マット・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・ウィリアムズ
Matt Williams
ワシントン・ナショナルズ 監督 #9
MattWilliamsThird.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ビショップ
生年月日 1965年11月28日(48歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1986年 ドラフト1巡目でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名
初出場 1987年4月11日
最終出場 2003年5月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

マシュー・デリック・マット・ウィリアムズMatthew Derrick "Matt" Williams , 1965年11月28日 - )は、元MLBの選手。ポジションは、内野手(主に三塁手)。右投右打。2014年シーズンよりワシントン・ナショナルズ監督。アメリカ合衆国カリフォルニア州ビショップ出身。祖父のバート・グリフィンは、1922年から1924年までブルックリン・ドジャース(現・ロサンゼルス・ドジャース)とワシントン・セネタース(現・ミネソタ・ツインズ)で一塁手外野手としてプレーした。

1987年 - 2003年サンフランシスコ・ジャイアンツ等3球団でプレイし、強打と優れた守備力で、1990年代のメジャー最高の三塁手の1人である[要出典]ゴールドグラブ賞シルバースラッガー賞を各4回獲得。シーズン30本塁打、90打点も各6回記録。

経歴[編集]

高校卒業時にドラフト会議ニューヨーク・メッツから指名されたが、この時は入団せずにネバダ大学ラスベガス校に進学。1986年のドラフト会議でサンフランシスコ・ジャイアンツから1巡目(全米3位)で指名され、入団。翌1987年4月11日にメジャーデビューを果たした。当初3シーズンはケビン・ミッチェル(のちダイエーでもプレイ)が三塁を守っており、ショートを守る機会も多かったが、ミッチェルがレフトに転向した1989年のシーズン後半には三塁の定位置を確保。このシーズン84試合の出場で18本塁打、50打点を記録。オークランド・アスレチックスとのワールドシリーズにも出場した。

そして1990年に初のフルシーズンで159試合に出場。打率.277、本塁打33、打点122の成績を残し、打点王を獲得。チームとしては1988年ウィル・クラーク、1989年のミッチェルに次いで3年連続の打点王獲得となった。また、オールスターにも初出場を果たし、シルバースラッガー賞も受賞した。以後は三塁手に定着。その後も、1991年には34本塁打、98打点で、この年初のゴールドグラブ賞を受賞。1992年は不振で打率.227、20本塁打、66打点に終わるが、1993年には打率.295、38本塁打、110打点と復調。そして、1994年には開幕からホームランを量産し、当時のメジャー記録の61本塁打(1961年ニューヨーク・ヤンキースロジャー・マリス)の更新の期待もかかったが[要出典]、リーグ最多の43本塁打を記録した時点で1994年から1995年のMLBストライキによってシーズンが打ち切られてしまった。その1995年は故障のため76試合の出場に終わったが、それでも23本塁打、65打点と強打を発揮。1996年も故障のため105試合の出場に終わるが、22本塁打、85打点を記録。

1997年クリーブランド・インディアンスにトレードで移籍。この年は6月終了時点の打率は2割3分5厘と低迷したが[1]、後半戦は復調し、8月13日からは自己最長の24試合連続安打を記録している[2]。最終的に151試合に出場し打率.263、32本塁打、105打点を記録しチームのワールドシリーズ進出に貢献。シリーズは第7戦までもつれこんだがフロリダ・マーリンズにサヨナラ負けし、ワールドチャンピオンはならなかった。

自宅はフェニックスでシーズン中は子供たちと2回しか会えないのは不十分なため、自宅近くに新設されるアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍を志願し、それが駄目ならインディアンスに引退すると伝えた[2]。インディアンスのGMは1998年までの契約を延長しようと考えていたため交渉は難航したが、12月1日にダイヤモンドバックス側がトラビス・フライマントム・マーティンに金銭300万ドルを加えた1対2のトレードで移籍[2]。そしてノー・トレード条項を盛り込んだ6年総額4,950万ドルの契約を結んだ[2]

1998年は20本塁打、71打点に終わったが、1999年には自己最高の打率.302を記録。35本塁打、142打点を記録してオールスターにも出場。142打点は2007年終了時点でルイス・ゴンザレスとともにダイヤモンドバックスの球団タイ記録である[3]。以後は故障がちとなり、不本意な成績が続くが、2001年には球団創設4年目のチームがワールドシリーズに進出し、ニューヨーク・ヤンキースと対戦。最終戦までもつれ込んだが、4年前と逆にルイス・ゴンザレスのサヨナラヒットで念願のワールドチャンピオンに輝いた。

