0 0 -- 7 3 1 -- .700 326 74.1 73 6 28 2 5 59 3 0 30 27 3.27 1.36
2010-2011 13 13 4 1 -- 7 4 0 -- .636 378 92.0 77 6 30 2 7 73 8 0 38 31 3.03 1.16
2011-2012 ART 20 18 2 0 -- 10 6 1 -- .625 512 129.1 97 9 34 3 6 128 5 0 47 38 2.64 1.01
2012-2013 7 5 0 0 -- 0 2 0 -- .000 140 30.1 33 4 15 3 2 24 5 0 21 19 5.64 1.58
通算:9年 139 133 15 4 -- 67 37 2 -- .644 3673 874.0 756 51 302 30 58 772 50 2 355 290 2.99 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

獲得タイトル・表彰[編集]

CNS
国際大会
  • 第17回インターコンチネンタルカップ・リリーフ投手ベストナイン(2010年)
  • 第39回ワールドカップ・リリーフ投手ベストナイン(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ Intercontinental Cup 2010: Final Standings, Awards, All-Stars” (英語). Mister-Baseball.com. 2013年5月30日閲覧。
  2. ^ The individual awards and the All Star Team of the World Cup” (英語). IBAF.org. 2013年3月28日閲覧。
  3. ^ Muere el pitcher Yadier Pedroso, víctima de un accidente de tránsito” (スペイン語). Diariodecuba.com. 2013年3月17日閲覧。
  4. ^ 帰国直後の悲劇…キューバ代表投手事故死/WBC”. サンケイスポーツ. 2013年3月19日閲覧。
  5. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]