ミャオ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミャオ語
Hmoob
話される国 中国湖南省四川省貴州省雲南省など)、ベトナムラオスタイ
母語話者数 2,400,000人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 hmn
ISO 639-3 hmnマクロランゲージ
個別コード:
hmc — 中部恵水フモン語
hmm — 中部麻山フモン語 
cqd — 川黔滇苗語
hme — 東部恵水フモン語
hmq — 東部黔東苗語 
muq — 東部湘西苗語
hmj — 革家語
mww — 白苗語
hnj — 綠苗語
hmz — 漢苗語
hrm — 角苗語
hmd — 大花苗語
hml — 羅泊河フモン語
huj — 北部貴陽フモン語
hmi — 北部恵水フモン語
hmp — 北部麻山フモン語
hea — 北部黔東苗語
sfm — 小花苗語 
hmy — 南部貴陽フモン語
hma — 南部麻山フモン語
hms — 南部黔東苗語 
hmg — 南西部貴陽フモン語 
hmh — 南西部恵水フモン語 
hmw — 西部麻山フモン語 
mmr — 西部湘西苗語 
テンプレートを表示

ミャオ語苗語)(-ご)はミャオ族の言語の総称であり、ミャオ・ヤオ語族ミャオ語派に属する。大きく以下の三つの主要方言に分かれる:

  1. 西方言
  2. 東方言
  3. 方言

その中で川黔滇方言は最も複雑で、Ethnologueの記録では19種の異なった方言に分かれる。

方言分類[編集]

以下がミャオ語の三つの主要方言である:

  1. 湘西方言(Ghaob XongbXiangxi)または「東部方言」あるいは「赤ミャオ」;
    1. 西部土語 [mmr]
    2. 東部土語 [muq]
  2. 黔東方言(HmubQiandong)または「中部方言」あるいは「黒ミャオ」;
    1. 北部土語 [hea]
    2. 南部土語 [hms]
    3. 東部土語 [hmq]
  3. 川黔滇方言(HmongbHmaobChuanqiandian)または「西部方言」
    1. 滇東北次方言 (Hmong, Northeastern Dian) [hmd]別名「威寧ミャオ」;
    2. 羅泊河次方言 (Hmong, Luopohe) [hml]
    3. 重安江次方言 (Hmong, Chong'anjiang) [hmj]
    4. 川黔滇次方言
      1. 第一土語 (Hmong Njua) [blu]
      2. 第二土語 (Hmong Daw) [mww]
    5. 貴陽次方言
      1. 北部土語 (Hmong, Northern Guiyang) [huj]
      2. 西部土語 (Hmong, Southwestern Guiyang) [hmg]
      3. 南部土語 (Hmong, Southern Guiyang) [hmy]
    6. 恵水次方言
      1. 北部土語 (Hmong, Northern Huishui) [hmi]
      2. 西南土語 (Hmong, Southwestern Huishui) [hmh]
      3. 中部土語 (Hmong, Central Huishui) [hmc]
      4. 東部土語 (Hmong, Eastern Huishui) [hme]
    7. 麻山次方言
      1. 中部土語 (Hmong, Central Mashan) [hmm]
      2. 北部土語 (Hmong, Northern Mashan) [hmp]
      3. 西部土語 (Hmong, Western Mashan) [hmw]
      4. 南部土語 (Hmong, Southern Mashan) [hma]

この他、米国に十数万のミャオ族による話者がおり、主に川黔滇方言の混合した一種を話す。独自の字母およびローマ字化規則を持ち、中国で通用しているものと近似するが同じではない。

音韻[編集]

以下の音韻論はGolston and Yang 2001に基づく。

声母[編集]

ミャオ語には日本語には見られない有気音、前鼻音化子音、側面音を持つ。以下が子音の一覧である:

  両唇音 両唇側面開放音 唇歯音 歯音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 声門音
破裂音 [p  pʰ] [pˡ  pɬ]   [t  tʰ]
[d  dʰ]
[ʈ  ʈʰ] [c  cʰ] [k  kʰ] [q  qʰ] [ʔ]
前鼻音化破裂音 [mb  mbʰ] [mbˡ  mbɬ]   [nd  ndʰ] [ɳɖ  ɳɖʰ] [ɲɟ  ɲɟʰ] [ŋg  ŋgʰ] [ɴɢ  ɴɢʰ]  
破擦音       [ts  tsʰ] [ʈʂ  ʈʂʰ]        
前鼻音化破裂音       [ndz  ndzʰ] [ɳɖʐ  ɳɖʐʰ]        
鼻音 [m  m̥] [mˡ  m̥ɬ]   [n  n̥]   [ɲ  ɲ̥]    
摩擦音     [f  v] [s] [ʂ  ʐ] [ç  ʝ]     [h]
側面接近音       [ɬ  l]          

