ジム・リグルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・リグルマン
Jim Riggleman
Nats manager Jim Riggleman.jpg
ワシントン・ナショナルズ監督時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州フォートディックス
生年月日 1952年11月9日(62歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手, 外野手
プロ入り 1974年 ドラフト4巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェームス・デビッド・リグルマンJames David Riggleman , 1952年11月9日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州フォートディックス出身の元MLB監督。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

フロストバーグ州立大学Frostburg State University)出身。1974年ドラフト4巡目でロサンゼルス・ドジャースに入団。1976年のシーズン中にセントルイス・カージナルスに移籍。しかし、メジャー昇格は果たせないまま1981年限りで現役を引退した。

現役引退後[編集]

1983年セントルイス・カージナルスのA級監督となり、指導者としてのキャリアをスタートさせた。その後、カージナルスのAA級、サンフランシスコ・ジャイアンツのAA級、サンディエゴ・パドレスのAAA級で監督経験を積んだ[1]

MLB監督時代[編集]

1992年のシーズン終盤に解任されたグレッグ・リドック前監督に代わってサンディエゴ・パドレスの監督に就任する。1994年までパドレスを指揮し、1995年からはシカゴ・カブスの監督に就任した。カブスでは5シーズン指揮を採り、1998年にはワイルドカードでのプレーオフ進出を果たし、ナ・リーグ最優秀監督賞の投票で3位に入った。翌1999年は地区最下位に終わり、監督の座から退いた。

2000年クリーブランド・インディアンスチャーリー・マニエル監督の下でベンチコーチ、2001年から2004年まではロサンゼルス・ドジャースジム・トレーシー監督の下でベンチコーチを務めた。

2008年シアトル・マリナーズのベンチコーチに就任し、4年ぶりに現場復帰を果たした。6月19日ジョン・マクラーレン監督が解任されてからは、代わりに監督を務めた。シーズン終了後、ワシントン・ナショナルズのベンチコーチに就任した。

2009年7月12日に成績不振でマニー・アクタ監督が解雇されると、監督に昇格した[2]。新たなベンチコーチにはマリナーズ時代の上司であるマクラーレンを招聘した。

2011年6月23日、突如辞任を表明。翌年の契約オプションに関する話し合いを球団側が拒んだことが原因だと語った[3]。その後、サンフランシスコ・ジャイアンツの特命スカウトに就任した[4]

2012年シンシナティ・レッズ傘下のAA級ペンサコーラの監督に就任し、10年ぶりにマイナーリーグで采配を振るった。

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
1992 SD NL 西 39歳 12 4 8 .333 3 / 6 9月23日
1993 40歳 162 61 101 .377 7 / 7  
1994 41歳 117 47 70 .525 4 / 4  
1995 CHC NL 中 42歳 144 73 71 .507 3 / 5  
1996 43歳 162 76 86 .469 4 / 5  
1997 44歳 162 68 94 .420 5 / 5  
1998 45歳 162 90 73 .552 2 / 5 NLDS敗退 0勝3敗
2008 SEA AL 西 55歳 90 36 54 .400 4 / 4 6月20日
2009 WSH NL 東 56歳 75 33 42 .440 5 / 5 7月16日
2010 57歳 162 69 93 .426 5 / 5  
2011 58歳 75 38 37 .507 3 / 5 開幕~6月23日
通算 12年     1486 662 824 .445     0勝3敗

脚注[編集]

外部リンク[編集]