フランシスコ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・ロドリゲス
Francisco Rodríguez
フリーエージェント(FA)
Francisco Rodríguez, 2011NLCS.jpg
ブルワーズ時代
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラカス
生年月日 1982年1月7日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 アマチュア・フリーエージェントとしてアナハイム・エンゼルスと契約
初出場 2002年9月18日 オークランド・アスレチックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2006年2009年2013年

フランシスコ・ホセ・ロドリゲス(Francisco José Rodríguez, 1982年1月7日 - )は、ベネズエラカラカス出身のプロ野球選手投手、右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

2008年にシーズン最多セーブ記録を更新した、MLBを代表する抑え投手の一人[1]三振を表すアルファベットの "K" と姓を組み合わせた "K-Rod" という愛称を持つ。

経歴[編集]

アマチュア、マイナー時代[編集]

1982年にベネズエラで生まれるが、生後2か月で両親に捨てられ、近くに住む祖父母らの手で育てられる。母親の元を何度訪ねてもすぐに追い返され、父親にも気にかけてもらえなかった[2]。7歳のころに地元のグラシアーノ・ラベロ野球教室で投手を始めるが[3]、7ドルの月謝を払うことができなかったためコーチに代わりに払ってもらっていた[4][5]。当時の憧れの選手はウーゲット・ウービナで、「彼のすべてが好きだった。マウンド上での積極性、仕事に臨む姿勢、アドレナリンが湧き出ているのが遠くから見ていてもわかる」と語っている[6]

14-15歳のころに球速90mph(約144.8km/h)を計測するなど頭角を現し、16歳になってメジャー球団との契約が解禁されると10以上の球団が獲得に乗り出した[5]1998年9月、契約金90万ドルでアナハイム・エンゼルス(現ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)と契約[5]。ロドリゲスは4LDKのマンションを祖父母にプレゼントしたが、アメリカ合衆国へ渡ることになったときでさえ自分をほとんど無視した両親に対しては「僕の方だって両親を気にかける必要はない」という考えを持つに至った[2]

マイナーリーグでは、1999年から2001年までの3年間で46試合に登板し、うち42試合に先発。計234.1投球回で301奪三振を記録するが、2001年には5勝7敗・防御率5.38と苦しんだ。球団首脳陣がロドリゲスの育成方針を協議した結果、肩や肘を痛めていたこともあって[7]、先発からリリーフへの転向が決定。ロドリゲスは当初「僕は、もちろん先発がやりたかったんだ」と難色を示したが[2]、最終的にはこの配置転換を受け入れた。リリーフ転向1年目の2002年、ロドリゲスはAA級アーカンソーでは23試合で3勝3敗9セーブ・防御率1.96、AAA級ソルトレイクでは27試合で2勝3敗6セーブ・防御率2.57と好成績を残す。7月には、マイナーリーグのオールスターゲーム "フューチャーズゲーム" に世界選抜の一員として選出され、あと一人で試合終了という場面で登板して三振を奪い試合を締めた。このころには、リリーフ登板について「そのプレッシャー、湧き出るアドレナリンが好きになっていった」という[6]

エンゼルス時代[編集]

メジャー昇格、ポストシーズンでの好投[編集]

2002年9月のロースター枠拡大(いわゆる "セプテンバー・コールアップ")に伴いロドリゲスはメジャーへ昇格し、18日のアスレチックス戦でメジャーデビュー。レギュラーシーズン終了まで5試合に登板し、球団タイ記録の8者連続を含む13三振を奪う[8]。エンゼルスはシーズン開幕前の大方の予想を覆し、99勝63敗でアメリカンリーグ西地区2位となりワイルドカードを獲得、ポストシーズンへ進出した。9月にメジャーへ昇格したロドリゲスは本来はポストシーズンのロースター枠には入ることができないが、故障したアーロン・シーリーの代役として、特例でロースター入りが認められることに。メジャー昇格時にはロッカーのネームプレートを "Rodrigues" と間違った綴りにされた程度の存在だったが[4]、好投を続けることでチーム内で自身のポジションを確立した。

