アップステート・カリフォルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アップステート・カリフォルニア
Upstate California
Northstate
Region
標語: 全ての上に("Above it all")
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州
地域 北カリフォルニア
最高地 シャスタ山
 - 所在地 シスキュー郡
 - 標高 14,179ft (4,322m)
 - 座標 北緯41度24分33.11秒 西経122度11分41.60秒 / 北緯41.4091972度 西経122.1948889度 / 41.4091972; -122.1948889
最低地 太平洋
 - 所在地 北部海岸
 - 標高 0ft (0m)
長さ 200mi (322km)
200mi (322km)
面積 46,900 sq mi (121,470 km²)
人口 1,611,717 (2000)
人口密度 34 /sq mi (13 /km²)
等時間 太平洋標準時
 - 夏時間(DST) 太平洋夏時間
市内局番 530、707
アップステート・カリフォルニアにはポイントアリーナとタホ湖から北、20の郡が含まれる
アップステート・カリフォルニアにはポイントアリーナとタホ湖から北、20の郡が含まれる
ウェブサイト: upstatecalifornia.com
アップステート・カリフォルニア経済開発委員会[1]

アップステート・カリフォルニア: Upstate California)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のほとんどが田園部である20郡からなる地域である[1]。総面積は46,900 平方マイル (121,000 km2) あり、サンフランシスコ・ベイエリアと州都サクラメントの地域より北にある。

アップステート・カリフォルニアは地図の上でポイントアリーナとタホ湖から北、州境まで拡がる地域と認識される。緯度で見ると北カリフォルニアと呼ばれる地域の北半分に一致する。北部海岸サクラメント・バレーおよびシエラネバダ山脈のそれぞれ北側部分を含み、カスケード山脈のカリフォルニア州内に入るシャスタ・カスケードは全て含んでいる。

アップステート・カリフォルニアの中で大きな都市はローズビルレディングチコユバシティおよびユーレカである。

歴史[編集]

アップステート・カリフォルニアは北カリフォルニアの主要な都市化された地域より北にある田園部が大半の地域名である。北カリフォルニアという言葉ではサンフランシスコ・ベイエリアと州都サクラメントの地域が含まれる。サクラメントより北の地域は、州内中央に近く位置し主要都市圏が集中する地域と区別するために、伝統的にノースステートという名称を使ってきた。しかし、ノースステートという言葉は州内他地域ではほとんどあるいは全く認識されていない名称である。海岸部のマリン郡ソノマ郡メンドシーノ郡ハンボルト郡およびデルノルト郡は北部海岸あるいはレッドウッドコーストと呼ばれており、これにはサンフランシスコ・ベイエリアにある郡の北部を含むことで、対象がぼやけてしまう。2001年、北側20郡とその経済開発推進組織が、その地域名に「北」を含めない新しい名称、すなわちアップステート・カリフォルニアを決めた。この名称はアップステート・ニューヨークが認識されていることにあやかる意図もある[2]

アップステート・カリフォルニアは、州からの分離を求めたことなど、そのアイデンティティを主張しようとしてきた歴史がある。1941年にカリフォルニア州北部の郡とオレゴン州南部の郡を併せてジェファーソン州を創ろうとした動きは、この年12月7日の真珠湾攻撃でアメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦することになったために潰えた。1990年代初期、下院議員のスタン・ステーサムが北部の郡を分離して新しい州を創ろうとしたが失敗した[3]。1941年の歴史が繰り返されるように、このアップステート・カリフォルニアの運動は2001年9月10日に始まっていた[4]。その翌日に起こったニューヨーク市とワシントンD.C.に向けられたアメリカ同時多発テロ事件により、この運動も影が失せた。

アップステート・カリフォルニアという名称の歴史は新しいが、その使用頻度は上がってきている。例えば州政府の機関であるカリフォルニア州労働力開発局[5]、およびカリフォルニア大学システムの10キャンパス[6]は、州内を区分するときにアップステート・カリフォルニアを用いている。しかし、アメリカ合衆国国勢調査局はサクラメント統計調査都市圏の中にエルドラド郡ネバダ郡プレイサー郡サッター郡およびユバ郡の5郡を含めている[7]

