アール・コームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アール・コームス
Earle Combs
EarleCombsGoudeycard.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州
生年月日 1899年5月14日
没年月日 1976年7月21日(満77歳没)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
初出場 1924年4月16日
最終出場 1935年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1970年
選出方法 ベテランズ委員会選出

アール・コームスEarle Bryan Combs1899年5月14日 - 1976年7月21日)は、1920年代 - 1930年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは中堅手ケンタッキー州ペブワース生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"The Kentucky Colonel"(ケンタッキー・カーネル)。現役時代の背番号は『1』。1920年代ヤンキースで「殺人打線」を形成したリードオフマン。

経歴[編集]

1924年にマイナーのルイビル球団からヤンキースに入団、1年目は24試合に出場し14安打、打率.400をマークし、2年目からヤンキースのセンターに定着した。2年目の1925年には200安打以上を打ち、打率.342を記録する。当時のヤンキースはベーブ・ルースをはじめ、トニー・ラゼリルー・ゲーリッグボブ・ミューゼルらを要しており、足の速かったコームスは、彼らが後に控える強力打線の先頭打者として活躍した。

1926年から3年続けてワールドシリーズに出場。1927年には打率.356、231安打で、23本の三塁打(現在も球団記録)のキャリア最高の打撃記録を挙げ、同年のピッツバーグ・パイレーツとのワールドシリーズも制した。

その後1932年まで、8年連続で100得点以上を挙げるなど不動のリードオフマンだった。ミラー・ハギンスは、コームスの安定して高い打撃・守備能力について、「自分のクラブにコームスが9人いたら、毎晩赤ん坊のようにぐっすり眠れるのに」と称していた。しかし1934年にセントルイスでの試合中、コームスは打球を追って外野壁に衝突し、頭蓋骨骨折の重傷を負う。結局この年は63試合に出場しただけだった。翌1935年に復帰するも、今度は外野守備で味方野手との衝突にあい、同年引退に追い込まれた。

1970年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。1976年ケンタッキー州で77歳で死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

































O
P
S
1455 5746 1866 309 154 58 1186 632 96 278 670 17 74 .325 .397 .462 .859

獲得タイトル・記録[編集]

  • ワールドシリーズ出場:4回(1926年、1927年、1928年、1932年)
  • 最多安打:1回(1927年)
  • 8年連続100得点以上(1925年 - 1932年)
  • シーズン三塁打数球団記録:23(1927年)

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]