レジー・サンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・サンダース
Reggie Sanders
Reggie Sanders.jpg
レジー・サンダース(写真はセントルイス・カージナルス所属時に撮影されたもの)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 サウスカロライナ州
生年月日 1967年12月1日(47歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト7巡目
初出場 1991年8月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レジー・サンダース(Reginald Laverne "Reggie" Sanders、1967年12月1日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州フローレンス出身の野球選手外野手、右投右打。

略歴[編集]

1987年ドラフト7巡目でシンシナティ・レッズから指名されプロ入り。1999年にトレードでサンディエゴ・パドレスに移籍してからは、多くの球団を渡り歩く、いわゆる "ジャーニーマン" となった。1999年からの10年間で8チームに所属している。

2005年は3月に虫垂炎の手術を行ったため、開幕からの出場が危ぶまれた。だが、大事には至らず、開幕から正左翼手としてプレーすることとなった。いざ、シーズンが始まると好調をキープ。しかし、7月15日の守備の際、中堅手ジム・エドモンズと激突し、右足の腓骨を折って故障者リスト入りを余儀なくされた。なんとか9月に復帰したものの、前半戦のような打棒は見られなかった。結局、故障の影響で1997年のレッズ時代以来の2桁出場となる93試合に終わったものの、5年連続20本塁打以上となる21本塁打をマーク。

2006年6月10日300-300(通算300本塁打 - 300盗塁)を達成した。ウィリー・メイズボビー・ボンズアンドレ・ドーソンバリー・ボンズに続き、大リーグ史上5人目の達成(のちにスティーブ・フィンリーも達成)。

特徴[編集]

長く現役生活を送るため、タバコアルコールは極力控え、シーズンオフにはウエイトトレーニングストレッチに励むなど、健康的な生活を心がけている[1]

"スシ"と"タグチ"[編集]

サンダースは元々、脂っこい食べ物が好きだったが、健康的な生活を送るために、寿司玄米といったナチュラルな食べ物を食べるようになった。セントルイス・カージナルス時代には、チームメイトの田口壮とともに、遠征先でいい寿司屋をさがすことが多かった[2]

獲得タイトル・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1991 CIN 9 40 40 6 8 0 0 1 11 3 1 1 0 0 0 0 0 9 1 .200 .200 .275 .475
1992 116 438 385 62 104 26 6 12 178 36 16 7 0 1 48 2 4 98 6 .270 .356 .462 .818
1993 138 563 496 90 136 16 4 20 220 83 27 10 3 8 51 7 5 118 10 .274 .343 .444 .787
1994 107 447 400 66 105 20 8 17 192 62 21 9 1 3 41 1 2 114 2 .263 .332 .480 .812
1995 133 567 484 91 148 36 6 28 280 99 36 12 0 6 69 4 8 122 9 .306 .397 .579 .976
1996 81 334 287 49 72 17 1 14 133 33 24 8 0 1 44 4 2 86 8 .251 .353 .463 .816
1997 86 358 312 52 79 19 2 19 159 56 13 7 1 0 42 3 3 93 9 .253 .347 .510 .857
1998 135 545 481 83 129 18 6 14 201 59 20 9 4 2 51 2 7 137 10 .268 .346 .418 .764
1999 SD 133 550 478 92 136 24 7 26 252 72 36 13 0 1 65 1 6 108 10 .285 .376 .527 .903
2000 ATL 103 377 340 43 79 23 1 11 137 37 21 4 3 0 32 2 2 78 9 .232 .302 .403 .705
2001 ARI 126 496 441 84 116 21 3 33 242 90 14 10 1 3 46 7 5 126 2 .263 .337 .549 .886
2002 SF 140 571 505 75 126 23 6 23 230 85 18 6 0 7 47 3 12 121 10 .250 .324 .455 .779
2003 PIT 130 498 453 74 129 27 4 31 257 87 15 5 0 2 38 4 5 110 10 .285 .345 .567 .912
2004 STL 135 487 446 64 116 27 3 22 215 67 21 5 1 3 33 5 4 118 5 .260 .315 .482 .797
2005 93 329 295 49 80 14 2 21 161 54 14 1 0 2 28 1 4 75 8 .271 .340 .546 .886
2006 KC 88 358 325 45 80 23 1 11 138 49 7 7 0 4 28 3 1 86 10 .246 .304 .425 .729
2007 24 85 73 12 23 7 1 0 36 2 0 1 0 0 11 0 1 15 2 .315 .412 .493 .905
通算:17年 1777 7043 6241 1037 1666 341 61 303 3042 974 304 115 14 43 674 49 71 1614 121 .267 .343 .487 .830
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ 「この選手のすべてが知りたい! MLB TALK SHOW No.17 Reggie Sanders」『月刊スラッガー』2006年12月号 日本スポーツ企画出版社 67~69頁
  2. ^ 「この選手のすべてが知りたい! MLB TALK SHOW No.17 Reggie Sanders」『月刊スラッガー』2006年12月号 日本スポーツ企画出版社 67~69頁

外部リンク[編集]