カリフォルニア州立大学チコ校にある経済開発センターが2009年に公表した「アップステート・カリフォルニアにおける再生可能な発電」と題する報告書では、この地域の発電量のうち43%が再生可能な資源から得られている。これは州が2020年までの到達目標を33%としていたのに対し、既にクリアしている。この報告書は、地域経済開発の方向付けとして、さらに再生可能なエネルギーを開発するためには良い条件にあることも示唆している。現在利用されている水力バイオマスおよび地熱に加えて、将来は太陽熱発電の可能性も評価している。風力発電の実現性は薄い[8][9][10]

地理[編集]

アップステート・カリフォルニアは、海岸部メンドシーノ郡のポイントアリーナからシエラネバダ山脈のタホ湖に引いた線より北、オレゴン州との州境までの全ての地域である。南の境界はメンドシーノ郡とエルドラド郡の南側郡境に一致している。緯度で見ると、北カリフォルニアの北半分、カリフォルニア州全体の北3分の1にほぼ相当してもいる。

アップステート・カリフォルニアで最も人口の多い地域はサクラメント・バレーである。サクラメント・バレーは西をノースコースト山脈、北をシャスタ・カスケード、東をシエラネバダ山脈に囲まれている。モドック郡ラッセン郡およびシエラ郡のシエラネバダ山脈より東の地域は、グレートベースンの高地砂漠地域に入り、ここにある水流は大洋まで達していない。タホ湖の水もグレートベースンに流れ出ている。

アップステート・カリフォルニアのランドマークとしては、海岸部のセコイア森林、タホ湖、およびシャスタ・カスケードにある火山、シャスタ山ラッセン山がある。ラッセン山が最後に噴火したのは1918年である。

小区域[編集]

次の地域等はその全体がアップステート・カリフォルニアの中にある。

次の地域等はその一部がアップステート・カリフォルニアに含まれている

アップステート・カリフォルニアは次の電話地域コードがあり、それぞれが南にある他の地域までを含んでいる

次の地域等はアップステート・カリフォルニアと交差する大きな地域である

[編集]

ハンボルト湾とユーレカ市、ハンボルト郡

アップステート・カリフォルニアは次の20郡で構成される[1]

都市と町[編集]

レディングのサンダイアル橋
チコのビッドウェル公園

下記の都市や町は地域の中心あるいは郡庁所在地である。括弧内は2010年国勢調査での人口である[11]

教育[編集]

カリフォルニア州立大学チコ校
ハンボルト州立大学

カリフォルニア州立大学システムの中でアップステート・カリフォルニアにはチコ校とハンボルト校がある。

地域内にはカリフォルニア大学のキャンパスは無い。最も近いものはデイビスにある。

次のコミュニティ・カレッジが地域内にある。

  • ビュート・カレッジ、ビュート郡オーロビル
    • グレン郡も対象内
  • フェザー川カレッジ、プラマス郡クィンシー
  • レイクタホ・コミュニティ・カレッジ、エルドラド郡サウスレイクタホ
  • ラッセン・カレッジ、ラッセン郡スーザンビル
  • メンドシーノ・カレッジ、メンドシーノ郡ユカイア
    • レイク郡も対象内
  • レッドウッズ・カレッジ、ハンボルト郡ユーレカ
    • サテライトキャンパスがデルノルト郡クレセントシティとメンドシーノ郡フォートブラッグにある
  • シャスタ・カレッジ、シャスタ郡レディング
  • シエラ・カレッジ、プレイサー郡ロックリン
  • シスキュー・カレッジ、シスキュー郡ウィード
  • ユバ・カレッジ、ユバ郡メアリーズビル

コルサ郡、モドック郡、ネバダ郡、シエラ郡、サッター郡、テハマ郡にはコミュニティ・カレッジが無い。

交通[編集]

アップステート・カリフォルニア内には道路、鉄道、空路および水路による交通手段がある。

主要高規格道路[編集]

州間高速道路80号線、シエラネバダ山脈
州間高速道路5号線、シャスタ山近く
カリフォルニア州道70号線、フェザー川峡谷

この地域の主要高規格道路は山脈を回って南北に走っている。州間高速道路5号線が地域の中心を通る幹線道路である。アメリカ国道101号線が海岸部を通る幹線道路である。アメリカ国道395号線はシエラネバダ山脈東側の道路である。州間高速道路80号線はプレイサー郡、ネバダ郡およびシエラ郡を抜けている。州道と郡道のネットワークが地域の結び希に山岳部を抜けている。

