ユリエスキ・グリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリエスキ・グリエル
Yuliesky Gourriel
横浜DeNAベイスターズ #10
20140713 Yulieski Gourriel Castillo , infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Meiji Jingu Stadium.JPG
 2014年7月13日 明治神宮野球場にて
基本情報
国籍 キューバの旗 キューバ
出身地 サンクティ・スピリトゥス州サンクティ・スピリトゥス
生年月日 1984年6月9日(30歳)
身長
体重
183 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
初出場 NPB / 2014年6月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
五輪 2004年2008年
WBC 2006年2009年2013年
オリンピック
野球
2004 野球
2008 野球
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 2009年WBCの対日本戦(2回目)
イチローの犠打を失敗させたダイビングキャッチ(MLB.comによる動画)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 2013年WBCの対オランダ戦(1回目)
レオン・ボイドから放った本塁打
(MLB.comによる動画)

ユリエスキ・グリエル・カスティーヨYulieski Gourriel Castillo , 1984年6月9日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するキューバ共和国サンクティ・スピリトゥス州サンクティ・スピリトゥス出身のプロ野球選手内野手)。右投げ右打ちで、ニックネームは「ユリー」。

「キューバ野球史上最高の5ツールプレーヤー」「キューバの国民的至宝」と称されるほど、ミート、パワー、走塁、肩、守備のいずれにおいても高い能力を発揮できる天才型の選手。キューバ国内では、日本国内におけるイチローや、アメリカ国内におけるデレク・ジーターのような「スーパースター」と目されている[1]

経歴[編集]

キューバ時代[編集]

17歳であった2001年に、ガジョス・デ・サンクティ・スピリトゥスの選手として、キューバの国内リーグ(セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル)にデビュー。2005-2006シーズンには本塁打打点の二冠王を獲得したほか、当時国内リーグ史上初の20本塁打・20盗塁を達成した[2]。2006-2007シーズンは本塁打数が半減してしまったが、これはこのシーズンから公式戦で使用されるボールが、ミズノ製のものから自国製のもの(いわゆる「飛ばないボール」)へ変更され、リーグ全体の打撃成績が低くなった影響と見られる[3]

2013年WBCにおけるグリエル

国際大会では2004年アテネオリンピックをはじめ、2003年・2005年ワールドカップなどの国際大会でのキューバ代表の優勝に貢献。特に2005年のワールドカップでは8本塁打を記録し、他の選手を圧倒した。第1回WBCには二塁手として出場し、打率.273・出塁率.342・長打率.515の成績で大会ベストナインに選ばれた。

2006年7月末には「コロンビアで開催されている国際大会に遠征中、エドゥアルド・パレとともに亡命した」とESPNのウェブサイトで報じられ[4]ニューヨーク・ヤンキースが獲得に興味との噂が出たが、その後本人が否定した[5]

2008年北京オリンピックの決勝戦では1点ビハインドの9回に1アウト満塁のチャンスで併殺打を打ち、キューバは韓国に敗北、銀メダルに終わった。2012年7月に開催された第26回ハーレムベースボールウィークでは出塁率.500を記録、MVPに選ばれた。

2013年第3回WBCでは、オランダとの決勝ラウンド進出決定戦でエラーをするなど、大会打率.280の不振で終えた。チームはオランダに敗れ、決勝ラウンド進出を逃した。また、国内リーグでは、所属チームをサンクティ・スピリトゥスからレオネス・デ・インダストリアレスに変更している。

2014年2月4日には、MLB.comの取材に対して、「12年間キューバでプレーしてきたが、今は国外でプレーしたい」との意向を示した[6]

DeNA時代[編集]

2014年5月13日に、NPB横浜DeNAベイスターズが、グリエルの入団を発表した[7]。前年末にDeNAの球団社長の池田純がキューバを視察した際に、同国の球界関係者から「優秀な選手を日本に出したい」という意向を明かされたことを背景に、国外でのプレーを望むグリエルの獲得交渉に着手したという[8]

5月31日に来日[9]6月2日に入団記者会見を行い、日本球界へ挑戦する理由に「キューバで長年プレーを続けているうちに、相手投手の配球を読むことの難しさが薄れてきたこと」を挙げたうえで、「横浜DeNAを初めてのクライマックスシリーズ進出に必ず導きます。信じて下さい」と述べている[10]6月3日からは、実戦での調整を目的に、2日続けてイースタン・リーグ埼玉西武ライオンズ戦で先発出場。3番指名打者で出場した3日の試合で、4回裏の第2打席で中崎雄太から来日初本塁打を放った[11]6月6日に来日後初の一軍出場登録[12]6月8日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(横浜スタジアム)に3番三塁手で一軍初出場、3回裏の第2打席で初安打を放ち、3打席連続安打で猛打賞を記録した[13]6月11オリックスバファローズ戦(京セラドーム大阪)では、6回表の第3打席で適時打を放って一軍初打点を挙げると、8回表の第4打席で佐藤達也からバックスクリーン左へ一軍初本塁打を記録した[14]

