1946年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1946年のできごとを記す。1946年4月16日に開幕し10月15日に全日程を終えた。ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが、アメリカンリーグボストン・レッドソックスが優勝。ワールドシリーズはセントルイス・カージナルスが制した。

できごと[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボストン・レッドソックス 104 50 .675 --
2 デトロイト・タイガース 92 62 .597 12.0
3 ニューヨーク・ヤンキース 87 67 .565 17.0
4 ワシントン・セネタース 76 78 .484 28.0
5 シカゴ・ホワイトソックス 74 80 .481 30.0
6 クリーブランド・インディアンス 68 86 .442 36.0
7 セントルイス・ブラウンズ 66 88 .429 38.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 49 105 .318 55.0

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 98 58 .628 --
2 ブルックリン・ドジャース 96 60 .615 2.0
3 シカゴ・カブス 82 71 .536 14.5
4 ボストン・ブレーブス 81 72 .529 15.5
5 フィラデルフィア・フィリーズ 69 85 .448 28.0
6 シンシナティ・レッズ 67 87 .435 34.0
7 ピッツバーグ・パイレーツ 63 91 .409 34.0
8 ニューヨーク・ジャイアンツ 61 93 .396 36.0
  • ナショナルリーグではこの年、2リーグ体制確立後初めて1位と2位が同率となり、3試合制のプレーオフが実施された。

オールスターゲーム[編集]

  • ナショナルリーグ 0 - 12 アメリカンリーグ

ワールドシリーズ[編集]

  • カージナルス 4 - 3 レッドソックス
10/ 6 – レッドソックス 3 - 2 カージナルス
10/ 7 – レッドソックス 0 - 3 カージナルス
10/ 9 – カージナルス 0 - 4 レッドソックス
10/10 – カージナルス 12 - 3 レッドソックス
10/11 – カージナルス 3 - 6 レッドソックス
10/13 – レッドソックス 1 - 4 カージナルス
10/15 – レッドソックス 3 - 4 カージナルス

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ミッキー・バーノン (WS1) .353
本塁打 ハンク・グリーンバーグ (DET) 44
打点 ハンク・グリーンバーグ (DET) 127
得点 テッド・ウィリアムズ (BOS) 142
安打 ジョニー・ペスキー (BOS) 208
盗塁 ジョージ・ケース (CLE) 28

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ボブ・フェラー (CLE) 26
ハル・ニューハウザー (DET)
敗戦 ディック・ファウラー (PHA) 16
ルー・ネアー (PHA)
フィル・マーシルドン (PHA)
防御率 ハル・ニューハウザー (DET) 1.94
奪三振 ボブ・フェラー (CLE) 348
投球回 ボブ・フェラー (CLE) 371⅓
セーブ ボブ・クリンガー (BOS) 9

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 スタン・ミュージアル (STL) .365
本塁打 ラルフ・カイナー (PIT) 23
打点 イーノス・スローター (STL) 130
得点 スタン・ミュージアル (STL) 124
安打 スタン・ミュージアル (STL) 228
盗塁 ピート・ライザー (BRO) 34

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ハウィー・ポレット (STL) 21
敗戦 デーブ・コスロ (NYG) 19
防御率 ハウィー・ポレット (STL) 2.10
奪三振 ジョニー・シュミッツ (CHC) 135
投球回 ハウィー・ポレット (STL) 266
セーブ ケン・ラフェンスバーガー (PHI) 6

表彰[編集]

シーズンMVP[編集]

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

ベテランズ委員会選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]