サンバーナーディーノ (カリフォルニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンバーナーディーノのダウンタウン

サンバーナーディーノSan Bernardino)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州南部に位置する都市。ロサンゼルス東郊の砂漠地帯に位置する。人口は185,401人(2000年国勢調査)。2005年の推計では199,803人に増加している。古くはインランド・エンパイアと呼ばれる周辺一帯の中心となる工業都市として発展してきたが、近年ではロサンゼルス都市圏の拡大に伴い、同じ地域のリバーサイドなどと同様に郊外の住宅都市として人口が急増している。

歴史[編集]

サンバーナーディーノという名は1810年5月20日、ファザー・デュメッツ(Father Dumetz)によって付けられた。この名は聖人ベルナルディーノ(Bernardino of Siena)に由来している。19世紀中盤にはモルモン教徒の活動の拠点がここに置かれた。1854年には一時的に正式な市となったが、わずか3年で最初の市制は終わった。再び正式な市となったのは1886年のことである。

1880年代アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道が、1926年国道66号線が開通すると、サンバーナーディーノは交通の要衝となった。特に国道66号線はこの街に大きな影響を及ぼした。1940年には全米最初のマクドナルドが、サンバーナーディーノの国道66号線沿いに開店した。ジャズ・スタンダードの「ルート66」の歌詞中にはサンバーナーディーノの名が登場する。また、同国道の名を取ったマイナーリーグ野球チーム、インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ(Inland Empire 66ers)はサンバーナーディーノを本拠地としている。

州間高速道路が開通してからは、ロサンゼルス近郊の住宅都市として発展を続けた。1991年には通勤鉄道のメトロリンクが開通した。

市の別名[編集]

サンバーナーディーノは比較的新しい都市であるが、多くの別名を持っている。そのうちよく知られているものには以下のようなものがある。

  • San BerdooまたはBerdoo - 最もよく知られているが、侮蔑的な意味合いがある。
  • Gate City - 東部から陸路でロサンゼルスに向かう場合、サンバーナディーノ山脈を越えてロサンゼルスへの入口にあたるところにあるため。
  • City on the Move - 1970年代に用いられた。
  • The Heartbeat of Route 66

地理[編集]

サンバーナーディーノの位置

サンバーナーディーノは北緯34度7分46秒西経117度17分35秒(34.129510, -117.293150)に位置している。ロサンゼルス都市圏内、東郊約100kmの砂漠地帯に市街地が広がっている。標高は約360m(1,200フィート)である。

アメリカ合衆国統計局によると、サンバーナーディーノ市は総面積153.5km²(59.2mi²)である。そのうち152.3km²(58.8mi²)が陸地で1.1km²(0.4mi²)が水域である。総面積の0.74%が水域となっている。

サンバーナーディーノはロサンゼルスのダウンタウンに比べて乾燥しており、特に4月から9月まではほとんど雨の降らない日が続く。また夏の日中は暑く、摂氏35度(華氏95度)に達する。ただし乾燥しているため、夜になると摂氏17度(華氏62度)ほどまで下がって涼しくなる。ケッペンの気候区分ではBW砂漠気候)に属する。

治安[編集]

サンバーナーディーノの治安はあまり良いとはいえない。特に殺人の発生率が高い。連邦捜査局のデータによると、サンバーナーディーノにおける2005年の殺人発生件数は58件、人口10万人あたり31.3件であった。これは同年のロサンゼルス市の殺人発生率(人口10万人あたり13.2件)と比較して2.5倍に近い、高い数値であると言える。また、モーガン・クイットノー社の「全米の危険な都市」ランキングでは2004年版で16位、2005年版で18位、2006年版で24位と、ワースト25位以内にたびたび登場する。

交通[編集]

サンバーナーディーノにはI-10やI-15をはじめ、何本かの州間高速道路が通っている。これらの多くはロサンゼルス都市圏内のフリーウェイとなっている。また、かつて同市を通っていた旧国道66号線は、現在ではカリフォルニア州道66号線となっている。

サンバーナーディーノは、ロサンゼルスの通勤鉄道であるメトロリンクの終点である。ロサンゼルスのダウンタウンにあるユニオン駅とサンバーナーディーノを結ぶサンバーナーディーノ線(San Bernardino Line)は、メトロリンクの路線の中で最も運行本数の多い路線である。このほか、ダウンタウンを経由せずにオレンジ郡に通ずるインランド・エンパイア-オレンジ・カウンティ線(Inland Empire-Orange County Line)もサンバーナーディーノを起点・終点としている。またサンバーナーディーノには、アムトラックの長距離列車であるサウスウェスト・チーフ号も停車する。

  • 2008年9月12日午後4時半頃、メトロリンクの通勤列車と貨物列車が衝突、一部の車両が脱線横転し炎上した。メトロリンクの乗客222人の内25人が死亡、130人以上がけがをした。それ以前にも死者を出すメトロリンク通勤列車同士の正面衝突事故を起こしている。

過去にはパシフィック電鉄がロサンゼルスから運行されていた。

人口動勢[編集]

以下は2000年国勢調査における人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 185,401人
  • 世帯数: 56,330世帯
  • 家族数: 41,120家族
  • 人口密度: 1,217.2人/km²(3,152.4人/mi²)
  • 住居数: 63,535軒
  • 住居密度: 417.1軒/km²(1,080.3軒/mi²)

人種別人口構成

なお、サンバーナーディーノの人口の約2割はアメリカ合衆国外の生まれである。その8割を中南米系が占めている。

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 35.2%
  • 18-24歳: 11.0%
  • 25-44歳: 29.6%
  • 45-64歳: 16.0%
  • 65歳以上: 8.2%
  • 年齢の中央値: 28歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 96.7
    • 18歳以上: 92.2

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 44.1%
  • 結婚・同居している夫婦: 44.9%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 21.1%
  • 非家族世帯: 27.0%
  • 単身世帯: 21.1%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 3.19人
    • 家族: 3.72人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 31,140米ドル
    • 家族: 33,357米ドル
    • 性別
      • 男性: 30,847米ドル
      • 女性: 25,782米ドル
  • 人口1人あたり収入: 12,925米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 27.6%
    • 対家族数: 23.5%
    • 18歳未満: 36.2%
    • 65歳以上: 11.4%

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]