ルイス・ソカレキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・ソカレキス
Louis Sockalexis
LouisSockalexis.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メイン州ペノブスコットインディアンアイランド居留地
生年月日 1871年10月24日
没年月日 1913年12月24日(満42歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手右翼手
プロ入り 1897年
初出場 1897年4月22日
最終出場 1899年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・ソカレキスもしくはチーフ・ソカレキス[1]Louis Francis "Chief" Sockalexis, 1871年10月24日 - 1913年12月24日)は、1890年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは右翼手メーン州オールドタウン生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"The Deerfoot of the Diamond"。メジャーリーグに初めて登場したインディアンの選手とされ、現在のクリーブランド・インディアンズの愛称の元となったと言われている選手。

来歴・人物[編集]

ソカレキスはペノブスコット族インディアンである。メーン州のオールドタウンの郊外にある「ペノブスコット・インディアン島保留地Reservation)」に生まれた。彼の祖父は部族の「熊の氏族」の酋長だった。

青年になってからその並外れた運動能力を示し、特にその肩の強さについて、巾180メートル以上あるペノブスコット川の対岸まで野球のボールを投げた、といった逸話を残すほどだった。在学していたホーリークロス・カレッジとノートルダム・カレッジでは投手・外野手をつとめ、チームの中心選手として活躍した。一度ハーバード大学の二人の教授が、ソカレキスの外野からの遠投の距離を計測したことがあり、その時は約126メートル投げたと記録されている。

25歳になった1897年、ソカレキスはクリーブランド・スパイダーズとプロ契約し入団する。その年は66試合に出場し、打率は.338、8本の三塁打と42打点,16盗塁などオールラウンドの活躍をし、その才能を世間に広くしられることとなった。後にニューヨーク・ジャイアンツの監督となるジョン・マグローも、当時のソカレキスの才能に目をつけていた一人だったそうである。

しかしソカレキスには在学中から飲酒癖があり、それが元で野球選手としては長く活躍できなかった(インディアン民族には酒造・飲酒の文化が無いため、過度の飲酒に耽る傾向があり、こういった例は多い)。1897年の7月4日、パーティーで泥酔したソカレキスは家の二階から飛び降り、その時にひどく足首を痛めてしまう。以後のソカレキスは1899年まで散発的に試合に出るだけになり、1899年の5月13日を最後にスパイダーズから退団した。退団後はペノブスコット族の保留地に戻り少年たちに野球を教えていたという。

1913年、ソカレキスは42歳で心臓麻痺によりメーン州で死去する。2年後の1915年に、当時のクリーブランド・ナップスが新たな愛称を公募した際、チームの愛称は『インディアンズ』となったが、当時球団とメジャーリーグ機構は、愛称採用の理由をソカレキスの活躍を讃えるものである、と説明している。埋葬当時のソカレキスの墓は、目印に木製の十字架がたっていただけだったそうだが、1934年にメーン州が石の墓標を立て直している。

なお彼の甥にあたるアンドリュー・ソカレキスは、1912年ストックホルムオリンピックにマラソン選手として出場し4位入賞、また1912年と1913年のボストンマラソンで2位に入っている。

年度別打撃成績[編集]
































O
P
S
1897 CLS 66 278 43 94 9 8 3 42 16 - 18 - .338 .385 .460 128 4 - - 3 - 0.845
1898 CLS 21 67 11 15 2 0 0 10 0 - 1 - .224 .246 .254 17 0 - - 1 - 0.500
1899 CLS 7 22 0 6 1 0 0 3 0 - 1 - .273 .304 .318 7 0 - - 0 - 0.622
通算 3年 94 367 54 115 12 8 3 55 16 - 20 - .313 .355 .414 152 4 - - 4 - 0.769

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 表記は現地発音によらず、既出の日本語表記に沿った。

出典・外部リンク[編集]