フランク・トーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・トーマス
Frank Thomas
Frank Thomas 1997 CROP.jpg
シカゴ・ホワイトソックス時代(1997年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州コロンバス
生年月日 1968年5月27日(46歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
275 lb =約124.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手指名打者
プロ入り 1989年 1巡目(全体7位)
初出場 1990年8月12日
最終出場 2008年8月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2014年
得票率 83.7%
選出方法 BBWAA選出


フランク・エドワード・トーマスFrank Edward Thomas, 1968年5月27日 - ) は、MLBの元選手。アメリカ合衆国ジョージア州コロンバス出身。ニックネームは「Big Hurt」 。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代からアメリカンフットボールと野球の注目選手だったトーマスは、フットボールの名門校であるオーバーン大学にスポーツ奨学生として進学。フットボールをプレーしたのは1年足らずでその後は野球に専念することとなる。1989年にはサウスイースタン・カンファレンスの最優秀選手に選出され、大学時代の通算49本塁打は学校新記録となった[1]

シカゴ・ホワイトソックス時代[編集]

1989年のMLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスから1巡目(全体7位)に指名を受け入団。1990年はAA級バーミングハム・バロンズで109試合に出場し、打率.323・18本塁打・71打点を記録し、ベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞。8月2日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビュー。打率.330・7本塁打・31打点・出塁率.454の好成績で、メジャーとマイナーで合計156四球を記録した。

1991年は打率.318・32本塁打・109打点を記録し、シルバースラッガー賞を初受賞。9月28日シアトル・マリナーズ戦でルー・ブルーのシーズン最多四球の球団記録127を60年ぶりに更新し、最終的に138まで伸ばした[2]1992年は打率.323・24本塁打・115打点、球団記録となるリーグ最多の46二塁打を記録[3]。四球はリーグ最多の122で、球団史上初めて2年連続100四球を記録した[4]

1993年は初めてオールスターゲームに選出された。打率.317、球団記録となる41本塁打[1]・128打点を記録し、チームの10年ぶりの地区優勝に大きく貢献。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.353、両チーム最多の10四球を記録するが、2勝4敗で敗退しリーグ優勝はならなかった。オフにMVPを満票で受賞した[5]1994年は開幕から本塁打を量産。前半戦だけで32本塁打を記録し、オールスターゲームに2年連続で選出され、初の先発出場を果たした。8月7日には球団史上最速で100打点に到達した[6]ストライキの為シーズンが打ち切られたが、打率.353(リーグ3位)・38本塁打(リーグ2位)・101打点(リーグ3位タイ)と三冠王も狙える大活躍。また両リーグ最多の109四球・OPS1.217を記録した。MVPの投票でも2位以下を大きく引き離し、2年連続で受賞した。アメリカンリーグで2年連続のMVP受賞は1960年1961年ロジャー・マリス以来だった[6]

ストライキ明けの1995年は3年連続でオールスターゲームに選出され、前年に続いて先発出場し4回に本塁打を放った。2年連続で全試合出場を果たし、40本塁打・111打点を記録した。1996年7月11日に左足の疲労骨折で自身初の故障者リスト入りし、連続試合出場が346で途切れたが[1]アレックス・ロドリゲスに次ぐリーグ2位の打率.349・40本塁打・134打点を記録。1997年は打率.347で自身初の首位打者を獲得。35本塁打・125打点を記録し、7年連続で打率3割・20本塁打・100打点・100得点・100四球を達成し、テッド・ウィリアムズ1941年から1949年にかけて(兵役による3年間の中断を挟む)マークした6年連続のMLB記録を更新した[1]1998年は29本塁打・109得点・109打点・110四球を記録したが、打率が.265と自己最低に終わった。プライベートでは離婚もあった。

1999年は打率こそ.305だったが、怪我と不調で15本塁打・77打点に終わり、デビュー年以来9年ぶりに20本塁打・100打点を下回った。4月17日に通算1,000四球、6月6日に通算1,000打点、6月24日に通算1,500本安打、8月7日に通算300本塁打を達成するなど次々に大台をクリアした[7]2000年7月14日ルーク・アップリングの通算1116打点の球団記録を50年ぶりに更新[8]。打率.328、共にキャリアハイの43本塁打・143打点を記録し、7年ぶりの地区優勝の原動力となった。マリナーズとのディヴィジョンシリーズでは無安打に終わり、チームも3連敗で敗退した。MVPの投票ではジェイソン・ジアンビに次ぐ2位に入り[8]カムバック賞を受賞した。

