ティム・サーモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティム・サーモン
Tim Salmon
Tim Salmon Afghanistan crop.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日 1968年8月24日(46歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 右翼手
プロ入り 1989年 ドラフト3巡目
初出場 1992年8月21日
最終出場 2006年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ティム・サーモンTimothy James "Tim" Salmon , 1968年8月24日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した野球選手。 外野手(主に右翼手)及び指名打者。右投右打。 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身。 ニックネームは「ミスターエンゼル(Mr.Angel)」、「King Fish」(鮭 (Salmon) に由来)。

人物・来歴[編集]

1986年トロント・ブルージェイズからドラフト18巡目に指名されるが、入団を拒否。その後、1989年に地元・カリフォルニア・エンゼルスから3巡目に指名を受け入団するが、後にサーモンは当時を振り返って「1巡目指名してくれると思っていたのでショックだった」と語っている。

1992年に「ベースボール・アメリカ」誌、スポーティング・ニューズ紙がそれぞれ選出するマイナーリーグMVPに選出され、同年8月21日にメジャーデビュー。 以後、2006年シーズンを最後に現役を引退するまで15シーズンをエンゼルス一筋で活躍する。 (フランチャイズに変更はないが、1997年に「アナハイム・エンゼルス」、2005年に現在の「ロサンゼルス・エンゼルス(・オブ・アナハイム)」と球団名が変わっている。ここでは便宜上「エンゼルス」で通す。)

初のフルシーズンとなった1993年には142試合に出場し、打率.283、本塁打31、打点95の活躍でエンゼルス球団史上初の新人王に選ばれた。 その後も、選球眼の良い強打者として活躍。 1994年から1995年のMLBストライキで開幕が遅れ、144試合で行われた1995年には143試合に出場し、打率.330、34本塁打(自己最多タイ)、105打点をあげる。 1997年にも打率.296、33本塁打、129打点(自己最多)の活躍。 2000年の打率.290、34本塁打、97打点を境に下降線をたどるが、2002年には打率.286、22本塁打、88打点の活躍で球団史上初のワールドシリーズ進出。特に、ワールドシリーズ第2戦では、2回に2ラン本塁打、8回に決勝2ラン本塁打を放つなど、球団史上初となる世界一に貢献。そして、この年、カムバック賞を受賞した。

2004年には故障で60試合の出場に終わり、さらに2005年は左ヒザと右肩の手術で1シーズンを棒に振った。 2006年はマイナー契約から這い上がり、開幕ロースター入りを果たす。最終的に76試合に出場し、打率.265、9本塁打、27打点を残し、この年限りで現役を引退した。ちなみに、シーズン最終戦では、本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムにサーモンの名前とジャージが掲げられた。背番号15」は、現時点で正式な永久欠番となってはいないが、準永久欠番扱いとなっている。

2006年終了時点で通算299本塁打、得点983、四球965、長打率.499はいずれもエンゼルスの球団記録で、打点1,012もギャレット・アンダーソンに次ぐ史上2位と、1960年に誕生したエンゼルスの球団史上最強の打者の一人である。守備においても強肩で補殺が多く、1997年の15補殺を筆頭に通算で100補殺を記録している。

しかしオールスターには一度も選出されなかった。通算299本塁打は、第1回オールスターの行われた1933年以降にプレーした選手のうち、オールスター非選出選手としては史上2位の記録である。ただし、1位のロジャース・ホーンスビー(通算301本塁打)は、1933年時点ですでに37歳の監督兼任選手で、1933年以降、現役選手を引退する1937年までの間に5本塁打しか記録しておらず、サーモンの記録は実質的にオールスター非選出選手としての最多本塁打記録だといえる。

女優のホリー・ハンターはいとこにあたる。

受賞歴・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 CAL
ANA
LAA
23 92 79 8 14 1 0 2 21 6 1 1 0 1 11 1 1 23 1 .177 .283 .266 .549
1993 142 610 515 93 146 35 1 31 276 95 5 6 0 8 82 5 5 135 6 .283 .382 .536 .918
1994 100 435 373 67 107 18 2 23 198 70 1 3 0 3 54 2 5 102 3 .287 .382 .531 .913
1995 143 638 537 111 177 34 3 34 319 105 5 5 0 4 91 2 6 111 9 .330 .429 .594 1.023
1996 156 681 581 90 166 27 4 30 291 98 4 2 0 3 93 7 4 125 8 .286 .386 .501 .887
1997 157 695 582 95 172 28 1 33 301 129 9 12 0 11 95 5 7 142 7 .296 .394 .517 .911
1998 136 566 463 84 139 28 1 26 247 88 0 1 0 10 90 5 3 100 4 .300 .410 .533 .943
1999 98 422 353 60 94 24 2 17 173 69 4 1 0 6 63 2 0 82 7 .266 .372 .490 .862
2000 158 680 568 108 165 36 2 34 307 97 0 2 0 2 104 5 6 139 14 .290 .404 .540 .944
2001 137 581 475 63 108 21 1 17 182 49 9 3 0 2 96 4 8 121 11 .227 .365 .383 .748
2002 138 568 483 84 138 37 1 22 243 88 6 3 0 7 71 3 7 102 6 .286 .380 .503 .883
2003 148 621 528 78 145 35 4 19 245 72 3 1 0 6 77 3 10 93 12 .275 .374 .464 .838
2004 60 206 186 15 47 7 0 2 60 23 1 0 0 4 14 0 2 41 2 .253 .306 .323 .629
2006 76 244 211 30 56 8 2 9 95 27 0 2 0 1 29 1 3 44 8 .265 .361 .450 .811
通算:14年 1672 7039 5934 986 1674 339 24 299 2958 1016 48 42 0 68 970 45 67 1360 98 .282 .385 .498 .883
  • CAL(カリフォルニア・エンゼルス)は、1997年にANA(アナハイム・エンゼルス)に、2005年にLAA(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)に球団名を変更

外部リンク[編集]