ピナール・デル・リオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pinar del Río
—  Municipality  —
座標: 北緯22度24分44秒 西経83度40分19秒 / 北緯22.41222度 西経83.67194度 / 22.41222; -83.67194
Country キューバの旗 キューバ
ピナール・デル・リオ州
Founded 1774
面積[1]
 - Municipality 708km2 (273.4mi2)
 - 都市部 70.7km2 (27.3mi2)
標高 60m (197ft)
人口 (2004).[2]
 - Municipality 190,532人
 - 人口密度 269.1人/km² (697人/mi²)
 都市部 152,200人
 - 都市部人口密度 2,152.8人/km² (5,575.7人/mi²)
等時帯 EST (UTC-5)
 - 夏時間 EDT (UTC-4)
市外局番 +53-48
Highways Carretera Central
ウェブサイト Pinar del Río webpage
Tobacco plantation

ピナール・デル・リオ(Pinar del Río)は、キューバの都市。人口190,532人(2004年)。キューバ最西部に位置し、ピナール・デル・リオ州の州都である。この町の住民はPinareñosとよばれる。

ピナール・デル・リオはスペイン人によって設立されたキューバの最後の主要都市の一つであった。この町及び州は、マニラ・ガレオンによって大量に流入してきたフィリピン人の入植地として作られたため、ヌエバ・フィリピーナ(新フィリピンの意)の名で建設された。彼らはこの土地にタマリンドをもたらした。チーノス・マニラとして知られるこの人々は、フィリピンの北イロコス州南イロコス州タルラック州カガヤン州などの出身であり、現在ではタバカレラなどで知られるフィリピンのタバコプランテーションの労働者だった。世界的に有名なLa Flor de Isabela葉巻は当初フィリピンで作られていたが、生産の中心をキューバにシフトさせ、これによってピナール・デル・リオは世界有数のタバコ産地となった。1774年にヌエバ・フィリピーナはピナール・デル・リオと改称された。

ピナール・デル・リオはタバコ農園地帯の中心に位置しており、多くのタバコ工場がある、タバコの町である。この町は特に葉巻によって知られている。ピナール・デル・リオ大学がある。

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Statoids (2003年7月). “Municipios of Cuba”. 2007年10月7日閲覧。
  2. ^ Atenas.cu (2004年). “2004 Population trends, by Province and Municipality”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月7日閲覧。 (スペイン語)
  3. ^ Guerrillero"Yarelis Barrios: Bronce con sabor dorado en Moscú"(スペイン語、2013年9月13日閲覧。)

外部リンク[編集]