レイ・チャップマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイ・チャップマン
Ray Chapman
Ray Chapman Baseball.jpg
1917年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州ビーバーダム
生年月日 1891年1月15日
没年月日 1920年8月17日(満29歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1910年
初出場 1912年8月30日
最終出場 1920年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レイモンド・ジョンソン・チャップマンRaymond "Ray" Johnson Chapman , 1891年1月15日 - 1920年8月17日)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ビーバーダム出身のプロ野球選手遊撃手)。右投げ右打ち。

犠打と守備に長けたクリーブランド・インディアンスの正遊撃手だった。1920年8月16日の試合でニューヨーク・ヤンキースカール・メイズ投手の投球を頭部左側のこめかみ部分に受けて昏倒し、12時間後の翌17日早朝に亡くなった。MLB史上唯一の試合中に他選手から受けた傷害が原因で死亡した選手である(試合中の事故によって負った損傷が最終的に死に繋がった選手も他にダク・パワーズのみ)[1]。この悲劇の後に試合中に汚れたボール審判の判断でいつでも交換出来るようになり、スピットボールなどボールに細工をする行為の対策が徹底された[2][3]。翌1921年春にはインディアンスが当時のNFL選手が使用していた革製ヘルメットを試験的に導入しており、打撃用ヘルメットの開発に繋がる一つの契機にもなった[3]

経歴[編集]

1916年。スイングした後のチャップマンのバットの握り
1916年。カメラの前でポーズを決めるチャップマン

1910年セミプロ球団からマイナーリーグ球団へ移り、プロ野球のキャリアを開始した[4]

1911年7月30日にMLBクリーブランド・ナップスに入団した[5]

1912年8月30日にMLBデビュー[5]。このシーズンは31試合に出場し、打率.312を残した。

1913年から正遊撃手として試合に出場するようになり、犠打数がアメリカンリーグ最多となったのは1913年・1917年1919年の3度を数え[5]、1917年に記録したシーズン犠打数67はMLB歴代最多記録である[4]日本プロ野球では2001年宮本慎也が1シーズン67犠打を達成した)[6]

時々雑なプレーも見せたが、強い腕を持つ遊撃手として評価されていた[7]刺殺数がリーグ最多を記録した年が3度(1915年、1917年、1918年[5]。1917年には補殺数も528(リーグ最多)を数えた[5]

快速走者としても知られ[7]、1917年にはリーグ3位の52盗塁を記録した[5]。これは1980年までクリーブランド・インディアンスの球団記録として残った[8]。同じ1917年にリーグ4位の三塁打13本を放っている[5]。1918年にはリーグ最多となる84得点を挙げた[5]

ピアノを演奏し、アマチュア歌唱コンテストでも一度優勝した才能豊かな青年だった。情熱に溢れ、気さくで非常に陽気な性格から歴代のインディアンスの選手の中でも最も人気のある選手の一人であった[7]ベーブ・ルースタイ・カッブにも好かれていた[9]

1918年のシーズンが終了してから第一次世界大戦が終結するまでの3ヶ月はアメリカ海軍予備員として勤務した[4][7]

1920年シーズンが始まる直前にクリーブランドの著名なガス会社経営の実業家の娘ケイティと結婚した[7]。チャップマンは会社の仕事に専念するために引退も考えたが、最終的にはチーム内で最も親しい友人であり、1919年から選手兼任監督に就任したトリス・スピーカー監督のもとでインディアンス初の優勝旗を獲得出来るように協力するために、少なくとも1シーズンはプレーする事を決めた[7]

死亡事故[編集]

レイ・チャップマンの墓

1920年8月16日ポロ・グラウンズで行われた対ニューヨーク・ヤンキース戦の5回表、チャップマンはこの回の先頭打者としていつものように前傾姿勢を取りながら打席に立った。対するアンダースローカール・メイズ投手が1ストライク1ボールからインコース高めへ投じた速球が頭部左側のこめかみ部分を直撃し、チャップマンは地面に倒れて動かなくなった[7][10]。そして、当たった瞬間に右翼手のベーブ・ルースにもはっきり聞こえたほどの「ドスン」という大きな音がして一塁方向に跳ね返った[7]。メイズはバットのグリップエンドに球が当たったものと思い、球を処理して一塁へ送球した[7][10]一塁手ウォーリー・ピップは捕球後に異変を察知したという。ピップは本塁で左耳から血を流し、顔を歪めながら倒れているチャップマンを見て立ちすくんだ[7]トム・コナリー審判観客席まで走って医者を呼ぶように叫び出し[7][10]、他の選手と同様にスピーカー監督も倒れているチャップマンに駆け寄った[10]。2人の医師(うち1人がヤンキースの医師)が到着して氷を当て、チャップマンは意識を取り戻した[7]。立ち上がり、話そうとしたが、全く言葉が出てこなかった[10]。その後に不自由な足取りで外野の中堅方向に位置するクラブハウスに向けて自力で歩いて戻ろうとしたが、二塁ベース手前で崩れ落ちた[10]。2人のチームメイトの肩に寄り添いながら、クラブハウスに担ぎ込まれた[7]。チャップマンは言葉を発する事に苦労していたが、「私は大丈夫だ。カールには気にするなと伝えてくれ」と言ったという。また、「指輪・・・ケイティの指輪」と呟き続けた[10]。メイズは試合が中断されている間もマウンド上で待機していた[10]

