メジャーリーグ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メジャーリーグ
Major League
監督 デイヴィッド・S・ウォード英語版
脚本 デイヴィッド・S・ウォード
製作 クリス・チェイサー
アービー・スミス
製作総指揮 マーク・ローゼンバーグ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 レイナルド・ヴィラロボス
編集 デニス・M・ヒル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年4月7日
日本の旗 1989年6月24日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 11,000,000USドル
興行収入 49,797,148USドル[1]
次作 メジャーリーグ2
テンプレートを表示

メジャーリーグ』(Major League)は、1989年アメリカ映画メジャーリーグベースボールに実在する球団、クリーブランド・インディアンスを舞台にしたコメディー映画である。

続編に『メジャーリーグ2』、『メジャーリーグ3』がある。

ストーリー[編集]

メジャーリーグに属するクリーブランド・インディアンスは34年も優勝から遠ざかっている弱小球団。亡き夫の跡を継いだ新オーナーのレイチェルは1年の観客動員数が80万人を下回れば本拠地の移転が認められることを利用してマイアミ移転を目論む。そのために集められた選手はメジャーとは名ばかりの奇妙な選手たちばかりだった。

その一人、キャッチャーのジェイクは、シーズン直前、恋人だったリンに偶然出会う。彼女は既に別の男性と婚約していたが、彼はあきらめようとはしなかった。一方チームはシーズンが始まっても低空飛行を続けていた。が、とある日近眼を克服したムショ上がりの若いピッチャー、リッキーの活躍で快勝し、チームに勢いがつき始める。60勝61敗となった日、チームはレイチェルの企みを知る。これに発奮した彼らは怒涛の快進撃を見せ、ついに同率で強豪ニューヨーク・ヤンキースとのプレーオフに臨む。インディアンスの優勝は、そしてジェイクの恋の行方は―。

スタッフ[編集]

登場人物[編集]

インディアンスの選手[編集]

ジェイク・テイラー:トム・ベレンジャー
メキシカンリーグでプレーしたのちインディアンスに入団。右投右打でポジションはキャッチャー。背番号は7。以前は最優秀選手に輝いたこともあったが、ひざの故障でここ数年は低迷し、メキシカンリーグに落ちていた。当初は送球に難があったが、シーズンを消化して行くにつれて克服していく。ルーキーや若輩者の面倒見がいい。かつての恋人リンへの想いを忘れられずにいる。
リッキー・ボーン:チャーリー・シーン
車の窃盗を犯し刑務所暮らしをしていた。出所したのちインディアンスに入団。右投でポジションはピッチャー。背番号99。タトゥーにモヒカンのような髪型でキャンプに登場する。速球は速いがコントロールが恐ろしく悪く、暴投に苦しんでいた。しかし、ふとしたきっかけで実は近眼であることが判明。眼鏡をかけたのを機に見違えるピッチングを披露し、一躍リーグを代表するピッチャーになる。登板時のテーマソング、愛称はWild Thing。背番号99とは剛速球を意味する(99マイル=約159km/h)。
ロジャー・ドーン:コービン・バーンセン
ゴルフバッグを持ってキャンプに参加。野球を金持ちの道楽のように考えているベテランで、リッキーとはことあるごとに反目する。右投右打でポジションはサード。背番号は24。打撃は健在だが、守備ではかつて重傷を負ったこともあって怠慢プレーが目立つ。将来設計を理由に危険なプレーを避けていたが、ジェイクからの指摘とレイチェルの陰謀発覚に発憤して態度を変える。レギュラーシーズンの成績は打率.271、86打点。
ウィリー・メイズ・ヘイズ:ウェズリー・スナイプス
キャンプ地に登場するないや、ウィリー・メイズのようにプレーし、ボブ・ヘイズのように足が速いと豪語するが、インディアンスのキャンプに勝手に潜り込んだことが発覚し、キャンプ初日の夜に宿舎からベッドごと運び出されてしまう。メイズが気がついたときは次の日の朝で練習が始まっていた。しかし、ダッシュの練習中にパジャマ姿のまま乱入、俊足を見せつけ入団が決定する。正式に選手として練習に参加するも、今度は打撃がさっぱり。また、随所でお調子者ぶりを発揮し、ルーやジェイクに嗜められる場面も。右投右打でポジションはセンター。背番号は00フォルクス・ワーゲンの前半分をベンツに改造したという珍妙な自家用車を持つ。レギュラーシーズンの打率は.291。
ペドロ・セラノ:デニス・ヘイスバート
信仰の自由を求めてキューバから亡命した巨体の主砲。典型的な“扇風機”で直球ならホームランを連発するが、変化球はからっきしダメ。右投右打でポジションはライト。背番号は13。熱心なブードゥー教信者で、ロッカーは葉巻やらラム酒やらでごったがえしている。彼曰く、「キリストは好きだが、キリストはカーブがダメ」らしい。また、試合前には神へのお祈りや供え物も怠らない。苦手な変化球への対応は神頼みで、普段は筋トレをしたり、バットやスキンヘッドの手入れをしている。
エディー・ハリス:チェルシー・ロス
右投でポジションはピッチャー。背番号は10。経験のあるベテランであるが、肩や腹に食用油脂やローションなどを塗っており、「どれも指先に塗るだけでカーブの落ちが7センチ違う」と豪語する(不正投球であるが、作品内で実際に行われたかは不明)。熱心なキリスト教徒で、よくセラノと対立している。また、セラノのお供えのラム酒を飲み「たたりなし」と言ったがグラウンドに出た直後に飛んできたバットが頭部に直撃した。後に、セラノとは和解し、ブルペンにセラノの御神体を飾って練習した。
ルー・ブラウン:ジェームズ・ギャモン
タイヤ工場を経営している傍らマイナーリーグのチーム監督をしている。ドノヴァンからチームの監督に招聘される。背番号は34

