サン・ホアキン (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・ホアキン
Fresno station 2417 19.JPG
フレズノ駅に停車中のサン・ホアキン
概要
現況 運行中
地域 カリフォルニア州
運行開始 1974年5月5日
現運営者 アムトラック
平均乗客数 3,342人/日 (2013会計年度)[1]
路線
起点 ベーカーズフィールド
終点 オークランドサクラメント
営業距離 507 km / 454 km
平均所要時間 6時間8分 / 5時間15分
運行間隔 12 本/日
列車番号 711 - 718 / 701 - 704
(北行き:奇数、南行き:偶数)
車内サービス
クラス コーチのみ
食事 カフェ
娯楽 公衆無線LAN
その他 自転車ラック
技術
軌間 1,435mm
線路所有者 BNSF : ベーカーズフィールド - マーティネズ
UP : マーティネズ - オークランド
UP : ストックトン - サクラメント

サン・ホアキン (: San Joaquin発音: [ˌsæn hwɑːˈkiːn]) は、アメリカ合衆国アムトラックが運行する、ベーカーズフィールド - ストックトン - オークランド (ジャック・ロンドン・スクエア)、あるいはベーカーズフィールド - ストックトン - サクラメントを結ぶ列車である。カリフォルニア州交通局 (Caltrans) 所有の"Amtrak California"と大きく書かれた車両で運転されている。列車の名前は運転区間の大部分がサンホアキン・バレーに含まれることによる。

サン・ホアキンズ (英語: San Joaquins) と書かれることもあるが、2012年現在、アムトラックはその名称は使っていない。

列車編成[編集]

基本的な列車編成はオークランド/サクラメント側から

あるいは

  • 機関車、コーチ、コーチ、カフェカー、荷物・キャブカー(合造車)

である。繁忙期には5両または6両の客車で編成される場合もある。

従来はすべて2階建て客車で運行されていたが、利用客の増加に対する応急的な処置として、2013年から一部の列車で元ニュージャージー・トランジットの平屋の客車が使われている。2015年には新型2階建て客車が導入される予定である。

車両の詳細は「アムトラック・カリフォルニア#車両」を参照。

カリフォルニア高速鉄道[編集]

計画中のカリフォルニア高速鉄道はサンホアキン・バレーの多くの部分でサン・ホアキンと同じ場所を走る。そこで第一期工事区間として選ばれたフレズノ - ベーカーズフィールド間の新線を2017年の完成後はサン・ホアキンに使用させることが検討されている。貨物列車と共用の線路上では79mph(126km/h)の速度制限があるのに対して新線では最高速度125mph(200km/h)での運転が可能になり、その場合同区間の所要時間が45分から1時間程度短縮されると見積もられている。

連絡バス[編集]

べ―カーズフィールドから南にはユニオン・パシフィック鉄道の線路が伸びていてテハチャピ峠を経由してパームデールに通じているが、その区間は単線部分が多い上にBNSF鉄道の列車も通るため線路容量の限界に達しており、ユニオン・パシフィック鉄道は旅客列車の通過を許可していない。そのためベーカーズフィールドからロサンゼルスサンディエゴへの旅客輸送は連絡バス (Amtrak Thruway Motorcoach) によっている。ただし、連絡バスはロサンゼルス方面へほぼ真っ直ぐ向かう州間高速道路5号線を通るため、テハチャピ峠経由より道のりはかなり短い。

脚注[編集]

外部リンク[編集]