韻母[編集]

母音体系は以下の通りである:

単母音 口母音   鼻母音
前舌母音 中舌母音 後舌母音 前舌母音 後舌母音
狭母音 [i] [ɨ] [u]    
中母音 [e]   [ɔ] [ẽ] [ɔ̃]
広母音   [a]      
二重母音 狭母音 中母音
狭母音が前舌 [ai] [iə]
狭母音が中舌 [aɨ]  
狭母音が後舌 [au] [uə]

音節構造[編集]

ミャオ語の音節は非常に単純な構造をしている。声母は僅かな接辞を除き限定的で、音節核は単母音または二重母音からなり、韻尾は鼻母音に伴う弱い[ŋ]か、低下降調のきしみ声を伴う弱い[ʔ]以外認められない。

声調[編集]

ミャオ語の声調は方言ごとに異なった変化をしており、6-8の異なった声調を持つ。中国で通用している声調記号と米国でのそれには差異がある。以下は中国におけるそれである:

調序 調号 調値
湘西 黔東 川黔滇 滇東北 
1 b 35 33 43 53
2 x 31 55 31 35
3 d 44 35 55 55
4 l 33 22 21 11
5 t 53 44 44 33
6 s 42 13 24 31
7 k 44 53 33 11
8 f 33 31 13 31

文字[編集]

  • b p m f w
  • d t n l
  • g k ng h
  • j q x y
  • z c s r
  • zh ch sh
  • gh kh nh
  • bl pl ml
  • hm hn hl
  • nb np
  • nd nt
  • ngg nk
  • nj nq
  • nz nc
  • nzh nch
  • nbl npl
  • ngh nkh

文字と国際音声記号の対応[編集]

  • a/a/
  • ai/ai/
  • au/au/
  • c/c/
  • ch/cʰ/
  • d/d/
  • dh/dʰ/
  • e/e/
  • ee/ẽ/
  • f/f/
  • h/h/
  • hl/ɬ/
  • hm/m̥/
  • hn/n̥/
  • hnl or hml/m̥ɬ/
  • hny/ɲ̥/
  • i/i/
  • ia/iə/
  • k - /k/
  • kh/kʰ/
  • l/l/
  • m/m/
  • n/n/
  • nc/ɲɟ/
  • nch/ɲɟʰ/
  • nk/ŋg/
  • nkh/ŋgʰ/
  • nl or ml/mˡ/
  • np/mb/
  • nph/mbʰ/
  • npl/mbˡ/
  • nplh/mbɬ/
  • nq/ɴɢ/
  • nqh/ɴɢʰ/
  • nr/ɳɖ/
  • nrh/ɳɖʰ/
  • nt - /nd/
  • nth - /ndʰ/
  • nts - /ɳɖʐ/
  • ntsh - /ɳɖʐʰ/
  • ntx - /ndz/
  • ntxh/ndzʰ/
  • ny/ɲ/
  • o/ɔ/
  • oo/ɔ̃/
  • p/p/
  • ph/pʰ/
  • pl/pˡ/
  • plh/pɬ/
  • q/q/
  • qh/qʰ/
  • r - /ʈ/
  • rh - /ʈʰ/
  • s/ʂ/
  • t - /t/
  • th/tʰ/
  • ts/ʈʂ/
  • tsh/ʈʂʰ/
  • tx - /ts/
  • txh - /tsʰ/
  • u/u/
  • ua/uə/
  • v/v/
  • w - /ɨ/
  • x/s/
  • xy/ç/
  • y - /ʝ/
  • z - /ʐ/

声門閉鎖音は正書法上では表記されない。少数の母音から始まる単語ではアポストロフィーで示される。

中声は正書法では書かれない。その他の声調は音節末の文字で示される。

  • -b – 高平調
  • -s – 低平調
  • -j – 低降調
  • -v – 中昇調
  • -m – 低降調(きしみ声
  • -g – 中低調(息漏れ声
  • -d - 低昇調(語末の-mの変種)

参考文献[編集]

  1. ^ 李錦平,(2002年),『苗族語言與文化』,貴州民族出版社中国貴州省貴陽ISBN 7541210218
  2. ^ Gordon, Raymond G., Jr. (編), (2005年),Ethnologue: Languages of the World,第15版。国際SILアメリカ合衆国テキサス州ダラス。ウェブ版:http://www.ethnologue.com/
  3. Golston, Chris, and Phong Yang. 2001. "Hmong loanword phonology". In Proceedings of HILP 5, ed. C. Féry, A. D. Green, and R. van de Vijver, 40-57. Linguistics in Potsdam 12. Potsdam: University of Potsdam.

外部リンク[編集]