レイ・シャーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイ・シャーク
Ray Schalk
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州ハーヴェル
生年月日 1892年8月12日
没年月日 1970年5月19日(満77歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1912年
初出場 1912年8月11日
最終出場 1929年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1955年
選出方法 ベテランズ委員会選出

レイ・シャーク(Ray Schalk, 本名:Raymond William Schalk, 1892年8月12日 - 1970年5月19日) は、1910~1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。ポジションは捕手イリノイ州ハーベル生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Cracker"(クラッカー)。投手のリードと守備力に優れ、ホワイトソックスを2度のリーグ制覇に導いた。

経歴[編集]

1912年に、マイナーのミルウォーキー球団からホワイトソックスに入団、175cm/75kgと小柄な選手だったが、守備能力の高さを買われ2年目から正捕手の座に着く。当時打力の弱かったホワイトソックスにおいて、シャークはレッド・フェイバーエディ・シーコット、レブ・ラッセル、レフティ・ウィリアムズら投手陣をまとめる役割を果たした。1913年オフには「世界周遊野球チーム」のメンバーとして来日、日本でも試合を行っている。

ホワイトソックスは1914年以降徐々に上位に躍進し、1917年にレギュラーシーズンで100勝を挙げリーグを制覇する。この年のチームの防御率は2.16にまで下がっていた。また走塁面では、1916年に捕手としてのシーズン最多となる30盗塁を記録する。この記録が破られたのは66年後の1982年のことである。

1919年には2度目のワールドシリーズ出場を果たし、23打数7安打、打率.304の成績を残す。しかし翌年、チームはブラックソックス事件により多くの永久追放者を出すことになる。シャークはその後1927年から2年間ホワイトソックスの監督を兼任し、1929年にニューヨーク・ジャイアンツで現役を引退する。引退後はパデュー大学の打撃コーチやボウリング場の経営などをしていた。

1955年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1970年にシカゴで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明の箇所があることを示す。

































O
P
S
1762 5306 1345 199 49 11 579 594 176 355* 638 59 214 .253 .340 .316 .656

獲得タイトル・記録[編集]

ジョン・ワザン英語版捕手が1982年に更新 (36盗塁) した。

監督としての戦績[編集]

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]