チャップマンは直ぐにニューヨーク市内の病院に搬送された。3.5インチ(約9cm)の頭蓋骨陥没骨折を起こしており、到着した時には意識を失っていた[11]。症状の回復の見込みは立たなかったが、試合後に病院に駆け付けたチームメイトや多くのヤンキースの選手は一時的に呼吸と脈拍が改善した事を良い知らせとして受け取り、病院から去った[10]。しかし、その判断は誤りだった。

死球を受けてから12時間後の翌17日午前4時40分にチャップマンは搬送先の病院で亡くなった[10]。29歳没。1909年ダク・パワーズに次いでMLB史上2人目の試合中の事故が原因で死亡した選手となった[1]。妻のケイティは第1子を妊娠中であり、スピーカーが待つホテルへ行き、訃報を聞いた時に気を失ってしまった[10]。この日に予定されていた試合は彼の死により、中止された[7]。チャップマンは頭部に当たる投球に対して避ける素振りさえ見せなかった。夕暮れ時で、当時は頻繁に使用されていた汚れたボールによって目視が難しくなったためと推測された[4][12]。なお、近年は医療が目覚ましく進歩しているため、同じ事故が起きたとしても死亡する可能性はかなり低くなるだろうという見方がされている[13][14]

メイズは直ぐに自発的にマンハッタン地区検察局へ行き、彼の証言から事故には事件性は無いとの判断が下された[11][14]。事故の前からヘッドハンターだと疑われていたメイズに対する風当たりは強く、ボストン・レッドソックスデトロイト・タイガースは合同会議を開き、共同でメイズとの対戦をボイコットする方針を表明した[8]セントルイス・ブラウンズはメイズを野球界から追放すべきという意見に全会一致で同意した[8]。インディアンスの何人かの選手も二度とクリーブランドには来ないようにとメイズに警告した[7]。タイガースのドニー・ブッシュは球団を離れてインディアンスの遊撃手としてプレーする意思がある事をマスメディアに発表し[8]、タイ・カッブは23日の対ヤンキース戦の試合前に「可能であるなら、私はチャップマンの墓石にこう刻んでいただろう。ここに傲慢、悪質、貪欲の犠牲者が眠る」と記したノートをメイズに渡した[15]。多くの新聞の社説打撃用ヘルメットの開発を求める論調であり、ニューヨーク・タイムズ紙は「ビーンボールである」として激しく非難した[7]

チャップマンの死後[編集]

チャップマンの遺体はグランド・セントラル駅で会葬者の大群衆によって見送られた。8月20日にクリーブランド市内の大聖堂で執り行われたチャップマンの葬儀には数千人の多くのインディアンスファンや野球関係者が参列した[7](ケイティの実家を訪問している間に神経衰弱に陥ったスピーカー監督や身を潜めたメイズは欠席した)[14]。遺体はレイクビュー墓地に安置された[4][7][14]

インディアンスの選手達はシーズンを通して喪章(黒のアームバンド)を着用してプレーした。これはプロスポーツ選手が黒のアームバンドを着けてプレーした最初の例として考えられている[16]。スピーカー監督は落胆する選手達を結集し、インディアンスはチャップマンが死亡した1920年シーズンに球団初のリーグ優勝を成し遂げた。そして、ワールドシリーズでもブルックリン・ロビンスを破り、ワールドチャンピオンに輝いた。ワールドシリーズ最終戦の後、インディアンスのクラブハウスでは多くの選手が目に涙を浮かべていた[14]

また、インディアンスがチャップマンの後釜遊撃手として9月にマイナーリーグ球団から獲得したジョー・シーウェルは通算で7132打席に立ち、三振は114だけという球史に残るコンタクトヒッターとして活躍し、1977年ベテランズ委員会による投票でアメリカ野球殿堂入りを果たした[17]。シーウェルは後年にインディアンスに移籍した時の事を振り返り、「嬉しさよりも不安な気持ちの方が強かったが、北を旅し、クリーブランドのユニフォームに袖を通した時、自分はジョー・シーウェルでは無くてチャップマンなんだとイメージし、クリーブランドに名誉と栄光をもたらすために戦おうと決意した」と述べている[17]

妻のケイティは死亡事故当時に第1子の女子を妊娠中であり、チャップマンの死後にビジネスマンの男性と再婚した[18]。彼女は最愛の夫の死後はうつ病の発作に苦しみ、1928年4月20日に毒の含まれる洗浄液を飲んで自殺した[7][18]。娘は継父に育てられたが、1929年はしかに罹り、亡くなった[18]

