マーセド郡 (カリフォルニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリフォルニア州マーセド郡
マーセド郡の位置を示したカリフォルニア州の地図
郡のカリフォルニア州内の位置
カリフォルニア州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1855年
郡庁所在地 マーセド
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

5,123 km2 (1,978 mi2)
5,012 km2 (1,935 mi2)
111 km2 (43 mi2), 2.19
人口
 - (2010年)
 - 密度

255,793人
50人/km2 (129人/mi2)
ウェブサイト co.merced.ca.us

マーセド郡: Merced County[mərˈsɛd] mər-SED)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州セントラルバレーに位置する郡である。フレズノ市の北、サンノゼ市の南東にある。2000年国勢調査での人口は210,554人だったが、2010年では255,793人と21.5%増加した[1]郡庁所在地マーセドである[2]。郡名はマーセド川から採られた。

歴史[編集]

マーセド郡の名前はマーセド川、スペイン語で「エル・リオ・ヌエストラ・デ・ラ・メルセド」(我々の慈愛深い淑女の川)から採られた。1806年、スペイン軍人ガブリエル・モラガが率いた遠征隊が、暑く埃にまみれた1日の乗馬行の終わりにこの川に辿り着いたときに名付けた。

カリフォルニアが独立したメキシコの植民地であった間の1841年から1844年、マーセド郡となった地域に4つのメキシコ土地特許が与えられた。それらはオレスティンバ、パノチェ・デ・サンフアン・イ・ロス・カリサリトス、サンルイス・ゴンザガおよびサンホン・デ・サンタリタの各ランチョだった。

マーセド郡は1855年にマリポサ郡の一部から設立された。郡域の一部は1856年にフレズノ郡に割譲された。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,972平方マイル (5,107 km2)であり、このうち陸地は1,929平方マイル (4,995 km2)、水域は43平方マイル (112 km2)で水域率は2.19%である。

都市と町[編集]

人口1万人以上の都市[編集]

人口1万人以下の都市[編集]

  • ドスパロス
  • ガスティン

未編入の町[編集]

  • バリコ
  • クレッシー
  • デリー
  • ヒルマー
  • ルグランド
  • プラナダ
  • サンタネラ
  • スネリング
  • サウスドスパロス
  • ステビンソン
  • ウィントン

隣接する郡[編集]

国立自然保護地域[編集]

  • マーセド国立野生生物保護区
  • サンルイス国立野生生物保護区

交通[編集]

主要高規格道路[編集]

  • 州間高速道路5号線
  • カリフォルニア州道33号線
  • カリフォルニア州道59号線
  • カリフォルニア州道99号線
  • カリフォルニア州道140号線
  • カリフォルニア州道152号線
  • カリフォルニア州道165号線

公共交通[編集]

  • マーセド郡交通、通称「ザ・バス」がマーセド市内とマーセド郡内大半の都市間バス便を運行している。
  • カリフォルニア大学マーセド校が独自の交通システムであるキャットトラックスを運行しており、マーセド郡交通とも接続している。
  • ヨセミテ地域交通システム、略してYARTSはマーセドとヨセミテ国立公園との間を結んでいる。
  • グレイハウンドのバスとアムトラックの列車が長距離都市間交通を提供している。

空港[編集]

マーセド市民空港はマーセド市中心街の直ぐ南西にあり、数便の商業便も就航している。郡内の一般用途空港としては、キャッスル空港、ガスティン空港、ターロック市民空港およびロスバノス市民空港[3]がある。

人口動態[編集]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 210,554人
  • 世帯数: 63,815 世帯
  • 家族数: 49,775 家族
  • 人口密度: 42人/km2(109人/mi2
  • 住居数: 68,373軒
  • 住居密度: 14軒/km52(36/mi2

