マーティー・マリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーティー・マリオン
Marty Marion
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州リッチバーグ
生年月日 1917年12月1日
没年月日 2011年3月15日(満93歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1936年
初出場 1940年4月16日
最終出場 1953年7月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーティー・マリオン(Martin Whiteford Marion、1917年12月1日 - 2011年3月15日)は、主に1940年代に活躍したアメリカ合衆国の元プロ野球選手。ポジションは遊撃手。右投げ右打ち。ニックネームは"Slats"(スラッツ)、"The Octopus"(ジ・オクトパス)。第二次世界大戦期のセントルイス・カージナルスの名遊撃手で、1944年のナショナルリーグ最優秀選手。

来歴・人物[編集]

サウスカロライナ州リッチバーグ出身。1936年にカージナルスと契約、1940年に22歳でメジャーに昇格し1年目から125試合に出場した。身長はおよそ190cmもあったが体重は80kgにも満たない細身で、当時まだ小柄な選手が多かった中では珍しい大型の遊撃手だった。長い手足をのばしてゴロを捌く姿から、マリオンは記者たちから「オクトパス」というあだ名をつけられた。

2年目に155試合に出場、この年の28犠打はリーグ最多であった。3年目の1942年にはリーグ最多の38本の二塁打を記録したが、マリオン自身はむしろ堅実な守備力を買われていた選手であった。リーグの最優秀選手に選ばれ2度目のワールドシリーズ制覇を遂げた1944年には、リーグ最高の守備率.972を記録、3度目のワールドシリーズを制した1946年には、145試合で刺殺・補殺・併殺数いずれもリーグ最多を記録した。オールスターゲームにも1943年以降8年連続で選ばれている。

1950年のシーズンで一度選手を退き、翌1951年にカージナルスの監督を務めたが、1952年からはロジャース・ホーンスビーの後釜としてセントルイス・ブラウンズで選手兼任監督となり現役復帰をしている。その後1954年から3年間ホワイトソックスの監督を務めた。

2011年3月15日、病気の為に死去[1][2]。93歳没。

通算成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1940 STL 125 468 435 44 121 18 1 3 150 46 9 -- 12 -- 21 0 -- 34 12 .278 .311 .345 .656
1941 155 619 547 50 138 22 3 3 175 58 8 -- 28 -- 42 2 -- 48 10 .252 .308 .320 .628
1942 147 555 485 66 134 38 5 0 182 54 8 -- 20 -- 48 1 -- 50 9 .276 .343 .375 .718
1943 129 463 418 38 117 15 3 1 141 52 1 -- 11 -- 32 2 -- 37 4 .280 .334 .337 .671
1944 144 565 506 50 135 26 2 6 183 63 1 -- 16 -- 43 0 -- 50 9 .267 .324 .362 .686
1945 123 477 430 63 119 27 5 1 159 59 2 -- 6 -- 39 2 -- 39 5 .277 .340 .370 .709
1946 146 575 498 51 116 29 4 3 162 46 1 -- 15 -- 59 3 -- 53 9 .233 .318 .325 .643
1947 149 599 540 57 147 19 6 4 190 74 3 -- 9 -- 49 1 -- 58 16 .272 .334 .352 .686
1948 144 613 567 70 143 26 4 4 189 43 1 -- 9 -- 37 0 -- 54 13 .252 .298 .333 .631
1949 134 571 515 61 140 31 2 5 190 70 0 -- 17 -- 37 2 -- 42 17 .272 .323 .369 .692
1950 106 421 372 36 92 10 2 4 118 40 1 -- 4 -- 44 0 -- 55 10 .247 .327 .317 .644
1952 STB 67 210 186 16 46 11 0 2 63 19 0 2 4 -- 19 1 -- 17 6 .247 .320 .339 .659
1953 3 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 -- 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:13年 1572 6143 5506 602 1448 272 37 36 1902 624 35 2 151 -- 470 14 -- 537 120 .263 .323 .345 .668
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀選手:1944年
  • ワールドシリーズ出場:4回(1942年、1943年、1944年、1946年)
  • オールスターゲーム選出:8回、8年連続(1943年~1950年)
  • リーグ最多二塁打:1942年

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位

年度 チーム リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 備考
1951年 STL NL 155 81 73 .526 3位
1952年 STB AL 104 42 61 .408 7位 6月10日~
1953年 154 54 100 .351 8位
1954年 CHW 9 3 6 .333 3位 9月14日~
1955年 155 91 63 .591 3位
1956年 154 85 69 .552 3位
通算 731 356 372 .489

脚注[編集]

  1. ^ Former MVP Marion dies at age 93 St.Louis cardinals Official Press Release 2011-3-16
  2. ^ 名遊撃手マーティー・マリオン氏が死去 日刊スポーツ 2011年3月17日閲覧

出典・外部リンク[編集]