  • California 1.svg カリフォルニア州道1号線: 北部海岸
  • California 3.svg カリフォルニア州道3号線: シャスタ・カスケード
  • I-5 (CA).svg 州間高速道路5号線: セントラルバレー、レディング、シャスタ・カスケード、シャスタ山
  • California 20.svg カリフォルニア州道20号線: 北部海岸、クリア湖、セントラルバレー、ユバシティ、シエラネバダ山脈
  • California 28.svg カリフォルニア州道28号線: タホ湖
  • California 29.svg カリフォルニア州道29号線: 北部海岸、クリア湖
  • California 32.svg カリフォルニア州道32号線: セントラルバレー、チコ、シエラネバダ山脈
  • California 36.svg カリフォルニア州道36号線: 北部海岸、セントラルバレー、シエラネバダ山脈、アルマナー湖、ラッセンパーク
  • California 44.svg カリフォルニア州道44号線: セントラルバレー、レディング、シャスタ・カスケード、ラッセンパーク
  • California 45.svg カリフォルニア州道45号線: セントラルバレー
  • California 49.svg カリフォルニア州道49号線: シエラネバダ山脈
  • US 50 (CA).svg アメリカ国道50号線: シエラネバダ山脈、タホ湖
  • California 53.svg カリフォルニア州道53号線: クリア湖
  • California 65.svg カリフォルニア州道65号線: ローズビル、セントラルバレー
  • California 70.svg カリフォルニア州道70号線: セントラルバレー、シエラネバダ山脈
  • I-80 (CA).svg 州間高速道路80号線: ローズビル、シエラネバダ山脈
  • California 89.svg カリフォルニア州道89号線: シエラネバダ山脈、タホ湖、アルマナー湖、ラッセンパーク、シャスタ・カスケード、シャスタ山
  • California 96.svg カリフォルニア州道96号線: シャスタ・カスケード
  • US 97 (CA).svg アメリカ国道97号線: シャスタ・カスケード、シャスタ山
  • California 99.svg カリフォルニア州道99号線: セントラルバレー、ユバシティ、チコ
  • US 101 (CA).svg アメリカ国道101号線: 北部海岸、レッドウッドパークス、ユーレカ
  • California 128.svg カリフォルニア州道128号線: 北部海岸
  • California 139.svg カリフォルニア州道139号線: グレートベースン
  • California 147.svg カリフォルニア州道147号線: アルマナー湖
  • California 153.svg カリフォルニア州道153号線: 金鉱発見地
  • California 161.svg カリフォルニア州道161号線: シャスタ・カスケード
  • California 162.svg カリフォルニア州道162号線: セントラルバレー
  • California 169.svg カリフォルニア州道169号線: 北部海岸
  • California 172.svg カリフォルニア州道172号線: シエラネバダ山脈
  • California 174.svg カリフォルニア州道174号線: シエラネバダ山脈
  • California 175.svg カリフォルニア州道175号線: 北部海岸、クリア湖
  • California 193.svg カリフォルニア州道193号線: シエラネバダ山脈
  • California 197.svg カリフォルニア州道197号線: 北部海岸、レッドウッドパークス
  • US 199 (CA).svg アメリカ国道199号線: 北部海岸、レッドウッドパークス
  • California 211.svg カリフォルニア州道211号線: 北部海岸
  • California 253.svg カリフォルニア州道253号線: 北部海岸
  • California 255.svg カリフォルニア州道255号線: ユーレカ
  • California 263.svg カリフォルニア州道263号線: シャスタ・カスケード
  • California 267.svg カリフォルニア州道267号線: シエラネバダ山脈、タホ湖
  • California 271.svg カリフォルニア州道271号線: レッドウッドパークス
  • California 273.svg カリフォルニア州道273号線: レディング
  • California 281.svg カリフォルニア州道281号線: クリア湖
  • California 284.svg カリフォルニア州道284号線: シエラネバダ山脈
  • California 299.svg カリフォルニア州道299号線: 北部海岸、ユーレカ、セントラルバレー、レディング、シャスタ・カスケード、グレートベースン
  • US 395 (CA).svg アメリカ国道395号線: グレートベースン
Historic US 40 (CA).svg

アップステート・カリフォルニアには昔のアメリカ国道2本の標識が残っている。アメリカ国道40号線は州間高速道路80号線に置き換わったが、多くの都市や田舎道ではそれに並行して走っている。フェザー川峡谷を抜ける元のアメリカ国道40号線はカリフォルニア州道70号線になった。

同様にアメリカ国道99号線は州間高速道路5号線に置き換わった。幹線道路として使われていた事業道路や側道のあちこちに歴史的ルートという表示がある。セントラルバレーでは2つのルートに分かれ、西ルートは州間高速道路5号線に、東ルートは州道99号線になる。

