ターキー・ステアーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターキー・ステアーンズ
Turkey Stearnes
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ナッシュビル
生年月日 1901年5月8日
没年月日 1979年9月4日(満78歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • ナッシュビル・エリート・ジャイアンツ(1920年)
  • モンゴメリー・グレイソックス(1921年)
  • メンフィス・レッドソックス(1922年)
  • デトロイト・スターズ(1923-1931,1933,1937年)
  • ニューヨーク・リンカーン・ジャイアンツ(1930年)
  • カンザスシティ・モナークス(1931,1934,1938-1941年)
  • コールズ・アメリカン・ジャイアンツ(1932-1935年)
  • フィラデルフィア・スターズ(1936年)
  • シカゴ・アメリカン・ジャイアンツ(1938年)
  • デトロイト・ブラックソックス(1942年)
  • トレド・カブス(1945年)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2000年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ターキー・ステアーンズ(Norman Thomas "Turkey" Stearnes、 1901年5月8日 - 1979年9月4日)は、1920~1940年代にアメリカ合衆国ニグロリーグで活躍していた野球選手。主なポジションは中堅手テネシー州ナッシュビル生まれ。左投げ左打ち。その独特の走塁スタイルから、"Turkey"七面鳥)というニックネームで呼ばれた。ニグロリーグで本塁打王を6度、首位打者を3度取ったといわれる強打の外野手。

来歴・人物[編集]

1920年に生まれ故郷のナッシュビルで野球を始める。1923年からは、ステアーンズがその後も長く在籍したデトロイト・スターズに入団。この年に打率.365、17本塁打の記録を残す。デトロイトではその後1924年(10本)、1925年(18本)、1928年(24本)、1931年(8本)と、4度のリーグ最多本塁打を放った。当時彼は「ゲームに勝てなければ意味はないから、勝てなかった試合のホームランは数えていないよ」というコメントをしている。デトロイト在籍当時、ステアーンズはシーズンオフに生活費を稼ぐため、ウォルター・ブリッグスの所有していた自動車工場で働いていたという。ブリッグスは当時メジャーリーグのデトロイト・タイガースの所有者でもあったのだが、当時のメジャーリーグの「カラーライン」のため、ステアーンズがメジャーでプレーすることはついになかった。

ステアーンズは1931年までデトロイトに所属したが、同年世界恐慌の影響から、デトロイト球団はステアーンズに給料を支払えなかったそうで、翌1932年以降いくつかのチームを転々とするようになる。同じ1932年に、ステアーンズは最多本塁打、最多盗塁、最多二塁打、最多三塁打の「リーグ四冠王」になっている。四冠王になったのはニグロリーグではオスカー・チャールストン以来の快挙で、彼がパワーとスピードを兼ね備えた選手であったことが判る。

非公式な記録ながら、1930年代のステアーンズの通算打率は.350あったといわれ、特に1933年から1935年の打率はそれぞれ.342、.374、.430にもなっていたという。1935年には打率とあわせて3つの打撃タイトルを得ている。

ステアーンズは1941年のカンザスシティ・モナークスでのプレーを最後にニグロリーグから引退し、1942年にセミプロのデトロイト・ブラックソックスに所属した後、1945年にブランチ・リッキーによって作られたステートリーグのトレド・カブスで野球選手としての生活を終えた。ステアーンズは44歳までの野球選手経歴の中で本塁打王に6回、首位打者に3回輝いているが、その後しばらくその存在は忘れられていた。1970年代に殿堂入りしたクール・パパ・ベルは、「ステアーンズの殿堂入りがかなわないなら、俺もここ(殿堂)から連れ出してくれ」と主張していたほどである。1979年にデトロイトにて死去。2000年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入りした。

記録・表彰等[編集]

  • ニグロリーグでの通算成績:750試合出場、打率.350、本塁打172(183本とも)、長打率.664
  • リーグ最多本塁打:1924年、1925年、1928年、1931年、1932年、1940年

出典・外部リンク[編集]