ジョー・クリーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・クリーディ
Joe Crede
00112445 Joe Crede.jpg
ツインズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州ジェファーソンシティ
生年月日 1978年4月26日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1996年 ドラフト5巡目でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2000年9月12日
最終出場 2009年9月13日
年俸 $2,500,000(2009年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョー・クリーディJoseph Taylor Crede, 1978年4月26日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州ジェファーソンシティ出身の元プロ野球選手三塁手)。右投右打。

経歴[編集]

ホワイトソックス時代(2008年4月17日)

プロ入りとマイナー時代とホワイトソックス時代[編集]

1996年に、ドラフト5巡目でホワイトソックスから指名を受け、プロ入り。

2000年に、メジャーデビューを果たした。

2002年頃から、レギュラー格の選手として起用され始め、徐々に才能が開花。

2004年に、自身初の20本塁打をクリアした。

2005年は、自身初めてワールドシリーズに出場した。

2006年には、下位打線のバッターながら30本塁打を放った。

ツインズ時代[編集]

2009年2月20日、ミネソタ・ツインズと250万ドル+出来高700万ドルで1年契約。9月20日に、背中手術を受けシーズンを終えた。[2]

2011年1月20日に、コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだ。[3]2月17日に、FAとなった。その後、引退した。[4]

特徴[編集]

打撃面では早打ちの傾向が強い選手。その為、四球三振共にそれほど多くない。足の速さは平均以下。守備面では、以前はムラのある雑な守備という印象が強かったが、最近はレベルが上がってきており、守備範囲の広さはメジャー全体でも上位につける。

守備が優れている上、下位打線のバッターとしては勿体無いくらいの打力を備えた選手だが、持病に腰痛がある。

獲得タイトル・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2000 CWS 7 15 14 2 5 1 0 0 6 3 0 0 0 1 0 0 0 3 0 .357 .333 .429 .762
2001 17 55 50 1 11 1 1 0 14 7 1 0 0 1 3 0 1 11 1 .220 .273 .280 .553
2002 53 209 200 28 57 10 0 12 103 35 0 2 0 1 8 0 0 40 1 .285 .311 .515 .826
2003 151 580 536 68 140 31 2 19 232 75 1 1 2 4 32 1 6 75 11 .261 .308 .433 .741
2004 144 543 490 67 117 25 0 21 205 69 1 2 4 5 34 0 10 81 14 .239 .299 .418 .717
2005 132 471 432 54 109 21 0 22 196 62 1 1 2 4 25 3 8 66 7 .252 .303 .454 .757
2006 150 586 544 76 154 31 0 30 275 94 0 2 0 7 28 1 7 58 18 .283 .323 .506 .829
2007 47 178 167 13 36 5 0 4 53 22 0 1 0 1 10 0 0 24 1 .216 .258 .317 .575
2008 97 373 335 41 83 18 1 17 154 55 0 3 0 4 30 0 4 45 10 .248 .314 .460 .774
2009 MIN 90 367 333 42 75 16 1 15 138 48 0 0 0 3 29 1 2 56 6 .225 .289 .414 .703
通算:10年 888 3377 3101 392 787 159 5 140 1376 470 4 12 8 31 199 6 38 459 69 .254 .304 .444 .748
  • 2009年度シーズン終了時

脚注[編集]

外部リンク[編集]