2002年シーズン終了後の11月22日にはラリー・ウォーカーとのトレードを拒否権を行使し残留[4]。6年契約を満了した2003年限りで現役を引退。引退後はダイヤモンドバックスの株式を一部取得し、専属解説者を務めている[要出典]

2007年11月6日サンフランシスコ・クロニクル紙が、2002年にウィリアムズに成長ホルモンの購入歴があると報じた。これに対し、ウィリアムズは「足首の怪我の治療のために、医師の処方に従って使用した」と弁明した[5]

2009年11月、ダイヤモンドバックスの一塁コーチに就任。2011年から三塁コーチに異動。

2013年10月31日ワシントン・ナショナルズの監督に就任することを発表した[6]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 SF 84 266 245 28 46 9 2 8 83 21 4 3 3 1 16 4 1 68 5 .188 .240 .339 .579
1988 52 170 156 17 32 6 1 8 64 19 0 1 3 1 8 0 2 41 7 .205 .251 .410 .661
1989 84 311 292 31 59 18 1 18 133 50 1 2 1 2 14 1 2 72 5 .202 .242 .455 .697
1990 159 664 617 87 171 27 2 33 301 122 7 4 2 5 33 9 7 138 13 .277 .319 .488 .807
1991 157 635 589 72 158 24 5 34 294 98 5 5 0 7 33 6 6 128 11 .268 .310 .499 .809
1992 146 576 529 58 120 13 5 20 203 66 7 7 0 2 39 11 6 109 15 .227 .286 .384 .670
1993 145 619 579 105 170 33 4 38 325 110 1 3 0 9 27 4 4 80 12 .294 .325 .561 .886
1994 112 483 445 74 119 16 3 43 270 96 1 0 0 3 33 7 2 87 11 .267 .319 .607 .926
1995 76 318 283 53 95 17 1 23 183 65 2 0 0 3 30 8 2 58 8 .336 .399 .647 1.046
1996 105 455 404 69 122 16 1 22 206 85 1 2 0 6 39 9 6 91 10 .302 .367 .510 .877
1997 CLE 151 636 596 86 157 32 3 32 291 105 12 4 0 2 34 4 4 108 14 .263 .307 .488 .795
1998 ARI 135 557 510 72 136 26 1 20 224 71 5 1 0 1 43 8 3 102 19 .267 .327 .439 .766
1999 154 678 627 98 190 37 2 35 336 142 2 0 0 8 41 9 2 93 17 .303 .344 .536 .880
2000 96 397 371 43 102 18 2 12 160 47 1 2 0 3 20 1 3 51 11 .275 .315 .431 .746
2001 106 436 408 58 112 30 0 16 190 65 1 0 0 3 22 3 3 70 15 .275 .314 .466 .780
2002 60 238 215 29 56 7 2 12 103 40 3 1 0 2 21 1 0 41 8 .260 .324 .479 .803
2003 44 156 134 17 33 9 0 4 54 16 0 0 0 4 16 1 2 26 1 .246 .327 .403 .730
通算:17年 1866 7595 7000 997 1878 338 35 378 3420 1218 53 35 9 62 469 86 55 1363 182 .268 .317 .489 .806
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Matt Williams 1997 Batting Gamelogs - Baseball-Reference PI” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年7月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 奥田秀樹「祝新球団誕生 マット・ウィリアムス[ダイヤモンドバックス]」『月刊メジャー・リーグ』1998年6月号、ベースボールマガジン社、1998年、雑誌 08625-6、15項 - 18項。
  3. ^ Arizona Diamondbacks Batting Leaders” (英語). Baseball Reference.com. 2008年7月21日閲覧。
  4. ^ The Ballplayers - Matt Williams Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年7月21日閲覧。
  5. ^ Baseball's Jose Guillen, Matt Williams bought steroids from clinic” (英語). SF Gate: San Francisco Chronicle. 2008年7月21日閲覧。
  6. ^ Matt Williams hired by Nationals ESPN MLB

外部リンク[編集]