ウィラード・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィラード・ブラウン
Willard Brown
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州シュリーブポート
生年月日 1911年6月26日
没年月日 1996年8月4日(満85歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ニグロリーグ、MLB:

その他:

  • メキシカンリーグ(1940年)
  • マイナーリーグ(1950,1953-1956年)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2006年
選出方法 ニグロリーグ特別委員会による選出

ウィラード・ブラウン(Willard Jessie "Home Run" Brown, 1915年6月26日 - 1996年8月4日) は、1930~1940年代にアメリカ合衆国ニグロリーグプエルトリコで活躍していた野球選手。主なポジションは中堅手ルイジアナ州シュリーブポート生まれ。右投げ右打ち。ニックネームは"Home Run" Brown(ホームラン・ブラウン)、プエルトリコでは"Ese Hombre"(エセ・オンブレ:『男の中の男』の意)とも。主にニグロリーグとプエルトリコのウィンターリーグで強打を誇った外野手で、1947年にメジャーリーグでもプレーした。

来歴・人物[編集]

1934年にニグロリーグのマイナー球団だったモンロー・モナークスに入団しプロの野球選手となる。1936年にカンザスシティ・モナークスに移籍。1930~1940年頃のニグロリーグでは本塁打を量産し、しばしばジョシュ・ギブソンとの本塁打数争いを制していたという。

1944年から1945年に第二次世界大戦に従軍した後、1947年にメジャーリーグの『カラーライン』が破られたのをきっかけに、この年の7月からセントルイス・ブラウンズ(現ボルチモア・オリオールズ)と契約しメジャーリーグに21試合に出場する(彼がメジャーリーグの試合に出場したのはラリー・ドビーのデビューの2週間後だった)。しかしブラウンはメジャーリーグでの人種差別に苦しみ、打率わずか.179、1本塁打の成績に終わりブラウンズから放出される。ただしこの本塁打は、アメリカンリーグにおいて黒人選手が放った最初の本塁打となった。

この年のシーズンオフに、ブラウンはプエルトリコのウィンターリーグに参加し、60試合で打率.432、27本塁打、86打点と打ちまくった。またプエルトリコのリーグでは1949~1950年のシーズンでも再び打撃三冠に輝いている。

1948年からニグロリーグのモナークスに復帰、モナークスでは1950年までプレーした。その後は1953年から1956年までテキサスのマイナーリーグに所属、1954年にはテキサスリーグで35本の本塁打を記録している。

1996年にヒューストンにて死去。2006年ニグロリーグ特別委員会によりアメリカ野球殿堂入り。

記録・表彰等[編集]

  • 生涯通算打率:.305
  • ニグロリーグでの通算打率:.352
  • プエルトリコのウィンターリーグで三冠王を2度獲得

メジャーリーグ通算成績[編集]



























O
P
S
1947 21 67 12 3 1 4 6 2 7 .179 .179 .269 .448

出典・外部リンク[編集]