ジャスティン・マスターソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティン・マスターソン
Justin Masterson
フリーエージェント(FA)
Justin Masterson Cleveland.jpg
インディアンス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
サリー郡キングストン
生年月日 1985年3月22日(29歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 2008年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・ダニエル・マスターソンJustin Daniel Masterson, 1985年3月22日 - )は、ジャマイカキングストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

マスターソンは父親がジャマイカの神学校で働いていた関係でキングストンで生まれた[1]。 数年後にインディアナ州へ転居。その後ビーバークリークにある高校で捕手として野球選手のキャリアをスタートさせた。ベセル大学では先発投手として活躍し、その後転校したサンディエゴ州立大学では2005年はリリーフ、2006年は先発を務めた[2]

レッドソックス時代[編集]

2006年ボストン・レッドソックスにドラフト2巡目で指名され入団。入団後は先発からリリーフへ転向し、マイナーでのキャリアをスタートさせた。2006年は3勝1敗、防御率0.85という成績を残し、ベースボールアメリカのショートシーズンオールスター選手に選出された[3]

2007年には先発に復帰。この年は防御率は4点台だったがA級グリーンビル・ドライブ、AA級ポートランド・シードッグスで合計12勝をあげた[4]

2008年の開幕前にはベースボールアメリカの有望株ランキングで64位に選ばれる[5]。開幕はマイナーで迎えたが、4月24日ジョシュ・ベケット松坂大輔とインフルエンザによる先発投手の登板回避が相次いだ為に代役としてメジャー初昇格を果たす[6]。その当日に先発としてメジャーデビューを果たし、6回を投げ2被安打4四球4奪三振1被本塁打1失点という内容だったが勝敗はつかなかった。しかし5月20日、本拠地フェンウェイ・パークでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦にて6回3分の1を3被安打3四球1死球5奪三振1失点という投球を見せ、ついにメジャー初勝利を飾った。

インディアンス時代[編集]

2009年7月31日ビクター・マルティネスとの交換トレードでニック・ハガダンブライアン・プライスと共にクリーブランド・インディアンスに移籍した[7]

2011年はチームトップの12勝を記録。インディアンス先発投手陣の柱に成長した。

2014年2月18日にインディアンスと976万2500ドルの1年契約に合意した[8]。開幕後は19試合に登板し、4勝6敗、防御率5.51だった。

カージナルス時代[編集]

2014年7月30日にジェームズ・ラムジーとのトレードでセントルイス・カージナルスへ移籍した[9]。オフに、FAとなった。

選手としての特徴[編集]

長身からサイドスローに近いスリークォーターで常時92~93mphの高速シンカーツーシーム)を投げ、ゴロアウトとフライアウトの比率は4対1と典型的なシンカーボーラー。スライダーチェンジアップも用いる。やはりレッドソックスに所属し、後にインディアンスで共にローテーションを組んだデレク・ロウに似たタイプの投手だとされている[10][11]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 BOS 36 9 0 0 0 6 5 0 3 .545 365 88.1 68 10 40 3 8 68 1 0 31 31 3.16 1.22
2009 31 6 0 0 0 3 3 0 6 .500 312 72.0 72 7 25 2 6 67 3 0 38 36 4.50 1.35
CLE 11 10 1 0 0 1 7 0 0 .125 256 57.1 56 5 35 1 2 52 2 0 35 29 4.55 1.59
'09計 42 16 1 0 0 4 10 0 6 .286 568 129.1 128 12 60 3 8 119 5 0 73 65 4.52 1.45
2010 34 29 1 1 0 6 13 0 2 .316 802 180.0 197 14 73 4 11 140 12 0 107 94 4.70 1.50
2011 34 33 1 0 0 12 10 0 0 .545 908 216.0 211 11 65 4 11 158 5 0 89 77 3.21 1.28
2012 34 34 1 0 0 11 15 0 0 .423 906 206.1 212 18 88 1 13 159 14 0 122 113 4.93 1.45
2013 32 29 3 3 0 14 10 0 0 .583 803 193.0 156 13 76 0 17 195 8 0 75 74 3.45 1.20
通算:6年 212 150 7 4 0 53 63 0 11 .457 4352 1013.0 972 78 402 15 68 839 45 0 497 454 4.03 1.36
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Profile: #21 Justin Masterson”. San Diego State University. 2008年4月24日閲覧。
  2. ^ Justin Masterson - Red Sox pitching prospect, interview by David Laurila aka Cambridge”. Royal Rooters of Redsoxnation.net. 2008年4月24日閲覧。
  3. ^ BaseballAmerica.com: Minors: 2006 Minor League All-Stars”. 2008年4月24日閲覧。
  4. ^ Minor League Report: Justin Masterson Righty looking to live up to expectations after quick rise”. The Official Site of The Boston Red Sox. 2008年4月24日閲覧。
  5. ^ Top 100 Prospects: No. 61-80”. Baseball America. 2008年4月24日閲覧。
  6. ^ New day, new face”. The Official Site of The Boston Red Sox. 2008年4月24日閲覧。
  7. ^ V-Mart to Red Sox details ironed out Indians agree to deal catcher to Boston for three pitchers”. indians.com (2009年7月31日). 2009年8月5日閲覧。
  8. ^ Jordan Bastian (2014年2月18日). “Masterson, Indians avoid arbitration with one-year deal”. MLB.com. 2014年2月19日閲覧。
  9. ^ Cardinals & Indians announce trade; Cards acquire 2013 A.L. All-Star pitcher Justin Masterson”. MLB.com Cardinals Press Release (2014年7月30日). 2014年7月31日閲覧。
  10. ^ Boston Red Sox - It's Show time for Masterson today”. The Boston Globe. 2008年4月24日閲覧。
  11. ^ #35 Justin Masterson”. SoxProspects.com. 2008年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]