鉄道[編集]

この地域内の旅客列車はアムトラックの長距離線に限られている。コースト・スターライトが夜遅くにチコ、レディングおよびダンスミュア(シャスタ山近く)で停車する。カリフォルニア・ゼファーは日中にトラッキー、コルファックス、およびローズビルで停車する。アムトラックがキャピトル・コリドーサン・ホアキンへの接続バスを運行している。グレイハウンドは主要幹線を通るバス便を運行している。

貨物列車は私鉄が運行している。ユニオン・パシフィック鉄道BNSF鉄道がこの地域を通る幹線を運行している。プレイサー郡ローズビルにあるユニオン・パシフィック鉄道のJ・R・デイビス操車場は西部州の中でも最大の鉄道施設である[12]。地域内の他の小規模鉄道として、アルマナー鉄道(廃線)、カリフォルニア・ノーザン鉄道、セントラル・オレゴン・パシフィック鉄道、レイク郡鉄道、モドック・ノーザン鉄道、クィンシー鉄道およびワイリーカ・ウェスタン鉄道がある。

ビール空軍基地で RQ-4 グローバルホークの整備をする整備員

空路[編集]

地域航空サービスは、アーケータ・ユーレカ空港、チコ空港、クレセントシティ空港およびレディング空港を利用できる。オレゴン州クラマスフォールズにある空港も利用できる。

最も近い商業便空港はサクラメント国際空港、ネバダ州のリノ・タホ国際空港、およびオレゴン州メドフォード空港である。

ユバ郡メアリーズビル近くにビール空軍基地、ラッセン郡ハーロング近くにシエラ陸軍補給所がある。アメリカ沿岸警備隊ハンボルト湾航空基地はハンボルト郡のマッキンリービルに近いアーケータ・ユーレカ空港を共有している。

一般用途空港は20郡のそれぞれにある。

水路[編集]

アップステート・カリフォルニア海岸部で唯一水深がある港は、州内でも2番目に大きな自然の水深があるハンボルト湾であり、地域最大の都市ユーレカがその東岸にある。この港はハンボルト港湾レクリエーション保存地区が管理しており、同地区はロストコーストにあるシェルターコーブの施設も管理している。その他の港とマリーナとしては、クレセントシティにあるクレセントシティ港、フォートブラッグにあるノヨ港、トリニダードにあるトリニダード港がある。レクリエーション用マリーナは内陸の湖や川にもあり、タホ湖、シャスタ湖、オーロビル湖、トリニティ湖、クリア湖、アルマナー湖、ウィスキータウン湖など多数ある。

公園と保護地域[編集]