プレースタイル[編集]

バッティングフォーム

5ツールプレーヤーにして、選球眼の高さが持ち味の万能型選手。00年代のキューバ野球界で最高の選手とみなされており、国民的英雄オマール・リナレスの背番号10を継承。メジャーリーグベースボールのスカウトからは「もしドラフトで指名されるならば1巡目だ」と評価されている[15]

打球のほとんどが左方向に飛ぶプルヒッター[16]

国内リーグでは三塁手としてプレー。代表では当初は二塁手だったが、2008年頃からは代表でも主に三塁を守っている。石川雄洋がもっぱら二塁を守ってきたDeNAへの入団が決まった際には、 遊撃手としての起用も想定[17]。入団当初に出場したセ・パ交流戦では、指名打者を採用しなかったパ・リーグ球団主催試合で、石川に遊撃や外野を守らせることを条件に二塁手として起用されていた[18]。一塁を守っていた主砲のトニ・ブランコが故障で戦線を離れた交流戦の後半(6月中旬)からは、レギュラー三塁手のアーロム・バルディリスを一塁や代打に起用する一方で、もっぱら三塁手として出場している。

人物・家族[編集]

日本食が苦手。2013年WBCへの出場で来日した際には、2週間で5kgも体重が落ちたという[19]。また、トマト以外の野菜も食べられないことから、DeNAではグリエルのためにキューバ風の献立を特別に用意している[20]

DeNA入団後の2014年7月7日には、沖縄県に台風8号が接近する状況での飛行機移動に対する不安を理由に、読売ジャイアンツとの2連戦(沖縄セルラースタジアム那覇)に向けた遠征への参加を見合わせた。その後に病院で検査を受けたところ、飛行機恐怖症と診断された[21]。このように繊細な一面を見せる一方で、試合出場に向けたコンディション調整を最大限に重視しながら、持ち前の真摯な姿勢で日本の環境に適応しようと努めている。

