ロン・レニキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・レニキー
Ron Roenicke
Ron Roenicke 2011 spring.jpg
ブルワーズ監督時代(2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州コビーナ
生年月日 1956年8月19日(58歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1977年 6月二次ドラフト1巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 1981年9月2日 ピッツバーグ・パイレーツ
最終出場 1988年5月21日 シカゴ・カブス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロナルド・ジョン・レニキーRonald Jon Roenicke, , 発音: [ˈrɛnɨki] ren-i-kee, 1956年8月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州コビーナ出身の元プロ野球選手外野手)。左投両打。

兄のゲイリーボルチモア・オリオールズなどでプレーした元MLB選手であり、その息子(ロンにとって甥)のジョシュワシントン・ナショナルズ傘下に在籍する現役選手(投手)である。

来歴・人物[編集]

ドラフトでは高校時代から数えて計5度指名され、UCLA在学時の1977年ロサンゼルス・ドジャースから1巡目指名を受け、プロ入り。現役時代は控え外野手として実働8年間で6球団を渡り歩き、1988年に引退。

引退後は、古巣ドジャース、ロサンゼルス・エンゼルスでコーチを務め、2011年よりミルウォーキー・ブルワーズ監督に就任。同年は、監督1年目にして地区優勝に導く見事な手腕を見せた。

2012年5月8日にブルワーズと2年契約(2015年の球団オプション付き)に合意[1]2014年3月22日2015年の球団オプションを行使することが発表された[2]

2015年は5月3日時点で30球団ワーストの7勝18敗と低迷し、同日に解任された[3]

ゴルフ釣り、木工細工を趣味としている。[4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 50 (1981年)
  • 40 (1982年 - 1983年途中)
  • 21 (1983年途中 - 同年終了)
  • 41 (1984年)
  • 34 (1985年)
  • 17 (1986年 - 1987年)
  • 39 (1988年)
  • 68 (1992年 - 1993年)
  • 12 (2000年 - 2005年)
  • 10 (2006年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ Brewers extend contracts of Melvin and Roenicke”. MLB.com Brewers Press Release (2012年5月8日). 2014年3月23日閲覧。
  2. ^ Brewers exercise 2015 club option on manager Ron Roenicke”. MLB.com Brewers Press Release (2014年3月22日). 2014年3月23日閲覧。
  3. ^ ブルワーズ 成績不振でレネキー監督を解任”. スポーツニッポン (2015年5月4日). 2015年5月5日閲覧。
  4. ^ 「ミルウォーキー・ブルワーズ」『2012MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 101頁

外部リンク[編集]