2001年は怪我で4月27日を最後にシーズンを終え、キャリアワーストの成績に終わる。以後度重なる故障に悩まされるようになり、打率の面で衰えが目立つようになった。2003年7月25日タンパベイ・デビルレイズ戦で史上36人目となる通算400本塁打を記録。8月には自己最多、球団史上2位タイとなる月間13本塁打を放ち、4日には通算2000本安打を達成した[9]。打率は.267だったが、リーグ2位タイの42本塁打・105打点、3年ぶりの100四球を記録した。2005年は足首の故障のため出遅れ、5月30日にシーズン初出場。しかし7月21日に故障者リスト入りしてシーズンを終え、打率.219・12本塁打・26打点に終わる。チームは46年ぶりのリーグ優勝を果たし、ヒューストン・アストロズとのワールドシリーズを4連勝で制して88年ぶりに世界一の栄冠を手にしたが、自身は1試合も出場できなかった。オフに球団は1000万ドルのオプションを破棄して350万ドルの違約金を払い、契約延長しないことを決め[10]、16年間在籍したホワイトソックスを離れることになった。

オークランド・アスレチックス時代[編集]

アスレチックス時代(2006年)

2006年1月31日に1年50万ドルでオークランド・アスレティックスと契約[11]。2005年終了時の通算出塁率.427は歴代13位(3000打席以上)で、出塁率を重視するアスレチックスにとって理想的な打者だった[10]。トーマスは「もっと条件のいいチームはあったが、金ではなく、チャンスを与えてくれたアスレチックスに決めた」と語っている[10]。9月に球団新記録の6試合連続本塁打を含む10本塁打・31打点を記録[10]。打率.270、共にチームトップの39本塁打・114打点を記録し[12]、チームの3年ぶりの地区優勝に貢献。ミネソタ・ツインズとのディヴィジョンシリーズでは、第1戦でポストシーズン史上最年長で1試合2本塁打を記録するなど[13]打率.500をマークし、チームも3連勝でツインズを下した。デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは13打数無安打に終わり、チームも4連敗で敗退し、自身初のワールドシリーズ出場はならなかった。オフにフリーエージェントとなり、11月18日にブルージェイズと2年総額1,800万ドル(3年目はオプション)で契約した[14]

トロント・ブルージェイズ時代[編集]

2007年トロイ・グロースバーノン・ウェルズといった強打者と共に強力クリーンナップを形成した。6月17日エドガー・マルティネスの指名打者としての本塁打243を抜いて歴代1位となった[15]6月28日には史上21人目となる通算500本塁打を達成[15]。不振が続いた打撃陣の中で2001年以降最多の155試合に出場し、26本塁打・95打点は共にチームトップだった[16]

2008年は打率.167・3本塁打・11打点と不振のため、4月20日に解雇される[17]

オークランド・アスレチックス復帰[編集]

2008年4月24日にアスレチックスと契約し、2年ぶりに復帰[18][19]8月29日の試合で負傷すると翌日60日間の故障者リストに入り、シーズン通算で打率.240・8本塁打・30打点に終わった。10月31日にフリーエージェントとなった。

引退後[編集]

2010年2月12日、正式に引退を表明。8月29日に"フランク・トーマス・デー"が催され、背番号35』がホワイトソックスの永久欠番に指定された[20]アメリカ野球殿堂入りする資格を得た2014年1月8日に、83.7%の得票率で殿堂入りを果たした[21]。現在はFOXスポーツで全米ネットの解説者として活動している。

来日歴[編集]

