ニック・アルトロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニック・アルトロック
Nicholas Altrock
Nick Altrock in 1925.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州シンシナティ
生年月日 1876年9月15日
没年月日 1965年1月20日(満88歳没)
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
初出場 1898年7月14日
最終出場 1933年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニック・アルトロック(Nicholas Altrock、1876年9月15日 - 1965年1月20日)は、20世紀初めのアメリカメジャーリーグ野球選手。主なポジションは投手。左投げ両打ち。

生涯[編集]

オハイオ州シンシナティ出身。シカゴ・ホワイトソックスに在籍していた頃の1904年から1906年という短い間、活躍した投手の一人だった。1906年はレギュラーシーズンにおいて20勝13敗、防御率2.06を記録し、同年のワールドシリーズではシカゴ・カブスに対して1勝1敗、防御率はシリーズ最高の1.00を記録し、ワールドシリーズ制覇の原動力となった。

1906年ワールドシリーズの第1戦目、4安打に抑えたアルトロックを群衆から守る警察官。彼らが内野にいることに注意されたい。当時、観客は試合終了後に球場のフィールドを歩くことが常であった。

1906年シーズン後に腕を痛めたことにより選手生命を棒にふり、1908年以降はほとんど投げることがなくなったが、それでも1924年までホワイトソックスとミネソタ・ツインズにて投手を務め、さらに1933年に57歳になる時までたまに代打で出場した(その時の相手の中には、フィラデルフィア・アスレチックスルーブ・ウォルバーグ英語版もいた)。

1912年セネタースのコーチとなり、ワシントンにて1953年までの42年間を過ごした。これは、メジャー史上、同じフランチャイズにて連続した期間をコーチを務めた最長記録である。

コーチ時代はアル・シャット英語版と共にコーチャーズボックスでおどけたことで「野球界のピエロの王子」として有名になった。球団の公式マスコットによるフィールドでのコミカルなアトラクションが行われるようになるのは、これから10年以上後のことである。シャットとアルトロックはおふざけをコミカルなアトラクションによるヴォードヴィルの域にまで高めたが[1]、皮肉にも二人はコラボレーションを積み重ねていくうちに個人的な悪感情を募らせてしまい、最終的にはフィールドでお互いに口を聞かないようになってしまった。彼らがジャック・デンプシージーン・タニーの世界ヘビー級タイトルをかけた有名なボクシングの試合を真似た際、お互いに雨のようにパンチを浴びせ、まったく手加減していないように見えたという[2]

セネタースのコーチ時代、アルトロックが言ったとされる次のような皮肉が野球に関するいくつかの書籍に収められているが、おそらくはつくり話の逸話である。ある打者が放った打球がスタンドに入ったが、それがフェアなのかファウルなのかわからなかった。普段からアルトロックにからかわれていた審判は宣告を行い、直後に女性がスタンドから担架で運ばれてきた。審判は、打球が女性に当たったのかとアルトロックに尋ねた。すると彼ははっきり聞こえる声でこう言った。「いや。君の宣告によって女性はショックで意識を失ったんだよ。」

メジャーリーグにてプレーした最後の年となった1933年当時、彼はそれまでにメジャーに在籍した選手の中で史上2番目に高齢の選手となっていた。

1965年にワシントンD.C.にて88歳で没した。

獲得タイトル・記録[編集]

生涯成績[編集]

  • 83勝75敗
  • アウト数:425
  • 防御率:2.65
  • ワールドシリーズ出場:(1903年、1906年、1924年)

その他[編集]

  • シカゴ・ホワイトソックスにおける、9イニングあたりの与四球数の最小記録 (1.49)
  • 一つのフランチャイズでコーチを務めた、メジャーにおける連続最長記録(1912年から1953年までの42年間)


参考文献[編集]

  1. ^ Laurie, Joe, Jr. Vaudeville: From the Honky-tonks to the Palace. New York: Henry Holt, 1953年、p. 127.
  2. ^ 1954 Baseball Register. St. Louis: The Sporting News、1954年。

外部リンク[編集]