テッド・ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テッド・ライオンズ
Ted Lyons
Ted Lyons.jpeg
1930年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州レイクチャールズ
生年月日 1900年12月28日
没年月日 1986年7月25日(満85歳没)
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1923年
初出場 1923年7月2日
最終出場 1946年5月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1955年
得票率 86.45%
選出方法 BBWAA[1]選出

セオドア・アマール・ライオンズTheodore Amar "Ted" Lyons, 1900年12月28日 - 1986年7月25日)は、1920 - 1940年代に活躍したアメリカ合衆国ルイジアナ州レイクチャールズ出身のプロ野球選手投手)。右投両打。ニックネームは"Sunday Teddy"(サンデー・テディ)。

略歴[編集]

1923年7月にホワイトソックスに入団。翌年から先発ローテーションの一角を担う。ライオンズはいわゆる打たせて取るタイプの投手で、全てのキャリアを通じてシーズンの奪三振数が80を超えたことが一度もなかったが、3年目の1925年には21勝、1927年には22勝を挙げて最多勝投手に2度輝いている。また1926年の8月21日にはノーヒットノーランを達成、その時の試合時間はわずか67分だった。

その後1931年に4勝と成績が落ち込んだ以外は、毎年コンスタントに2桁勝利を挙げる安定した活躍を見せていたが、30代後半にさしかかる1935年頃から、登板の回数は徐々に減っていく。1939年、当時ホワイトソックスの監督だったジミー・ダイクスは、38歳になっていたライオンズを、日曜日のデーゲームごとに登板させるようにした。「サンデー・テディ」のニックネームはここから来たものである。この日曜日ごとの登板策は功を奏し、ライオンズは38歳から41歳までの4シーズン全てで2桁勝利を挙げ、この4年間の通算で52勝30敗の成績を収めることができたばかりか、1942年には防御率2.10を記録、41歳で最優秀防御率投手にまでなっている。

第二次世界大戦での現役中断を挟んで、1946年には45歳で5試合に登板、同年現役を引退する。通算の勝ち星は260勝だが、当時ヤンキースの監督だったジョー・マッカーシーは、「もしヤンキースで投げていれば400勝以上はできただろう」とライオンズを評していた。引退後ホワイトソックスの監督を勤めるも、1948年に101敗を喫して退任。その後1954年までデトロイト・タイガースやブルックリン・ドジャースなどの投手コーチを歴任した。

1955年に記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出。1986年にルイジアナ州サルファにて死去。彼の背番号16』は、ホワイトソックスの永久欠番になっている。

通算成績[編集]

投手成績[編集]































W
H
I
P
594 484 4161.0 260 27 230 23 1073 4489 223 1121 31 55 1696 3.67 1.35

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:705試合、1563打数364安打、本塁打5、打点149、打率.233

監督としての戦績[編集]

















1946 C
W
S
A
L
125 64 61 .516 5
1947 155 70 84 .455 6
1948 154 51 101 .336 8
通算成績 434 185 245 .430

出典・外部リンク[編集]