前年のリーグ王者ヤンキースとの地区シリーズ第2戦で、ロドリゲスはポストシーズン初登板。2点を失い逆転を許したものの、その後チームが再逆転し勝利、ロドリゲスは勝利投手となった。続く第3戦では2回無失点4奪三振、第4戦では1.2回無失点3奪三振と好投。ロドリゲスの3連投とともにチームも3連勝し、1994年にリーグが3地区制となって以来初となるリーグ優勝決定シリーズ進出を果たした。ツインズと対戦した同シリーズでは、ロドリゲスは第2戦から第5戦まで4連投し、防御率0.00と相手打線をほぼ完璧に抑える。このシリーズでもロドリゲス登板試合でチームは全勝し、球団創設42年目で初のリーグ優勝・ワールドシリーズ進出を決めた。

ジャイアンツとのワールドシリーズでは、まず第2戦で3回を投げて相手を無安打無得点に抑え、シリーズ史上最年少の20歳286日で勝利投手に[8]。しかし、第4戦では安打と捕逸で走者を二塁に背負うと、デービッド・ベルに決勝適時打を許し、このポストシーズン初黒星を喫した。さらに第6戦でもバリー・ボンズのソロ本塁打ジェフ・ケントの適時打で2失点。それでも最終第7戦では1回を3奪三振・無失点に抑えた。エンゼルスは3勝3敗で迎えたこの第7戦に勝利し、球団史上初のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。このポストシーズン3シリーズでロドリゲスは計11試合に登板。18.2回で28奪三振を記録しただけでなく、前年のランディ・ジョンソンに並ぶポストシーズン史上最多の5勝(1敗)を挙げている[9]。この活躍により、"K-Rod" という愛称が生まれるなどロドリゲスの知名度・人気が高まった。

2003年には59試合に登板し、86回で95三振を奪った。2004年オールスターに初めて選出されるなど年間を通して安定。123奪三振は、デュウェイン・バイス1987年に記録したリリーフ投手としてのシーズン奪三振球団記録を14更新するものだった[10]サイ・ヤング賞の投票では4位に入っている。シーズン終了後には日本で開催の日米野球に出場し、11月6日の第2戦でセーブを記録した[11]

クローザー転向[編集]

2005年、前年限りでエンゼルスを退団したトロイ・パーシバルに代わり、チームの抑え投手となる。4月5日の開幕戦で1回を無失点に抑えて初セーブを挙げたロドリゲスは、その後も順調にセーブを積み重ねていった。9月21日には40セーブ目を記録し、24歳未満の若さでシーズン40セーブという史上2人目の記録を達成[12]。最終的には45セーブを挙げ、クローザー転向1年目から最多セーブのタイトルを獲得した。

2006年は、3月に開催された国際大会のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表の一員として参加。チームは2次リーグで敗退したが、ロドリゲスはチームが勝った3試合全てで最後の1イニングを締めた。MLBレギュラーシーズンでは2年連続リーグ最多かつ球団新記録となる47セーブ[13]。9月10日には、メジャー史上最年少で通算100セーブに到達している[14]。シーズン終了後は2年ぶりに日米野球に参加する予定だったが、故障のため出場を取りやめた[15]。その後、ロドリゲスとエンゼルスは年俸調停を回避し、1年700万ドルで再契約した[16]

