ミッキー・ウェルチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッキー・ウェルチ
Mickey Welch
Mickey Welch baseball card.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgニューヨーク州ブルックリン
生年月日 1859年7月4日
没年月日 1941年7月30日(満82歳没)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1880年5月1日
最終出場 1892年5月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1973年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ミッキー・ウェルチMichael Francis Welch, 1859年7月4日 - 1941年7月30日)は、19世紀のメジャーリーグ野球選手。ポジションは投手ニューヨークブルックリン生まれのアイルランドアメリカ人

ニックネームは"Smiling Mickey"(スマイリング・ミッキー)。1880年代にニューヨーク・ジャイアンツで活躍し、史上3人目となるメジャーリーグ通算300勝を達成した。

経歴[編集]

1880年トロイ・トロージャンズでメジャーデビュー。83試合中65試合に登板し、34勝30敗の成績を記録する。この年の8月6日のクリーブランド・ブルース戦では、相手を1安打に抑えるピッチングを見せた。その後2シーズンはやや成績が低迷したが、ティム・キーフと共に先発投手としてチームを支えた。

1882年、トロージャンズの解散にともない、ニューヨーク・ジャイアンツに移籍。同年にアンダースロー以外の方法による投球が解禁されると、この恩恵を受ける形で多くの勝ち星を挙げた。1884年は39勝21敗で奪三振は345を記録する。1884年の8月28日の対フィラデルフィア戦では、1回から3回まで「9者連続三振」という記録を打ち立てた。この記録は1970年にトム・シーバーが10者連続三振を記録するまで、その後80年以上もメジャーリーグ記録として残ることになった[1]

1885年にはさらに成績が上昇し、44勝11敗、防御率1.66を記録。2年連続でチーム勝利数の半分以上の勝ち星を挙げた。この年のジャイアンツはウェルチとティム・キーフの二人で合計76の勝利を記録した。

1889年9月10日の試合で、試合中の負傷により打席に立てなくなったハンク・オーデイ代打としてウェルチが打席に立った。これが「メジャーリーグ史上最初の代打」の記録となる。当時のルールは選手が試合中に負傷するなど、打席に立てなくなった場合にのみ代打が認められていて、ウェルチはこのルールの適用第1号となったのである[2]

1890年の7月28日、ピッツバーグ戦で通算300勝を達成、その後1892年に現役を引退した。引退後はリゾートホテルの経営などを行っていた。 1940年、ニューハンプシャー州にて逝去。1973年ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1880 TRO 65 64 64 4 -- 34 30 0 -- .531 2387 574.0 575 7 80 -- -- 123 26 0 321 162 2.54 1.14
1881 40 40 40 4 -- 21 18 0 -- .538 1534 368.0 371 7 78 -- -- 104 11 0 186 109 2.67 1.22
1882 33 33 30 5 -- 14 16 0 -- .467 1256 281.0 334 7 62 -- -- 53 15 0 221 108 3.46 1.41
1883 NYG 54 52 46 4 -- 25 23 0 -- .521 1829 426.0 431 11 66 -- -- 144 27 0 271 129 2.73 1.17
1884 65 65 62 4 -- 39 21 0 -- .650 2370 557.1 528 12 146 -- -- 345 39 0 275 155 2.50 1.21
1885 56 55 55 7 -- 44 11 1 -- .800 1963 492.0 372 4 131 -- -- 258 39 1 170 91 1.66 1.02
1886 59 59 56 1 -- 33 22 0 -- .600 2151 500.0 514 13 163 -- -- 272 51 0 279 166 2.99 1.35
1887 41 40 39 2 -- 22 15 0 -- .595 1437 346.0 339 7 91 -- 5 115 16 0 191 129 3.36 1.24
1888 47 47 47 5 -- 26 19 0 -- .578 1710 425.1 328 12 108 -- 14 167 17 0 156 91 1.93 1.03
1889 45 41 39 3 -- 27 12 2 -- .692 1607 375.0 340 14 149 -- 10 125 18 0 196 126 3.02 1.30
1890 37 37 33 2 -- 17 14 0 -- .548 1270 292.1 268 5 122 -- 12 97 6 0 145 97 2.99 1.33
1891 22 15 14 0 -- 5 9 1 -- .357 764 160.0 177 7 97 -- 11 46 9 0 136 76 4.28 1.71
1892 1 1 0 0 -- 0 0 0 -- .000 30 5.0 11 0 4 -- 0 1 0 0 9 8 14.40 3.00
通算:13年 565 549 525 41 -- 307 210 4 -- .594 20308 4802.0 4588 106 1297 -- 52 1850 274 1 2556 1447 2.71 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

  • 通算完投数:525(歴代6位)
  • 通算暴投数:274(歴代2位)
  • 9者連続三振:1884年8月28日

脚注[編集]

  1. ^ 9人目の打者が「振り逃げ」だったためか、当時の公式記録に三振として記載されないという誤りがあった。そのため、ウェルチの9者連続三振の記録は認知されないままになっていたが、1941年になってハリー・シモンズという野球史研究家がこの間違いを指摘した。これにより、ウェルチの記録は達成後50年以上たってようやく日の目を見ることになった。
  2. ^ 現在のように怪我などをしていない選手に代打を出せるルールになったのは1892年のことである。

出典・外部リンク[編集]