リノ・タホ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リノ・タホ国際空港
Reno-Tahoe International Airport
RNO - FAA airport diagram.gif
連邦航空局・空港図
IATA: RNOICAO: KRNOFAA LID: RNO
概要
空港種別 公共
所有/運営者 リノ・タホ空港公団
供給都市 ネバダ州リノ
標高 4,415 ft / 1,346 m
座標 北緯39度29分57秒 西経119度46分05秒 / 北緯39.49917度 西経119.76806度 / 39.49917; -119.76806座標: 北緯39度29分57秒 西経119度46分05秒 / 北緯39.49917度 西経119.76806度 / 39.49917; -119.76806
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
07/25 6,102 1,860×46 舗装
16R/34L 11,002 3,353×46 舗装
16L/34R 9,000 2,743×46 舗装
統計 (2007年)
発着数 145,515
Based aircraft 182
出典:連邦航空局[1]と空港公式サイト[2]より

リノ・タホ国際空港(リノ・タホこくさいくうこう、: Reno/Tahoe International AirportIATA空港コード:RNO/ICAO空港コード:KRNO)はアメリカ合衆国ネバダ州リノ市にある国際空港である。利用者はリノ市大都市圏、西部ネバダ州、東部カリフォルニア州などを中心としている。ここはバケーションとタホ湖 (Lake Tahoe) のスキーリゾート目的地に一番近い空港である。この空港は元々はリノ・キャノン国際空港 (Reno-Cannon International Airport) と呼ばれ、ネバダ州選出の元アメリカ合衆国上院議員「ハワード・キャノン」の名前がその時付けられていた。このターミナルビル自身に現在もキャノンの名前が使用されている。

リノ・タホ国際空港はラスベガス市マッカラン国際空港に続きネバダ州の中で2番目に活発な空港である。

就航路線[編集]

航空会社 就航地
アメリカン航空 シカゴ(オヘア)ダラス(フォートワース)
アメリカン・イーグル航空 ロサンゼルス
デルタ航空 アトランタ [季節運航]、ミネアポリス [季節運航]、ソルトレイクシティ
デルタ・コネクション
運航はSkyWest Airlines
ソルトレイクシティ
ホライゾン航空 ロサンゼルス、Mammoth [季節運航]、シアトル(タコマ)
サウスウエスト航空 ボイシシカゴ(ミッドウェー)デンバーラスベガスロサンゼルスオークランドフェニックスポートランドソルトレイクシティサンディエゴサンノゼシアトル(タコマ)
ユナイテッド航空 デンバーサンフランシスコ
ユナイテッド・エキスプレス
運航はSkyWest Airlines
デンバーロサンゼルス [季節運航]、サンフランシスコ
USエアウェイズ フェニックス
USエアウェイズ・エキスプレス
運航はメサ航空
フェニックス

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]