ショーン・エステス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・エステス
Shawn Estes
Shawn Estes.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンバーナーディーノ
生年月日 1973年2月18日(41歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト1巡目(全体11位)でシアトル・マリナーズから指名
初出場 1995年9月16日 ピッツバーグ・パイレーツ
最終出場 2008年9月24日 ロサンゼルス・ドジャース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ショーン・エステス(Aaron Shawn Estes, 1973年2月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンバーナーディーノ出身の元プロ野球選手投手)。左投右打。

経歴[編集]

1991年ドラフトシアトル・マリナーズから1巡目(全体11位)で指名され入団。その後、マリナーズ傘下のマイナー球団でプレイし、1995年5月21日サンフランシスコ・ジャイアンツサロモン・トーレスとともにトレード移籍し、同年9月16日にメジャーデビューを果たした。1996年メジャー初先発となった7月13日ロサンゼルス・ドジャース戦で7回を無失点、11奪三振に抑え、メジャー初勝利を記録。1997年は自己最多の19勝を記録し、オールスターに初めて選出された。

ジャイアンツでは2001年まで在籍し、2001年12月16日新庄剛志デシー・レラフォードとのトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。2002年、メッツでは8月15日シンシナティ・レッズへトレード移籍までに4勝9敗・防御率4.55を記録し、レッズでは1勝3敗・防御率7.71を記録。2003年シカゴ・カブス2004年コロラド・ロッキーズ2005年アリゾナ・ダイヤモンドバックスと3年間で3球団に在籍した。

2006年1月10日サンディエゴ・パドレスと1年契約に合意[1]。2006年は4月5日のジャイアンツ戦に登板した翌日から左ひじを痛め、故障者リスト入り[2]6月7日トミー・ジョン手術を受けシーズンを終えた。2007年はメジャーに昇格することなくパドレス傘下のマイナー球団で過ごし、2008年5月8日に故障者リスト入りしたケビン・キャメロンに代わりメジャー昇格を果たし[3]、同日2年ぶりにメジャーで登板した。同年、2勝3敗・防御率4.74の成績を記録した。

2009年1月9日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約に合意[4]。AAA級のアルバカーキ・アイソトープスで13試合の登板し、3勝4敗・防御率3.04を記録。

2010年ワシントン・ナショナルズとマイナー契約したが、スプリングトレーニング中の3月に引退を表明した。

年度別投球成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Padres agree to terms with Shawn Estes” (英語). MLB.com (2006年1月10日). 2009年12月27日閲覧。
  2. ^ Padres place Shawn Estes on 15-day disabled list” (英語). MLB.com (2006年4月7日). 2009年12月27日閲覧。
  3. ^ Padres place Kevin Cameron on the 15-day disabled list” (英語). MLB.com (2008年5月8日). 2009年12月27日閲覧。
  4. ^ Bollinger, Rhett (2009年1月6日). “Dodgers sign Estes to Minors deal” (英語). MLB.com. 2009年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]