ブライアン・バニスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・バニスター
Brian Bannister
Brian Bannister at Fenway.JPG
ロイヤルズ時代(2008年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州スコッツデール
生年月日 1981年2月28日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト7巡目
初出場 MLB / 2006年4月5日
最終出場 MLB / 2010年9月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライアン・パトリック・バニスター(Brian Patrick Bannister, 1981年2月28日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

2002年ボストン・レッドソックスにドラフト45巡目で指名されるが、契約せず、翌年ニューヨーク・メッツにドラフト7巡目で指名され契約。大学に入るまでは二塁手であった。

2006年4月5日、開幕2戦目の先発投手としてメジャーデビュー。デビュー戦では6回を3失点で切り抜けたが、勝敗はつかなかった。その後、4月で5試合に登板し防御率2.89の好成績を残すが、ベースの走塁中に肉離れを起こし離脱。リハビリを終えて8月25日に先発したのを最後にリリーフに転向。シーズン後にはトレードでロイヤルズへ移籍。開幕から先発ローテーションの一角を任され、12勝(9敗)の成績を残した。6月(5勝1敗、防御率2.75)と8月(4勝1敗、2.90)にはア・リーグ月間最優秀新人選手賞を受賞するなど新人王の候補となった。

2011年1月7日読売ジャイアンツに1年契約で入団。先発ローテーション入りを期待されたが、東日本大震災直後の3月15日原発事故への不安を理由に、球団に無断で帰国。再来日の要請にも応じなかったため、4月2日、球団の申請により帰国日付けで制限選手となった。日本プロ野球界で制限選手となったのは、横浜ベイスターズブレント・リーチ投手に次いで2番目のケースである。同月末、当人から「いかなる場所でももう野球はやらない」と通告があり、4月26日任意引退選手として公示された[1]

選手としての特徴[編集]

平均球速89mph(約143km/h)の速球カッターカーブスライダーチェンジアップを投げ分け[2]、2007年から2009年までの与四球率2.73と安定した制球力を誇っていた。

セットポジションでの投球に課題を抱える他、例年シーズン序盤は好調を続けるが、スタミナ不足により腕の振りが鈍くなるため、中盤以降に調子を大きく落としていた[3]

大学入学当初は二塁手としてプレーしていたこともあり、打力と守備力も高い[4]

人物[編集]

父親は元プロ野球選手のフロイド・バニスター

セイバーメトリクスに詳しい選手として知られる一方[5]、大学では芸術学科を専攻し、写真を趣味としている。写真専門誌やニューヨーク・タイムズなどで作品を発表している他、アリゾナでプロ写真家用のスタジオを経営している[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 NYM 8 6 0 0 0 2 1 0 0 .667 171 38.0 34 4 22 2 2 19 2 0 18 18 4.26 1.47
2007 KC 27 27 1 0 0 12 9 0 0 .571 683 165.0 156 15 44 1 6 77 4 0 76 71 3.87 1.21
2008 32 32 1 0 0 9 16 0 0 .360 811 182.2 215 29 58 1 7 113 7 1 127 117 5.76 1.49
2009 26 26 0 0 0 7 12 0 0 .368 668 154.0 161 15 50 4 4 98 12 2 94 81 4.73 1.37
2010 24 23 0 0 0 7 12 0 0 .368 581 127.2 158 23 50 0 3 77 10 0 92 90 6.34 1.63
通算:4年 117 114 2 0 0 37 50 0 0 .425 2914 667.1 724 86 224 8 22 384 35 3 407 377 5.08 1.42
  • 2010年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 40 (2006年 - 2007年)
  • 19 (2008年 - 2010年)
  • 20 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ バニスターを任意引退に=プロ野球・巨人”. 時事通信 (2011年4月26日). 2011年4月26日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、177頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  3. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、176頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  4. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、174頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  5. ^ 月刊スラッガー』2009年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、27頁。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、164頁。ISBN 978-4-331-51370-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]