下記リストはアップステート・カリフォルニア内にある自然保護地域である。

  • 国立公園
  • 州立公園
    • アージュマウィ・ラバ・スプリングス州立公園
    • バートンクリーク州立公園
    • キャッスルクラグス州立公園
    • クリア湖州立公園
    • デルノルト海岸レッドウッズ州立公園
    • ダイミック・メモリアル・グローブ州立公園
    • D・L・ブリス州立公園
    • ドナー・メモリアル州立公園
    • エメラルドベイ州立公園
    • グリズリークリーク・レッドウッズ州立公園
    • ヘンディウッズ州立公園
    • ハンボルト・ラグーンズ州立公園
    • ハンボルト・レッドウッズ州立公園
    • ジェデディア・スミス・レッドウッズ州立公園
    • キングスビーチ州立公園
    • マッケリチャー州立公園
    • マンチェスタービーチ州立公園
    • マッカーサー・バニーフォールズ・メモリアル州立公園
    • メンドシーノ・ヘッドランズ州立公園
    • ナバロ川レッドウッズ州立公園
    • パトリックスポイント州立公園
    • プラマス・ユーレカ州立公園
    • プレイリークリーク・レッドウッズ州立公園
    • リチャードソングローブ州立公園
    • ルシアンガルチ州立公園
    • シンキョーン原生地州立公園
    • シュガーパインポイント州立公園
    • ヴァンダム州立公園
  • 州立歴史史跡
    • アンダーソン・マーシュ州立歴史公園
    • ビッドウェル・マンション州立歴史公園
    • エンパイア・マイン州立歴史公園
    • フォートハンボルト州立歴史公園
    • マラコフ・ディギンス州立歴史公園
    • マーシャル金発見州立歴史公園
    • シャスタ州立歴史公園
    • ウィーバービル・ジョス・ハウス州立歴史記念碑
  • 国立の森
    • ビュート・バレー国立草原
    • エルドラド国立の森
    • クラマス国立の森
    • ラッセン国立の森
    • メンドシーノ国立の森
    • モドック国立の森
    • プラマス国立の森
    • シャスタ・トリニティ国立の森
    • シックスリバーズ国立の森
  • 国立レクリエーション地域
    • スミス川国立レクリエーション地域
    • ウィスキータウン・シャスタ・トリニティ国立レクリエーション地域
  • 州立レクリエーション地域
    • アドミラル・スタンドレー州立レクリエーション地域
    • ベンボウ湖州立レクリエーション地域
    • コルサ・サクラメント川州立レクリエーション地域
    • フォルサム湖州立レクリエーション地域
    • ヘンリー・A・マーロ州立レクリエーション地域
    • オーロビル湖州立レクリエーション地域
    • スタンディッシュ・ヒッキー州立レクリエーション地域
    • タホ州立レクリエーション地域
    • ウッドソン橋州立レクリエーション地域
  • 国立野生生物保護区
    • キャッスルロック国立野生生物保護区
    • クリア湖国立野生生物保護区
    • コルサ国立野生生物保護区
    • デレバン国立野生生物保護区
    • ハンボルト湾国立野生生物保護区複合施設
    • ローワークラマス国立野生生物保護区
    • モドック国立野生生物保護区
    • サクラメント国立野生生物保護区
    • サッター国立野生生物保護区
    • トゥール湖国立野生生物保護区
  • 原生地域
    • バックス湖原生地域
    • カリブー原生地域
    • キャッスルクラグス原生地域
    • チャンチェルラ原生地域
    • デソレーション原生地域
    • グラナイトチーフ原生地域
    • アイシ原生地域
    • ラッセン火山原生地域
    • ラバベッズ原生地域
    • マーブルマウンテン原生地域
    • シャスタ山原生地域
    • ノースフォーク原生地域
    • ルシアン原生地域
    • シスキュー原生地域
    • スノウマウンテン原生地域
    • サウスワーナー原生地域
    • サウザンドレイクス原生地域
    • トリニティアルプス原生地域
    • ヨラボリ・ミドルイール原生地域

経済開発[編集]

以下のリストはアップステート・カリフォルニア経済開発委員会など、連邦政府、州および地方政府あるいは経済開発団体による経済開発推進の動きを示す。

次のリストは、アップステート・カリフォルニアに関する地方政府あるいは経済開発団体の活動のニュースと論説である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Upstate California”. Upstate California Economic Development Council. 2008年9月8日閲覧。
  2. ^ “It's the New Upstate, Way Out There”. New York Times. (2001年10月20日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C03E5DE113EF933A15753C1A9679C8B63 2008年9月8日閲覧。 
  3. ^ Upstate, downstate: The “Upstate California” campaign is déjà vu all over again for Stan Statham"”. Sacramento News & Review (2002年1月3日). 2008年9月8日閲覧。
  4. ^ Levy, Dan (2001年9月7日). “Region reinvented: The state's northernmost counties take on a new image to boost business”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=/chronicle/archive/2001/09/07/BU228754.DTL&type=business 2008年9月8日閲覧。 
  5. ^ California Business Investment Services”. California Labor & Workforce Development Agency, State of California. 2008年9月8日閲覧。
  6. ^ Regional Teams Established to Support A-G Course Development”. University of California (2002年2月). 2008年9月18日閲覧。
  7. ^ Location Assistance”. Team California. 2008年12月13日閲覧。
  8. ^ Gallo, David; Warren Jensen, Danny Dimeo, and James O’Grady (2009年6月25日). “Renewable Electricity Production in Upstate California (PDF)”. Center for Economic Development, California State University, Chico. 2009年6月26日閲覧。
  9. ^ Green, Michael S. (2009年6月26日). “Study: Renewable energy could be boon to north state”. Colusa Sun-Herald (Freedom Communications). http://www.colusa-sun-herald.com/news/north-3121-state-benefit.html 2009年6月26日閲覧。 
  10. ^ “Is any power green enough for California?”. Redding.com (Redding Record-Searchlight). (2009年7月9日). http://www.redding.com/news/2009/jul/12/is-any-power-green-enough-for-california/ 2009年9月6日閲覧。 
  11. ^ American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧
  12. ^ J. R. Davis Yard”. Union Pacific Railroad. 2008年12月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]