2007年はシーズン開幕直後、不正投球疑惑が取り沙汰されるトラブルに巻き込まれる。"The Cheater's Guide to Baseball" というブログが「帽子のひさしの裏に白い異物を塗布し、それを指につけて投球している」と報じたもので[17]、ロドリゲスは「隠し事なんてしていないから、いつでもチェックしたいときにすればいい」と疑惑を否定した[18]。結局この件はお咎めなしとなり、前半戦37試合で24セーブ・防御率2.33という成績を残す。オールスターには3年ぶりに選出され、試合ではアメリカンリーグのクローザーとして初セーブ。シーズン全体では、45セーブのジョー・ボロウスキーには及ばなかったものの、リーグ2位タイの40セーブを挙げ、3年連続40セーブを達成した。ただポストシーズンでは、レッドソックスとの地区シリーズ第2戦で、同点の9回裏一死一塁の場面で登場するもマニー・ラミレスサヨナラ3点本塁打を喫し[19]、チームが3戦3敗で敗退する一因となった。

この時点でロドリゲスのFA権取得まであと1年となり、球団は契約延長交渉に臨むが、これが難航。11月にはエンゼルス側が3年3,400万ドルという条件を提示したが、ロドリゲス側はこれを拒否した[20]。結局、複数年契約を締結することはできず。2008年の契約も両者合意とならぬまま年俸調停へと進み、球団側が1,000万ドルを提示したのに対してロドリゲス側は1,250万ドルを要求。裁定は、球団側の主張を認めロドリゲスの年俸を1,000万ドルとした[21]

シーズン最多セーブ記録更新[編集]

2008年、エンゼルスが僅差の試合に競り勝つスタイルをとったことから、セーブ機会に恵まれたロドリゲスはセーブを量産[22]。4月から4か月連続で月間セーブ数が10を超えるというハイペースでセーブ数を伸ばしていった[23]。98試合目・7月20日のシーズン40セーブ到達、および129試合目・8月24日の同50セーブ到達は、それぞれ史上最速記録を更新。かつての記録は、前者は2003年のジョン・スモルツによる108試合目・7月31日、後者は同年のエリック・ガニエによる143試合目・9月9日であり、これらを上回るスピード記録を作ったロドリゲスに対して、1990年ボビー・シグペンが達成したシーズン最多セーブ記録(57)の更新へ期待が高まっていった[24]。9月2日には、シグペンの記録まであと3に迫るシーズン54セーブ目を挙げると同時に、通算200セーブに史上最年少(26歳239日)で到達[25]。そして同月11日、マリナーズとの4連戦第1戦で、57セーブ目を記録しメジャー記録に並ぶ。

翌12日はロドリゲスの登板はなし[26]。そして13日、エンゼルス3点リードの9回表というセーブ機会でロドリゲスが登場した。新記録への重圧からか、先頭打者ミゲル・カイロ二塁打を許すと、続くルイス・バルブエナには四球を与え、本塁打が出れば同点のピンチを迎える。だがイチローを二塁ゴロに打ち取ると、その後はウラディミール・バレンティンラウル・イバニェスを2者連続空振り三振に仕留め、ゲームセット[27]。この瞬間、ロドリゲスはシーズン最多記録を塗り替える58個目のセーブを手にした。イバニェスから三振を奪った直後、ロドリゲスはマウンドに跪き、プロ入り直後に亡くなった祖父とへの感謝の気持ちを込めて空を指差し大声を上げた。祖父への感謝については「毎日感じていることなんだ。今も彼がハッピーで、僕のことを誇りに思ってくれていることはわかっているからね」と語っている[22]

その後もレギュラーシーズン終了までセーブを重ね、最終的な記録は60超えとなる62まで伸びた(ギネス世界記録に認定[28])。しかしポストシーズンでは、エンゼルスは前年と同じレッドソックスとの対戦となった地区シリーズでまたも敗退。ロドリゲスも第2戦、5-5で同点の9回表にJ・D・ドリューに勝ち越し2点本塁打を喫して敗戦投手となった[29]。11月3日にFAとなった。代理人は5年総額7,500万ドルを最低ラインとする大型契約を目指し、交渉を展開した[30]。一方のエンゼルスは、打線強化を目的として2008年のシーズン途中に獲得したマーク・テシェイラの残留交渉を優先しており、また同年にデビューしてリリーフで好成績を残したホセ・アレドンドの成長を見込んでいたこともあって、ロドリゲスの残留交渉にはあまり熱心ではなかった[30]