現役時代に日米野球に参加したことはなかったが、2013年と2014年夏に『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』の「リアル野球BAN」に出演するために来日。江戸川区出身、板橋区立成増ケ丘小学校卒業、石橋貴明帝京高校後輩の「藤増君」という設定で参加。2013年の成績は6打数1安打打率.167。2014年夏では8回裏に東京ドーム左翼席にサヨナラ本塁打を放つ。2014年の成績は7打数1安打1四球2打点打率.143。通算打率は13打数2安打2打点打率.154。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 CWS 60 240 191 39 63 11 3 7 101 31 0 1 0 3 44 0 2 54 5 .330 .454 .529 .983
1991 158 700 559 104 178 31 2 32 309 109 1 2 0 2 138 13 1 112 20 .318 .453 .553 1.006
1992 160 711 573 108 185 46 2 24 307 115 6 3 0 11 122 6 5 88 19 .323 .439 .536 .975
1993 153 676 549 106 174 36 0 41 333 128 4 2 0 13 112 23 2 54 10 .317 .426 .607 1.033
1994 113 517 399 106 141 34 1 38 291 101 2 3 0 7 109 12 2 61 15 .353 .487 .729 1.217
1995 145 647 493 102 152 27 0 40 299 111 3 2 0 12 136 29 6 74 14 .308 .454 .606 1.060
1996 141 649 527 110 184 26 0 40 330 134 1 1 0 8 109 26 5 70 25 .349 .459 .626 1.085
1997 146 649 530 110 184 35 0 35 324 125 1 1 0 7 109 9 3 69 15 .347 .456 .611 1.067
1998 160 712 585 109 155 35 2 29 281 109 7 0 0 11 110 2 6 93 14 .265 .381 .480 .861
1999 135 590 486 74 148 36 0 15 229 77 3 3 0 8 87 13 9 66 14 .305 .414 .471 .885
2000 159 707 582 115 191 44 0 43 364 143 1 3 0 8 112 18 5 94 13 .328 .436 .625 1.061
2001 20 79 68 8 15 3 0 4 30 10 0 0 0 1 10 2 0 12 0 .221 .316 .441 .757
2002 148 628 523 77 132 29 1 28 247 92 3 0 0 10 88 2 7 115 10 .252 .361 .472 .833
2003 153 662 546 87 146 35 0 42 307 105 0 2 0 4 100 4 12 115 11 .267 .390 .562 .952
2004 74 311 240 53 65 16 0 18 135 49 0 0 0 1 64 3 6 57 2 .271 .434 .563 .997
2005 34 124 105 19 23 3 0 12 62 26 0 0 0 3 16 0 0 31 2 .219 .315 .590 .905
2006 OAK 137 559 466 77 126 11 0 39 254 114 0 0 0 6 81 3 6 81 13 .270 .381 .545 .926
2007 TOR 155 624 531 63 147 30 0 26 255 95 0 0 0 5 81 3 7 94 14 .277 .377 .480 .857
2008 16 72 60 7 10 1 0 3 20 11 0 0 0 0 11 0 1 13 3 .167 .306 .333 .639
OAK 55 217 186 20 49 6 1 5 72 19 0 0 0 1 28 0 2 44 6 .263 .364 .387 .751
'08計 71 289 246 27 59 7 1 8 92 30 0 0 0 1 39 0 3 57 9 .240 .349 .374 .723
通算:19年 2322 10074 8199 1494 2468 495 12 521 4550 1704 32 23 0 121 1667 168 87 1397 225 .301 .419 .555 .974
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d The Ballplayers - Frank Thomas” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年1月9日閲覧。
  2. ^ Frank Thomas 1991 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  3. ^ Chicago White Sox Batting Leaders - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月18日閲覧。
  4. ^ Frank Thomas 1992 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  5. ^ Baseball Awards Voting for 1993” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年1月9日閲覧。
  6. ^ a b Frank Thomas 1994 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  7. ^ Frank Thomas 1999 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  8. ^ a b Frank Thomas 2000 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  9. ^ Frank Thomas 2001 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  10. ^ a b c d 三尾圭「Frank Thomas STILLALIVE カムバック。フランク・トーマスOAK #35」『月刊スラッガー』2006年12月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-12、44 - 47項。
  11. ^ Frank Thomas from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年1月9日閲覧。
  12. ^ 2006 Oakland Athletics Statistics and Roster - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月18日閲覧。
  13. ^ Frank Thomas 2006 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  14. ^ Big signing: Jays ink Thomas Two-year contract includes option for 2009 season” (英語). 2008年1月18日閲覧。
  15. ^ a b Frank Thomas 2007 Career Highlights” (英語). 2008年4月4日閲覧。
  16. ^ 2007 Toronto Blue Jays Statistics and Roster - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年1月18日閲覧。
  17. ^ Jays, Thomas mutually part ways” (英語). MLB.com (2008年4月20日). 2008年4月21日閲覧。
  18. ^ Thomas returns to Oakland Designated hitter signs with A's, for whom he played in '06” (英語). The Official Site of The Oakland Athletics. 2008年4月25日閲覧。
  19. ^ A's agree to terms with DH Frank Thomas OF Travis Buck placed on 15-day disabled list; 3B Eric Chavez transferred to 60-day DL” (英語). The Official Site of The Oakland Athletics. 2008年4月25日閲覧。
  20. ^ Winston, Lisa (2010年2月12日). “White Sox to retire Big Hurt's No. 35” (英語). MLB.com. 2010年2月26日閲覧。
  21. ^ Scott Merkin (2014年1月8日). “Hurt's so good: Thomas elected to Hall of Fame”. MLB.com. 2014年1月11日閲覧。

外部リンク[編集]