2006年にチャップマンはクリーブランド・インディアンス殿堂入りを果たした[19]

チャップマンの死後まもなく、リーグ・パークに「彼は彼を知っていた全ての人の心の中に生きている」と刻まれた彼のブロンズ記念プラークが作成された[12]。その後にクリーブランド・スタジアム、次いでジェイコブス・フィールドへと移されたが、ジェイコブス・フィールドに輸送した後は置き場所が無くなり、忘れ去られていた。2007年2月にジェイコブス・フィールドの保管室を掃除する作業員によって再発見された時には、かつて青銅色だった表面にホコリやゴミが付着し、酸化して暗褐色に変わっていた[12]。プラークは復元され、プログレッシブ・フィールドにある歴史公園に展示される事になった[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1912 CLE 31 132 109 29 34 6 3 0 46 19 10 5 12 -- 10 -- 1 13 -- .312 .375 .422 .797
1913 141 601 508 78 131 19 7 3 173 39 29 -- 45 -- 46 -- 2 51 -- .258 .322 .341 .622
1914 106 442 375 59 103 16 10 2 145 42 24 9 18 -- 48 -- 1 48 -- .275 .358 .387 .745
1915 154 669 570 101 154 14 17 3 211 67 36 15 26 -- 70 -- 3 82 -- .270 .353 .370 .723
1916 109 436 346 50 80 10 5 0 100 27 21 14 40 -- 50 -- 1 46 -- .231 .330 .289 .619
1917 156 693 563 98 170 28 13 2 230 36 52 -- 67 -- 61 -- 0 65 -- .302 .370 .409 .779
1918 128 571 446 84 119 19 8 1 157 32 35 -- 35 -- 84 -- 6 46 -- .267 .390 .352 .742
1919 115 518 433 75 130 23 10 3 182 53 18 -- 50 -- 31 -- 3 38 -- .300 .351 .420 .772
1920 111 530 435 97 132 27 8 3 184 49 13 9 41 -- 52 -- 2 38 -- .303 .380 .423 .803
通算:9年 1051 4592 3785 671 1053 162 81 17 1428 364 238 52 334 -- 452 -- 19 427 -- .278 .358 .377 .735
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 赤太字はメジャーリーグ記録
  • クリーブランド・ナップスは、1915年にクリーブランド・インディアンスに球団名を変更

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Major leaguers who died in-season” (英語). ESPN.com. 2014年1月20日閲覧。
  2. ^ Chapman beaning - BR Bullpen” (英語). Baseball-reference.com. 2014年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 佐山和夫 (2008年2月12日). “「ヘルメット」その2 「耳付き」のはじまりは?”. 朝日新聞デジタル. asahi.com. 2014年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e Ray Chapman - BR Bullpen” (英語). Baseball-Reference.com. 2014年2月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h Ray Chapman Statistics and History” (英語). Baseball-Reference.com. 2014年2月9日閲覧。
  6. ^ 犠打 【シーズン記録】”. 日本野球機構オフィシャルサイト. 2014年2月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Ray Chapman” (英語). SABR.org. 2013年10月29日閲覧。
  8. ^ a b c d Ray Chapman” (英語). BaseballLibrary.com. 2014年2月9日閲覧。
  9. ^ THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The Participants” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年2月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The IncidentPrelude” (英語). TheDeadballEra.com. 2013年10月29日閲覧。
  11. ^ a b Beaned by a Pitch, Ray Chapman Dies” (英語). The New York Times. 2014年1月14日閲覧。
  12. ^ a b c d Hidden diamond: Indians uncover lost Ray Chapman plaque” (英語). USA Today. 2014年1月21日閲覧。
  13. ^ Simply Baseball Notebook's Forgotten In Time Ray Chapman” (英語). DavidZingler.com. 2014年2月18日閲覧。
  14. ^ a b c d e THE MAYS/CHAPMAN INCIDENT The Aftermath” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年1月23日閲覧。
  15. ^ Excerpt: Ty Cobb and Carl Mays” (英語). ESPN.com. 2014年2月17日閲覧。
  16. ^ Black Arm Band Began In Baseball Back In '20s By Cleveland Indians” (英語). The Morning Call. 2014年1月17日閲覧。
  17. ^ a b SPORTS OF THE TIMES; When Sewell Replaced Ray Chapman” (英語). The New York Times. 2014年1月17日閲覧。
  18. ^ a b c Katie Daly Chapman” (英語). Findagrave.com. 2013年8月8日閲覧。
  19. ^ Carlos Baerga, John Hart to be inducted into Cleveland Indians Hall of Fame” (英語). THE OFFICIAL SITE OF THE CLEVELAND INDIANS. MLB.com. 2014年1月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]