メッツ時代[編集]

2008年12月10日、左肘故障のビリー・ワグナーに代わる新クローザーを探していたニューヨーク・メッツと、3年総額3,700万ドル(4年目はオプション)で契約した[31]。2008年に89勝73敗のナショナルリーグ東地区2位だったメッツは、救援投手陣の防御率がリーグ13位と低迷したことから、ロドリゲスやJ・J・プッツの獲得で弱点を補強。同年のワールドシリーズを制した同地区のフィリーズに対し、ロドリゲスは「2009年はうちが『倒さなければならないチーム』(優勝候補)だ」とのコメントを出した[32]

この年は、まず3月開催の国際大会・第2回WBCベネズエラ代表として出場。2006年の前回大会に引き続きチームの抑え投手を務め、特に2次ラウンドでは2試合連続でイニングまたぎのいわゆる "4アウト・セーブ" を挙げた。ベネズエラは準決勝へ進出したが、韓国に敗れ決勝進出を逃している。大会終了後にメッツに合流したロドリゲスは、4月6日のMLBレギュラーシーズン開幕戦でセーブを挙げると[33]、そこから前半戦終了まで41試合に登板して2勝2敗23セーブ・防御率1.90と好投を続け、オールスターに選出された。だがチームは故障者続出で低迷し、後半戦に入るとそれに引きずられるようにロドリゲスの成績も落ちていく。最終的には防御率(3.71)や奪三振率(9.7)、WHIP(1.31)などで自己最低の成績に終わり、セーブ成功率も83.3%と安定感を欠いた。メッツは70勝92敗の地区4位で、リーグ連覇のフィリーズからは23ゲーム差も離された。

2010年には、8月11日の試合後に恋人の父親を暴行した疑いで逮捕され、球団から2試合の出場停止処分を受けた[34]。暴行の際に、右手親指の靭帯を損傷していたことも明らかになり、シーズン中の復帰は絶望的となった。17日に資格停止リスト入りし、解除されるまで試合に出場できず、年俸も支払われないことになった[35]

ブルワーズ時代[編集]

2011年7月13日トレードミルウォーキー・ブルワーズへ移籍[36]。10月30日にFAとなった。

2012年1月17日にブルワーズと800万ドルの1年契約で再契約した[37]。10月29日にFAとなった。

2013年4月17日にブルワーズとマイナー契約で再契約した[38]。5月15日にメジャー昇格した[39]。25試合に登板し1勝1敗10セーブ、防御率1.09だった。

オリオールズ時代[編集]

2013年7月23日にトレードでボルチモア・オリオールズに移籍した[40]。オフの10月31日にFAとなった。

ブルワーズ復帰[編集]

2014年2月7日に古巣・ブルワーズと325万ドル+出来高の1年契約に合意した[41][42]

この年は、抑えとしてチームをけんいんした。4月19日のピッツバーグ・パイレーツ戦で通算310セーブを記録した。これは、歴代20位のリッチ・ゴセージとタイ記録だった。翌日の20日の試合で通算311セーブを記録した。これは、歴代19位のトム・ヘンクとタイ記録だった。4月21日のサンディエゴ・パドレス戦でシーズン8セーブ目を記録し、歴代単独19位となった。4月25日のシカゴ・カブス戦でシーズン10セーブ目を記録し、歴代18位のロブ・ネンとタイ記録の通算314セーブを記録した。

オフに、FAとなった。

投球スタイル[編集]

左足を高く掲げ、左手とともにまっすぐ伸ばしながらステップしてリリース体勢に入るという、独特の躍動感ある投球フォームの持ち主[43]。持ち球は、かすかにシュート回転する平均球速92mph(約148km/h)の速球と大きく曲がり落ちる83-87mph(約133.6-140.0km/h)のスライダー、小さく落ちる80-84mph(約128.7-135.2km/h)のチェンジアップ[1]。若手のころは速球とスライダーの2球種で押し切っていたが、メジャー1年目から既に「手元で小さく変化する速球はマリアノ・リベラ、スライダーはペドロ・マルティネス、そしてアグレッシブさはウーゲット・ウービナみたいだ」とも言われていた[44]