実父のルルデス・グリエルは、バルセロナオリンピック1992年)で金メダルを獲得するなど、10年以上にわたってキューバ代表チームでプレー[8]1996年からは、当時活動していた阿部企業の硬式野球部(兵庫県神戸市)へ加入したことを皮切りに、アマチュアの選手として日本の社会人野球でも活躍した。いすゞ自動車硬式野球部神奈川県藤沢市2002年から活動休止中)へ移籍した1998年には、第69回都市対抗野球大会に「4番・指名打者」として出場すると、1本塁打を放つなどの活躍でチームを5年振り4度目のベスト8へ導いている[22]。現役を退いてからは、ニカラグアの野球チームや、グリエルがかつて所属していたサンクティ・スピリトゥスの監督を歴任。社会人野球でのプレー経験を通じて、日本の野球事情やプレースタイルを熟知していることを背景に、息子・ユリエスキのDeNA入団を後押ししたとされる[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001-2002 SSP 87 376 353 59 106 26 5 7 163 50 7 6 4 6 8 1 5 33 3 .300 .320 .462 .781
2002-2003 90 385 333 57 97 20 4 16 173 65 12 3 0 3 45 7 4 41 5 .291 .379 .520 .899
2003-2004 55 241 215 49 77 14 7 9 132 42 7 3 0 2 19 0 5 25 4 .358 .419 .614 1.033
2004-2005 89 411 370 80 126 16 7 23 225 86 11 1 0 6 29 5 6 47 10 .341 .392 .608 1.000
2005-2006 90 413 349 89 114 19 11 27 236 92 21 4 0 6 51 11 7 30 3 .327 .416 .676 1.093
2006-2007 88 410 348 65 120 28 0 13 187 46 12 5 0 1 50 13 11 23 13 .345 .441 .537 .979
2007-2008 79 359 295 68 89 14 1 22 171 71 3 0 0 7 48 11 9 20 15 .302 .407 .580 .986
2008-2009 84 381 328 77 131 22 7 22 233 90 11 5 0 4 48 12 1 23 14 .399 .472 .710 1.183
2009-2010 89 407 344 90 125 17 2 30 236 105 5 4 0 3 54 12 6 29 11 .363 .455 .686 1.141
2010-2011 87 390 327 74 111 21 2 20 196 81 3 0 0 4 48 9 11 17 12 .339 .436 .599 1.035
2011-2012 89 396 321 58 104 18 0 22 188 85 14 4 0 7 61 19 7 34 10 .324 .434 .586 1.020
2012-2013 79 333 280 51 91 18 3 8 139 52 8 5 0 3 44 13 6 20 5 .325 .423 .496 .920
2013-2014 IND 81 361 297 63 93 21 3 16 168 69 10 8 1 3 54 12 6 31 7 .313 .425 .566 .991
通算:13年  1087 4863 4160 880 1384 254 52 235 2447 934 124 48 5 55 559 125 84 373 112 .333 .417 .588 1.005
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • キューバで通常用いられる個人通算成績はプレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 10 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ DeNA、キューバ代表グリエル獲得発表”. 日刊スポーツ (2014年5月31日). 2014年6月4日閲覧。
  2. ^ キューバシリーズ 2005-2006 ペナントレースの終了、並びにプレーオフ開始、及び個人タイトルについて」 『日本野球連盟』、2006年4月26日。2007年7月29日閲覧。
  3. ^ 第46回キューバリーグ(06-07シーズン) プレーオフ」 『日本野球連盟』、2007年3月26日。2007年7月29日閲覧。
  4. ^ ESPN.com news services, "Report: Cuban baseball players defect in Colombia," ESPN.com, July 28, 2006. 2007年7月29日閲覧。
  5. ^ Enrique Rojas, "Cuban star Gourriel has no interest in deserting," ESPN.com, August 2, 2006. 2007年7月29日閲覧。
  6. ^ Jesse Sanchez (2014年2月4日). “Gourriel eyes baseball career outside of native Cuba”. MLB.com. 2014年2月5日閲覧。
  7. ^ 選手獲得のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2014年5月13日). 2014年5月13日閲覧。
  8. ^ a b 鉄村和之(日本経済新聞編集委員)『なぜDeNAに? キューバからグリエル獲得の舞台裏』 日本経済新聞 電子版 (2014年6月4日 7:00配信)
  9. ^ DeNAのグリエルが青いシャツ着て来日”. 日刊スポーツ (2014年5月31日). 2014年6月4日閲覧。
  10. ^ グリエル DeNA入団記者会見で抱負「全てを出す」”. スポーツニッポン (2014年6月2日). 2014年6月4日閲覧。
  11. ^ グリエル 初実戦で本塁打 中畑監督「かっこいいね。あの一振りで十分」”. スポーツニッポン (2014年6月3日). 2014年6月4日閲覧。
  12. ^ DeNAがグリエルを1軍登録”. 日刊スポーツ (2014年6月6日). 2014年6月6日閲覧。
  13. ^ DeNAグリエル 猛打賞デビュー/詳細”. 日刊スポーツ (2014年6月8日). 2014年6月8日閲覧。
  14. ^ DeNAグリエル来日初打点&1発も出た”. 日刊スポーツ (2014年6月11日). 2014年6月11日閲覧。
  15. ^ John Manuel, "World Baseball Classic: Cuba's Yuliesky Gourriel," Baseball America, March 2, 2006. 2007年7月29日閲覧。
  16. ^ 野球小僧 世界野球選手名鑑2008』 白夜書房2008年、205頁。ISBN 978-4-86191-374-7
  17. ^ a b DeNAグリエル 父子鷹だ!サポート役の父は日本でプレー経験あり”. スポーツニッポン (2014年5月31日). 2014年5月31日閲覧。
  18. ^ グリエルを二塁で起用なら石川を左翼にコンバートも”. スポーツニッポン (2014年6月2日). 2014年6月4日閲覧。
  19. ^ DeNA・グリエル 日本行き課題は“投手への対応と日本食” - スポーツニッポン・2014年5月31日
  20. ^ 【DeNA】グリエル、猛打デビュー!打球も足も送球も速すぎ!キヨシも脱帽”. スポーツニッポン (2014年6月8日). 2014年6月8日閲覧。
  21. ^ グリエル 飛行機移動拒否!沖縄2連戦欠場 高田GM「説得したけど…」”. スポーツニッポン (2014年7月7日). 2014年7月8日閲覧。
  22. ^ グリエル父は阿部企業といすゞ自動車でプレー 都市対抗で一発も”. スポーツニッポン (2014年5月31日). 2014年5月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]