マディソン・バンガーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マディソン・バンガーナー
Madison Bumgarner
サンフランシスコ・ジャイアンツ #40
Madison Bumgarner on September 3, 2013.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ヒッコリー
生年月日 1989年8月1日(25歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト1巡目(全体10位)
初出場 2009年9月8日
年俸 $3,950,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マディソン・カイル・バンガーナー[2]Madison Kyle Bumgarner, 1989年8月1日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ヒッコリー出身のプロ野球選手投手)。左投右打。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

2007年のMLBドラフトサンフランシスコ・ジャイアンツから1巡目(全体10位)に指名を受け入団。

2008年はA級オーガスタ・グリーンジャケッツ7月28日から8月27日にかけてマイナーリーグでシーズン最長となる38イニング連続無失点を記録[3]するなど15勝3敗・防御率1.46・164奪三振の好成績でリーグ三冠を達成[3]。球団のマイナーリーグ最優秀選手に選出された[3]

2009年のシーズン開幕前に発表されたベースボール・アメリカ誌のプロスペクトランキングにおいてチーム内で1位の評価を受けた[4]。A+級サンノゼ・ジャイアンツで開幕を迎え、AA級のコネチカット・ディフェンダーズに昇格を果たし、オールスター・フューチャーズゲームの米国選抜に選出された[5]9月8日にメジャー昇格[6]。同日、先発予定だったティム・リンスカムが登板を回避し、その代役として先発登板。20歳38日のメジャー初先発は、1958年にサンフランシスコ移転して以降の球団史上マイク・マコーミック(メジャー初先発はサンフランシスコ移転前の1956年)に次ぐ若さとなった[7]

2010年は後半戦から先発ローテに定着し、7勝6敗、防御率3.00だった。テキサス・レンジャーズとのワールドシリーズでは第4戦に先発し、8回無失点の好投で勝ち投手になった。

2011年は年間を通じてローテを守り、200イニングの大台を突破。成績は13勝13敗、防御率3.21だった。

2012年は16勝11敗、防御率3.37だった。デトロイト・タイガースとのワールドシリーズでは、第2戦に先発登板し、6回無失点で勝ち投手となった。

2013年は31試合に登板し、13勝9敗、防御率2.77だった。7月にはオールスターゲームに選出されたが、登板はなかった。

2014年5月、6試合に登板し、5勝0敗、39イニングで防御率2.08、48奪三振などの成績を残し、自身初のピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞した。7月13日、本拠地AT&Tパークで行われたアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦の6回裏に満塁ホームランを打った。5回裏にバスター・ポージーが打った満塁ホームランとあわせ、同一試合でバッテリーの2人が共に満塁ホームランを打った史上初の出来事であった。また、投手としてシーズン2本の満塁ホームランを打ったのは1966年のトニー・クロニンガー以来史上2人目の記録である。またオールスターゲームに選出されたものの、前々日のこの日に先発登板したため、規定により登板することはできなかった。10月1日、ピッツバーグ・パイレーツとのワイルドカードゲームで、ポストシーズンでは自身初の完封勝利を挙げ、ディビジョンシリーズ進出に大きく貢献した。

選手としての特徴[編集]

左腕で、ほぼ横手投げに近い。1塁側からホームベースに近づく角度が大きくて、打者にとっては打ちづらい。特に左打者にとっては、背中側からボールがくるように感じられ、非常に打ちづらい。

奪三振率が高い。一方、下半身が安定したフォームのおかげで、制球が優秀であり、四死球は少ない。四死球は奪三振の3分の1以下。(2013年)

投手ながら、バッティングに優れる。2014年は4本塁打を放ち、通算本塁打は6本を誇るなど、投手としてはパワーが屈指である。

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 SF 4 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 10.0 8 2 3 1 0 10 0 0 2 2 1.80 1.10
2010 18 18 0 0 0 7 6 0 0 .538 472 111.0 119 11 26 2 5 86 1 1 40 37 3.00 1.31
2011 33 33 0 0 0 13 13 0 0 .500 844 204.2 202 12 46 5 5 191 0 1 82 73 3.21 1.21
2012 32 32 2 1 0 16 11 0 0 .593 849 208.1 183 23 49 6 7 191 3 2 87 78 3.37 1.11
2013 31 31 0 0 0 13 9 0 0 .591 803 201.1 146 15 62 6 6 199 6 0 68 62 2.77 1.03
2014 33 33 4 2 1 18 10 0 0 .643 873 217.1 194 21 43 3 6 219 4 1 81 72 2.98 1.09
通算:6年 151 148 6 3 1 67 49 0 0 .643 3881 952.2 852 84 229 23 29 896 14 5 360 324 3.06 1.14
  • 2014年度シーズン終了時

タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Madison Bumgarner Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年12月14日閲覧。
  2. ^ NHKなど一部メディアでは「バムガーナー」と表記されることがある。
  3. ^ a b c Sandoval and Bumgarner named inaugural Minor League Player and Pitcher of the Year” (英語). MLB.com (2008年9月23日). 2009年9月16日閲覧。
  4. ^ Baggarly, Andy (2009年1月28日). “San Francisco Giants: Top 10 Prospects” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年9月16日閲覧。
  5. ^ U.S. roster for Futures Game” (英語). ESPN.com (2009年7月2日). 2009年9月16日閲覧。
  6. ^ San Francisco Giants Transactions September 2009” (英語). MLB.com. 2009年9月16日閲覧。
  7. ^ Haft, Chris (2009年9月9日). “Bumgarner solid, but Giants lose ground” (英語). MLB.com. 2009年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]