スライダーは急激に変化するため "カートゥーン・スライダー" と呼ばれるほか[45]、その球速からカーブ扱いされることもある。エンゼルスで2006年までチームメイトだったブレンダン・ドネリーは「フランキーのはカーブだ。速球とのスピード差が大きすぎる。彼はスライダーだと言い張っているが、あれは絶対にカーブだ。ブルペンでいつも議論しているよ(笑)」と話している[46]。チェンジアップはスプリッターのように落ちるものと、シンカーのように打者から遠ざかりながら沈むものの2種類を投げ分けている[47]。チェンジアップを投げるようになったのは2006年ころからで、当初は制球ミスで長打を浴びたこともあったが、次第に左打者に対し効果を表すようになった[22]。ただし、チェンジアップと速球を同じ腕の振りから投げようとしたことで、速球の球速が低下するという悪影響もあったことを本人自ら認めている[32]

"K-Rod" の異名が示すとおり、高い奪三振率を誇る。2010年終了時点での通算奪三振率は11.3で、これはリベラ(8.2)やジョー・ネイサン(9.4)などを上回っている。しかし1年単位で見ていくと、2004年の13.2をピークとして年々数字が下がっており、2009年は自己最低の9.7にまで落ち込んだ。また与四球による無駄な走者を出すことも多く、通算与四球率(4.0)はリベラ(2.1)やネイサン(3.4)よりも悪い。まれに集中力を欠き、ビッグイニングを作られることもある[48]

詳細情報[編集]

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 ANA
LAA
5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 5.2 3 0 2 1 1 13 0 0 0 0 0.00 0.88
2003 59 0 0 0 0 8 3 2 7 .727 334 86.0 50 12 35 5 2 95 7 0 30 29 3.03 0.99
2004 69 0 0 0 0 4 1 12 27 .800 335 84.0 51 2 33 1 1 123 5 0 21 17 1.82 1.00
2005 66 0 0 0 0 2 5 45 0 .286 279 67.1 45 7 32 3 0 91 8 0 20 20 2.67 1.14
2006 69 0 0 0 0 2 3 47 0 .400 296 73.0 52 6 28 5 1 98 10 0 16 14 1.73 1.10
2007 64 0 0 0 0 5 2 40 0 .714 285 67.1 50 3 34 0 1 90 7 1 22 21 2.81 1.25
2008 76 0 0 0 0 2 3 62 0 .400 288 68.1 54 4 34 4 2 77 6 0 21 17 2.24 1.29
2009 NYM 70 0 0 0 0 3 6 35 0 .333 295 68.0 51 7 38 6 1 73 1 0 34 28 3.71 1.31
2010 53 0 0 0 0 4 2 25 0 .667 236 57.1 45 3 21 4 2 67 3 1 14 14 2.20 1.15
2011 42 0 0 0 0 2 2 23 0 .500 187 42.2 44 3 16 4 2 46 2 0 15 15 3.16 1.41
MIL 31 0 0 0 0 4 0 0 17 1.000 120 29.0 23 1 10 0 0 33 2 0 7 6 1.86 1.14
'11計 73 0 0 0 0 6 2 23 17 .750 307 71.2 67 4 26 4 2 79 4 0 22 21 2.64 1.30
2012 78 0 0 0 0 2 7 3 32 .222 305 72 65 8 31 1 0 72 6 0 37 35 4.38 1.33
2013 25 0 0 0 0 1 1 10 1 .500 97 24.2 17 2 9 3 0 26 0 0 3 3 1.09 1.05
BAL 23 0 0 0 0 2 1 0 4 .667 96 22.0 25 5 5 1 1 28 2 0 11 11 4.50 1.36
'13計 48 0 0 0 0 3 2 10 5 .600 193 46.2 42 7 14 4 1 54 2 0 14 14 2.70 1.20
通算:12年 730 0 0 0 0 41 36 304 88 .532 3174 767.1 575 63 328 38 14 932 59 2 251 230 2.70 1.18
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はメジャー記録
  • ANA(アナハイム・エンゼルス)は、2005年にLAA(ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)に球団名を変更

