アール・アベリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アール・アベリル
Earl Averill
EarlAverillGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州スノホミッシュ
生年月日 1902年5月21日
没年月日 1983年8月16日(満81歳没)
身長
体重
5' 9.5" =約176.5 cm
172 lb =約78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
初出場 1929年4月16日
最終出場 1941年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1975年
選出方法 ベテランズ委員会選出


アール・アベリル(Howard Earl Averill, 1902年5月21日 - 1983年8月16日)は、1930年代のアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは中堅手ワシントン州スノホミッシュ生まれ。右投げ左打ち。現役時代の背番号は『3』。ニックネームは"Rock"、もしくは名前にひっかけて、"The Earl of Snohomish"(スノホミッシュ伯爵)とも。実働13年ながら、現インディアンスの打撃部門の球団記録をいくつも保有している。息子 (アール・アベリル) もMLBのプロ野球選手だった。

経歴[編集]

1929年に、パシフィック・コーストリーグのサンフランシスコから、クリーブランド・インディアンスに入団。デビューは27歳と遅かったが、1年目から初打席初本塁打の衝撃的デビューを飾ってほぼ全ての試合に出場、打率.332、198安打を記録する。デビューから最初の6年間打率3割を維持、1931年には初めて最優秀選手 (MVP) の候補にもなった。

1933年、この年から始まったオールスターゲームに出場。第1回から6年続けて出場した外野手は、アベリルのみである。1937年のオールスターゲームでは、相手投手ディジー・ディーンの球を強烈なライナーではじき返し、ディーンがつま先を骨折するというエピソードもある。

また1934年には、全米選抜チームの一員として、ベーブ・ルースらと共に来日している。同年11月8日、北海道函館市で行われた全日本選抜チームとの対戦では、先発の青柴憲一から満塁ホームランを放っている。

1936年、アベリルは232安打、打率.378と、キャリア最高の打撃成績を残す。安打数はリーグ最多、打率は同年首位打者となったルーク・アップリングに次いで2位だった。インディアンス在籍時に、チームは一度も優勝争いをすることはなかったが、1939年シーズン半ばで移籍したデトロイト・タイガースが、翌1940年にアメリカンリーグを制覇、アベリルは38歳で初めてワールドシリーズに出場する。が、結果は3打数ヒットなしに終わった。1941年にブレーブスと契約したが、わずか8試合に出ただけで同年現役を引退する。

1975年、ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1983年ワシントン州にて死去。 現役時代の背番号3』は、殿堂入りした1975年にインディアンスの永久欠番になっている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

































O
P
S
1929 CLE 151 597 110 198 43 13 18 96 13 63 53 .332 .398 .538 .936
1930 139 534 102 181 33 8 19 119 10 56 48 .339 .404 .537 .941
1931 155 627 140 209 36 10 32 143 9 68 38 .333 .404 .576 .980
1932 153 631 116 198 37 14 32 124 5 75 40 .314 .392 .569 .961
1933 151 599 83 180 39 16 11 92 3 54 29 .301 .363 .474 .837
1934 154 598 128 187 48 6 31 113 5 99 44 .313 .414 .569 .983
1935 140 563 109 162 34 13 19 79 8 70 58 .288 .368 .496 .864
1936 152 614 136 232 39 15 28 126 3 65 35 .378 .438 .627 1.065
1937 156 609 121 182 33 11 21 92 5 88 65 .299 .387 .493 .880
1938 134 482 101 159 27 15 14 93 5 81 48 .330 .429 .535 .964
1939 CLE-DET 111 364 66 96 28 6 11 65 4 49 42 .264 .353 .464 .817
1940 DET 64 118 10 33 4 1 2 20 0 5 14 .280 .309 .381 .690
1941 BSN 8 17 2 2 0 0 0 2 0 1 4 .118 .211 .118 .329
通算成績 1668 6353 1224 2019 401 128 238 1164 70 774 518 .318 .395 .534 .929

獲得タイトル・記録[編集]

  • シーズン得点数:140 (1931年)
  • 通算得点数:1154
  • 通算打点数:1084
  • 通算長打数:724
  • 通算三塁打数:121
  • 通算塁打数:3200

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ \http://www.baseball-reference.com/teams/CLE/leaders_bat.shtml Cleveland Indians Batting Leaders - Baseball-Reference.com]

出典・外部リンク[編集]