スタン・コベレスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタン・コベレスキ
Stan Coveleski
Stan Coveleski.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州シャモキン
生年月日 1889年7月13日
没年月日 1984年3月20日(満94歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
166 lb =約75.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1912年9月10日
最終出場 1928年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1969年
選出方法 ベテランズ委員会選出

スタン・コベレスキ(Stanley Anthony "Stan" Coveleski、 1889年7月13日 - 1984年3月20日)は、1910~1920年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手ペンシルベニア州シャモキン生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Covey"(コービー)。1910~1920年代のクリーブランドの主力投手で、1920年以降もスピットボールを投げることを公式に認められていた一人。

略歴[編集]

ポーランド系アメリカ人として生まれたコベレスキは、1909年にマイナーリーグのランカスター球団に入団、1912年にアトランティックシティからフィラデルフィア・アスレチックスに入団してメジャーにデビューする。この年は5試合に登板し2勝1敗の成績だった。翌年から3年をマイナーで過ごした後、1915年にポートランドからインディアンズに入団、翌年から本格的にメジャーリーグで投げ始めた。1917年と1918年には2年続けて1点台の防御率を記録、1918年から1921年までは4年続けて20勝以上を挙げるなど、インディアンズの主力投手として活躍する。

1920年にはリーグの最多奪三振投手となり、この年のワールドシリーズに出場、ブルックリン・ロビンズを相手に3戦登板していずれも完投勝利、相手に合計で2点しか与えないという快投を見せ、インディアンズをシリーズ制覇に導く活躍をした。インディアンズには1924年まで在籍し、同年12月にセネターズにトレードされた。

35歳でセネターズに移った1925年、コベレスキは自身2度目となるリーグの最優秀防御率投手となり、セネターズのリーグ優勝に貢献する。しかしパイレーツと対戦したワールドシリーズでは、2戦に登板し2敗に終わった。セネターズには3年在籍した後、1928年にヤンキースで現役を引退した。

1969年にベテランズ委員会がアメリカ野球殿堂入り選手に選出。1984年にインディアナ州で死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]
































W
H
I
P
450 385 3082.0 215 38 142 21 981 3055 66 802 30 35 990 2.89 1.25

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:451試合、1058打数168安打、本塁打1、打点81、打率.159

出典・外部リンク[編集]