獲得タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Scouting Report: Francisco Rodriguez," SI.com, September 10, 2008. 2009年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c 水次祥子 「フランシスコ・ロドリゲス[エンゼルス]/『攻略不能』の恐るべき衝撃」 『月刊メジャー・リーグ』2003年2月号、ベースボール・マガジン社、2003年、雑誌08625-2、34-37頁。
  3. ^ "Biography and Career Highlights," The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2008年6月3日閲覧。
  4. ^ a b 若村玲二 「もうひとつのワールドシリーズ フランシスコ・ロドリゲス『彗星のように現われた20歳のルーキー』」 『月刊スラッガー』2003年1月号、日本スポーツ企画出版社、2002年、雑誌15509-1、26-27頁。
  5. ^ a b c "JockBio: Francisco Rodriguez Biography," JockBio.com. 2008年12月11日閲覧。
  6. ^ a b 杉浦大介 「インタビュー フランシスコ・ロドリゲス[メッツ] 『勝利の雄叫び』」 『月刊スラッガー』2009年7月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-7、18-21頁。
  7. ^ Josh Boyd, "Angels Top 10 Prospects," Baseball America, January 2, 2003. 2008年2月26日閲覧。
  8. ^ a b "2002 Career Highlights," The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2008年1月21日閲覧。
  9. ^ “All-time and Single-Season Postseason Pitching Leaders”. Baseball-Reference. http://www.baseball-reference.com/postseason/Playoffs_pitching.shtml 
  10. ^ "2004 Career Highlights," The Official Site of The Los Angeles Angels of Anaheim. 2008年1月21日閲覧。
  11. ^ 2004年度日米野球 試合結果」 『日本野球機構オフィシャルサイト』。2011年7月15日閲覧。
  12. ^ "2005 Career Highlights," MLB.com. 2008年4月18日閲覧。
  13. ^ "Los Angeles Angels of Anaheim Pitching Leaders," Baseball-Reference.com. 2008年8月25日閲覧。
  14. ^ "2006 Career Highlights," MLB.com. 2008年1月21日閲覧。
  15. ^ イオン日米野球2006 MLB選抜チーム」 『日本野球機構オフィシャルサイト』。2010年10月16日閲覧。
  16. ^ Associated Press, "K-Rod, set-up man Shields avoid arbitration with Angels," ESPN.con, January 16, 2007. 2010年10月16日閲覧。
  17. ^ DMZ, "Francisco Rodriguez doctoring the ball," The Cheater's Guide to Baseball Blog, April 3, 2007. 2010年10月16日閲覧。
  18. ^ ESPN.com news services, "K-Rod says he's not cheating, plays down smudge," ESPN.com, April 6, 2007. 2010年10月16日閲覧。
  19. ^ "Oct 5, 2007, Angels at Red Sox Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2010年10月16日閲覧。
  20. ^ Danny Knobler, "All-Stars on the move? Not this season," CBSSports.com, July 14, 2008. 2010年10月16日閲覧。
  21. ^ Associated Press, "K-Rod loses in arbitration, still tied for highest salary decision," ESPN.com, February 22, 2008. 2010年10月16日閲覧。
  22. ^ a b c 嶋田剛司 「それぞれの金字塔 フランシスコ・ロドリゲス[エンゼルス]/最強守護神の証」 『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』、ベースボール・マガジン社、2008年、雑誌20449-11/20、14-17頁。
  23. ^ "Francisco Rodriguez 2008 Pitching Splits," Baseball-Reference.com. 2008年11月17日閲覧。
  24. ^ 大冨真一郎 「月別ダイジェスト Scrapbook of regular season」 『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』、ベースボール・マガジン社、2008年、雑誌20449-11/20、24頁。
