デスヴァレー (カリフォルニア州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペースシャトルから撮影したデスヴァレーとパナミント山脈

デスヴァレー:Death Valley)は、アメリカカリフォルニア州中部、モハーヴェ砂漠の北に位置する深く乾燥した盆地で、デスヴァレー国立公園の中核をなしている。また、世界最高の気温56.7°C(134.0°F)を記録したこともある。

概要[編集]

デスヴァレーの風景

全長は約225キロメートルで、カリフォルニア州とネヴァダ州境界に沿って伸びている。デスヴァレーはグレートベースン内でシエラネヴァダ山脈の南東に位置する。東側の境界はグレイプヴェイン山地、フューネラル山地、アマルゴーサ山脈、西側の境界はコットンウッド山地とパナミント山脈である。

ここではキノコのような形をした数々の奇岩、見渡す限りの砂漠などなどさまざまな景観を見ることができる。乾ききった塩湖にあるバッドウォーターは、海面下86メートルと西半球で2番目に海抜が低い場所である。他には「デビルズゴルフコース」と呼ばれる結晶の盛り上がったような、甲羅のような地形がある。流れ込む川はアマルゴーサ川があるが、水は砂に吸い込まれ、流れ出る川はない。

地名の由来[編集]

デスヴァレーと呼ばれるようになったのは、かつてデスヴァレーに迷い込んだ金鉱採掘団が何日もたって脱出に成功したとき、その中の1人が「さらば、死の谷よ!」といったことから、デスヴァレーと名づけられたといわれる。

気候[編集]

デスヴァレーは、世界で最も暑い場所の一つである。1913年7月10日には56.7℃という世界気象機関(WMO)が認定する「世界最高気温」が記録された(世界最高気温はデスヴァレーの他に1923年に記録したリビアの57.8℃の説[1]1921年7月8日に記録したイラクの58.8℃の説があったが、2012年9月にWMOがデスヴァレーのものが世界最高だったと発表している)。

それを記念して「バッドウォーター・ウルトラマラソン」が毎年夏に開かれる[2]

この暑さの為、観光シーズンではない。クリスマス前後が観光のピークになる。

平均年間降雨量は50mmしかない。しかし一度まとまった降雨があると、砂漠の土壌は、その雨を地中に染み込ませることができないため、flash floods と呼ばれる突発的な鉄砲水が起きる。この鉄砲水は、普段は枯れ川だった所でも、土石流となり遠距離を流下することがある。2004年8月には、この洪水により、2人が死亡した。

夏は非常に高温になるため、自動車の耐久性を調べるにはうってつけの場所である。よって開発中の新型車の耐久テストをする為に、世界中の自動車メーカーがここでテストを行う。また自動車メディアも開発中の車を追う為にここにやってくることが多く、デスバレーで写真を撮られた車も多い。

座標: 北緯36度30分00秒 西経117度00分00秒 / 北緯36.50000度 西経117.00000度 / 36.50000; -117.00000

  1. ^ リビアのアジジャで1922年9月13日
  2. ^ 世界最高気温56.7度到達から100年 米デスバレーCNN 2013.07.11 ]