インディアンスのフロント[編集]

レイチェル・フェルプス:マーガレット・ホイットン
球団のオーナーであった夫の死後、新たにオーナーに就任した。元ショーガールで野球の事は何一つわかっていなかったが、球団をマイアミに移転しようと企み選手達に対し遠征の飛行機をプロペラ機やバスに変えたり、ロッカーのシャワーの修理をしないなどあの手この手を使ってチームを負けさせようとする。
チャーリー・ドノヴァン:チャールズ・サイファース
インディアンスのゼネラルマネージャーで前監督。レイチェルによって監督からフロントに異動され、球団移転計画の補佐役にされるが、実はチームの勝利を何よりも願っている。彼女のチームへの仕打ちに耐えきれず、計画をルーに密告したことがチームの起爆剤となった。最後はレイチェルの発言を無視してチームの応援に徹した。

その他[編集]

リン・ウェルズ:レネ・ルッソ
ジェイクの元恋人であると200m個人メドレーで同時にオリンピック候補にまでなった水泳選手でもあった。現在は図書館で働いていて、既に婚約相手もいるが……。なお、ジェイクが彼女に電話をかけたとき、なぜか「リン・ウェストランドさんいますか?」と問いかけている。
ハリー・ドイル:ボブ・ユッカー
インディアンスの試合の実況アナウンサー。愛ある毒舌家。
モンティ:スキップ・グリッパース
ハリーと共に実況をしている。一応アナウンサー学校卒だが、実況はイマイチ。

現実のインディアンス[編集]

本物のクリーブランド・インディアンスも1994年頃からアメリカン・リーグの強豪チームとして快進撃し、1995年にはアメリカンリーグ優勝を果たしている。

日本語吹替[編集]

ビデオ・DVD 日本テレビ
金曜ロードショー
ジェイク 津嘉山正種 小川真司
リッキー 池田秀一 矢尾一樹
ロジャー 納谷六朗 羽佐間道夫
レイチェル 沢田敏子 弥永和子
ルー 大宮悌二
リン 高島雅羅 小山茉美
ウィリー 富山敬 山寺宏一
チャーリー 水鳥鉄夫
ペドロ 大友龍三郎 菅生隆之
ハリス 嶋俊介 仁内建之
バウデン 江原正士 田中正彦
ヘイウッド 中畑清
ハリー 浦野光 徳光和夫
ヤンキースの監督 江夏豊
ヤンキースのキャッチャー 掛布雅之
インディアンスのコーチ 堀内恒夫
翻訳 たかしまちせこ
演出 清水勝則
調整 遠西勝三
日本語版制作 ザック・プロモーション
(杉山安男)
プロデューサー 垂水保貴、奥田誠治

テレビゲーム[編集]

映画の影響[編集]

現在、プロ野球ではホームチームの選手には入場曲があるが、テーマソングの「Wild thing」は、ホームチームのクローザーの入場テーマとして、大きく流行った。 また、『報道ステーション』のメジャーリーグのコーナーや『すぽると』のハイライト・ダイジェスト映像でも使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ Major League (1989)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]