  25. ^ Lyle Spencer / MLB.com, "Angels keep roaring on the road / Saunders regains his command, backed by Hunter, Guerrero," angels.com, September 3, 2008. 2010年10月23日閲覧。
  26. ^ "Sep 12, 2008, Mariners at Angels Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年10月23日閲覧。
  27. ^ "Sep 13, 2008, Mariners at Angels Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年10月23日閲覧。
  28. ^ Most saves in a Major League Baseball season” (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧。
  29. ^ "Oct 3, 2008, Red Sox at Angels Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2010年10月23日閲覧。
  30. ^ a b 三尾圭 「[巻頭特集]2008-09 FAマーケット解禁!! 優良選手情報満載! FA市場注目物件トップ20」 『月刊スラッガー』2009年1月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-1、9頁。
  31. ^ Anthony DiComo / MLB.com, "K-Rod 'thrilled' to officially join Mets / Closer signs three-year contract after passing physical," mets.com, December 10, 2008. 2008年12月11日閲覧。
  32. ^ a b Associated Press, "K-Rod says Mets will win NL East," ESPN.com, December 13, 2008. 2011年7月15日閲覧。
  33. ^ "Apr 6, 2009, Mets at Reds Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年7月13日閲覧。
  34. ^ MLB=メッツのロドリゲスが親指の負傷で戦線離脱、ロイター、2010年08月17日。
  35. ^ ロドリゲスを資格停止に=米大リーグ・メッツ、時事ドットコム、2010年08月18日。
  36. ^ Brewers acquire Francisco Rodriguez from Mets”. MLB.com Brewers Press Release (2011年7月13日). 2014年2月8日閲覧。
  37. ^ Brewers sign K-Rod, Norichika Aoki”. ESPN MLB (2012年1月17日). 2014年2月8日閲覧。
  38. ^ Brewers bring back K-Rod”. ESPN MLB (2013年4月17日). 2014年2月8日閲覧。
  39. ^ Mike Axisa (2013年5月15日). “Brewers call up Francisco Rodriguez prior to opt-out date”. CBS Sports. 2014年2月8日閲覧。
  40. ^ Orioles acquire RHP Francisco Rodriguez from Milwaukee Brewers in exchange for Minor League INF Nick Delmonico”. MLB.com Orioles Press Release (2013年7月23日). 2014年2月8日閲覧。
  41. ^ Brewers sign veteran reliever Francisco Rodriguez”. MLB.com Brewers Press Release (2014年2月7日). 2014年2月8日閲覧。
  42. ^ Adam McCalvy (2014年2月7日). “Brewers bring back K-Rod on one-year deal”. MLB.com. 2014年2月8日閲覧。
  43. ^ 高橋直樹 「連続写真に見る大リーガーのテクニック/F・ロドリゲス[エンゼルス]」 『月刊メジャー・リーグ』2005年10・11月合併号、ベースボール・マガジン社、2005年、雑誌08625-11、58-59頁。
  44. ^ David Leon Moore, USA TODAY, "Angels rookie reliever leaves batters muttering, fanning," USATODAY.com, October 18, 2002. 2009年10月9日閲覧。
  45. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年、171頁。ISBN 4-331-51146-4
  46. ^ 「2005 MLBピッチング大全 [決め球]」 『月刊スラッガー』2005年7月号、日本スポーツ企画出版社、2005年、雑誌15509-7、39頁。
  47. ^ Andy McCullough / The Star-Ledger, "As crucial week begins, a look at the arsenal of each Mets starting pitcher," NJ.com, June 20, 2011. 2011年7月15日閲覧。
  48. ^ Francisco Rodriguez - Los Angeles Angels”. Sportsnet.ca. 2008年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]