人種別人口構成

主たる言語による人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 34.5%
  • 18-24歳: 10.3%
  • 25-44歳: 27.9%
  • 45-64歳: 17.8%
  • 65歳以上: 9.5%
  • 年齢の中央値: 29歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 99.3
    • 18歳以上: 96.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 45.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 14.1%
  • 非家族世帯: 22.0%
  • 単身世帯: 17.7%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 7.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 3.25人
    • 家族: 3.69人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 35,532米ドル
    • 家族: 38,009米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,721米ドル
      • 女性: 23,911米ドル
  • 人口1人あたり収入: 14,257米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 21.7%
    • 対家族数: 16.9%
    • 18歳未満: 28.4%
    • 65歳以上: 10.7%

非営利組織であるラオ・ファミリー・コミュニティに拠れば、2008年時点で約8,000人のミャオ族出身者が郡内に住んでいる[4]

政治[編集]

大統領選挙の結果
共和党 民主党 その他
2008年 45.0% 28,704 53.3% 34,031 1.7% 1,073
2004年 56.5% 32,773 42.3% 24,491 1.2% 696
2000年 51.8% 26,102 45.1% 22,726 3.2% 1,590
1996年 44.4% 20,847 46.4% 21,786 9.2% 4,305
1992年 36.5% 17,981 40.9% 20,133 22.7% 11,170
1988年 51.2% 21,717 47.4% 20,105 1.4% 592
1984年 58.9% 24,997 40.1% 17,012 1.1% 468
1980年 48.8% 18,043 42.9% 15,886 8.3% 3,067
1976年 46.1% 14,842 51.7% 16,637 2.3% 729
1972年 54.3% 17,737 42.6% 13,914 3.5% 997
1968年 40.9% 11,595 51.0% 14,453 8.1% 2,301
1964年 31.2% 8,814 68.7% 19,431 0.1% 24
1960年 43.4% 11,990 56.2% 15,545 0.4% 111
1956年 46.0% 11,430 53.8% 13,366 0.2% 56
1952年 53.3% 13,512 45.9% 11,639 0.9% 219
1948年 42.6% 7,721 55.0% 9,959 2.5% 444
1944年 41.3% 6,518 58.3% 9,192 0.4% 69
1940年 36.4% 6,101 62.6% 10,501 1.1% 182
1936年 25.5% 3,230 72.7% 9,208 1.8% 230
1932年 27.2% 2,920 67.1% 7,202 5.7% 612
1928年 60.2% 4,644 38.5% 2,970 1.4% 104
1924年 52.9% 3,573 10.5% 710 36.5% 2,466
1920年 63.0% 3,457 28.0% 1,537 9.0% 494

マーセド郡はアメリカ合衆国大統領および連邦議会選挙で指標となる郡と考えられている。2008年の大統領選挙では民主党バラク・オバマが過半数を取り、2004年の大統領選挙では共和党ジョージ・W・ブッシュが制した。大統領選挙でマーセド郡を制した候補者がほぼ毎回大統領に当選している。

アメリカ合衆国下院議員の選挙ではカリフォルニア州18選挙区の一部であり、カリフォルニア州議会下院議員の選挙では第17選挙区、カリフォルニア州議会上院議員の選挙では第12選挙区に入っており、2010年時点でアメリカ合衆国下院議員と州下院議員を民主党議員が、州上院の議席を共和党議員が務めている。

カリフォルニア州務省に拠れば、2008年10月20日時点で郡内には登録有権者が97,179人いる。この中で44,704、46.0%が民主党に登録し、35,955人、37.0%が共和党に、3,090人、3.2%が他の政党に登録し、13,430人、13.8%は支持政党を表明していない。アットウォーターと郡内の未編入領域では共和党に登録するものが多数であり、その他の都市と町では民主党登録者が多数あるいは過半数を占めている。

見どころ[編集]

キャッスル空軍基地とアメリカ合衆国アットウォーター刑務所がアットウォーターに近い未編入領域にある。

脚注[編集]

  1. ^ State & County QuickFacts”. US Census Bureau. 2011年12月24日閲覧。
  2. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  3. ^ Los Banos Municipal Airport
  4. ^ Oppenheim, Jamie. "Hmong youth not preserving traditions, professor says." Monday March 29, 2010. Retrieved on September 20, 2010.

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度11分 西経120度43分 / 北緯37.19度 西経120.71度 / 37.19; -120.71