ミチェル・エンリケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミチェル・エンリケス
Michel Enríquez
トロンヘロス・デ・イスラ・デ・ラ・フベントゥ #12
基本情報
国籍 キューバの旗 キューバ
出身地 青年の島ヌエバ・ヘローナ
生年月日 1979年2月11日(35歳)
身長
体重
175[1] cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 2004年2008年
WBC 2006年2009年
オリンピック
男子 野球
2004 野球
2008 野球

ミチェル・エンリケス・タマヨMichel Enríquez Tamayo , 1979年2月11日 - )は、キューバ共和国青年の島ヌエバ・ヘローナ出身の野球選手三塁手)。右投げ右打ち。キューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のトロンヘロス・デ・イスラ・デ・ラ・フベントゥに所属している。

経歴[編集]

金属バット使用最終シーズンとなった1998-1999シーズンに国内リーグのシーズン最多安打記録を更新した。

2001年9月に台湾で開催されたワールドカップでは衰えたオマール・リナレスからキューバ代表の正三塁手の座を実力で奪い取った。

2004年8月のアテネオリンピック野球キューバ代表に選ばれ、正三塁手として全9試合に出場した。

2005年9月の第36回ワールドカップでは打率.500・20打点の好成績を残した。

2006年3月の第1回WBCキューバ代表として8試合に出場したものの、決勝戦の対日本戦で5打数無安打に終わるなど、大会通して打率.194と全くの期待外れに終わった。

国内リーグでは2005-2006シーズンに5年連続の首位打者だったオスマニー・ウルティアを抑え、初の首位打者を獲得した。

2008年8月の北京オリンピック野球キューバ代表として全9試合に出場し、決勝戦の対韓国戦では柳賢振から1点差に迫るソロ本塁打を放った。2009年3月の第2回WBCキューバ代表にも選ばれた。

国内リーグでは2008-2009シーズンに打率.401を記録し、2回目の首位打者を獲得した。

2009年9月の第38回ワールドカップでは対チャイニーズタイペイ戦で手首を直撃する投球を受け、全治2ヶ月の怪我を負った。

2013年6月12日に現役選手ながらメキシカンリーグカンペチェ・パイレーツでの8月までのプレーが許可されたことが明らかになった[2]

外角を右方向に流し打ったりセンター返ししたりする打撃技術が高く、三振も非常に少ない。三塁守備は肩が強い上に反射神経に優れ、打球に対する瞬時の反応を見せている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績(2000-01年以降)[編集]

[3]

















































O
P
S
2000-2001 IJV 84 387 326 83 115 22 0 19 194 72 2 3 0 3 48 6 10 35 12 .353 .447 .595 1.042
2001-2002 89 393 329 71 127 29 1 16 206 58 1 6 1 1 52 12 10 32 16 .386 .482 .626 1.108
2002-2003 50 233 190 42 77 17 1 7 117 36 2 3 0 7 29 4 7 9 12 .405 .485 .616 1.100
2003-2004 66 293 226 48 87 18 0 7 126 43 0 1 0 5 55 13 7 13 7 .385 .509 .558 1.066
2004-2005 85 376 336 66 114 30 2 10 178 56 0 1 0 1 33 10 6 38 15 .339 .407 .530 .936
2005-2006 71 320 255 77 114 26 0 12 176 58 3 2 0 0 57 16 8 14 6 .447 .559 .690 1.250
2006-2007 66 290 239 45 88 19 1 4 121 37 2 3 0 1 46 18 4 12 9 .368 .476 .506 .982
2007-2008 41 186 140 36 57 14 1 8 97 29 1 0 0 2 40 9 4 10 2 .407 .543 .693 1.236
2008-2009 87 400 299 68 120 37 1 12 195 66 3 1 0 3 89 22 9 15 12 .401 .545 .652 1.197
2009-2010 70 308 241 41 76 20 0 7 117 35 3 3 0 1 59 17 7 17 11 .315 .461 .485 .947
2010-2011 88 376 304 67 122 29 0 13 190 52 4 4 0 5 62 18 4 15 17 .401 .501 .625 1.126
2011-2012 16 68 54 7 15 7 0 2 28 13 0 1 0 0 12 1 2 2 5 .278 .426 .519 .945
通算:12年 797 3562 2885 644 1097 261 7 115 1717 542 21 27 1 29 570 145 76 210 119 .380 .490 .595 1.085
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

獲得タイトル・表彰[編集]

CNS
国際大会
  • 第15回インターコンチネンタルカップ三塁手ベストナイン (2002年)
  • 第35回ワールドカップ三塁手ベストナイン (2003年)
  • 第16回インターコンチネンタルカップ三塁手ベストナイン (2006年)

脚注[編集]

  1. ^ Pineros de Isla de la Juventud Roster
  2. ^ Juega Michel Enríquez en la Liga Mexicana de Béisbol” (スペイン語). Cubadebate.cu. 2013年6月17日閲覧。
  3. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

外部リンク[編集]